2013年8月11日(日)【マレーシア】夜行列車明けグダグダ日曜

シートはお粗末だし、客車は駅での停車・発車のたびに豪快に震動するのでなかなか眠れなかった。
JB駅に着いたのは早朝6時頃。
130811-001.jpg

あれは日本の旧ブルートレイン用客車。
130811-003.jpg
ブルートレイン用車両がマレーシアに渡り「マラヤンタイガートレイン」として第二の人生を送ることになったニュースはちょっとした話題になったものだった。

ここで降りてバスででもシンガポールに帰った方がよっぽどスムーズなのだが、出国(手書き)印欲しさにそのままウッドランズまで乗った。
130811-007.jpg
お陰で無駄に一時間ほどかかった。

出国審査が済んでもすぐには列車は出発しない。

走行中にドアを開けたら罰金。

まあ、開いてるけどね・・・。

ここで降りてしまった乗客が大半で静かなものです。

走行再開。

コーズウェイをあっという間に通過。

かつてはイミグレでしかなかったウッドランズ・トレインチェックポイントがこの列車の現在の終点。
130811-026.jpg

お客が降りることをそもそも想定していない立地なので周囲には何もなく、MRT駅まで遠い。
130811-033.jpg

初めてLong Vehicle版路線バスに乗った。
130811-034.jpg

初、ウッドランズ駅。
130811-036.jpg

日本のかけらが。

不意に朝マック。シンガポールに来て初めて食べた気がする。
130811-040.jpg

MRTに乗り続けるには疲れすぎていて、ブオナビスタかどこかで地上に出て、バスに乗る。
130811-042.jpg

座って帰った。
130811-046.jpg
帰宅したらそのまま寝たらしい。

オーキッドホテル1Fの台湾屋台メシ屋がなくなっていた。
130811-047.jpg
のちに餃子王が入居した。

タンジョンパガー駅脇の広場では、コンサート?
130811-050.jpg
まさか葬儀じゃ・・・ないよなぁ。

100AMのやよい軒へ。こっちじゃ「プチ高級日本食レストラン」。なかなかの人気でいつも混んでます。
130811-060.jpg

130811-059.jpg

お茶はタダではない。
130811-058.jpg

Stesen Keretapi JB Sentral

シンガポールからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です