2013年8月31日(土)【マレーシア/KL】誰に頼まれたわけでもないのに独立記念日を祝いに向かう

出がけにまたタンジョンパガープラザ猫と遊ぶ。

130831-014.jpg

また来たチャンギ。
130831-020.jpg

エアアジアは1タミ。

「如意」でまた高くて微妙なものを食べる。
130831-022.jpg

デザートがついていたので辛うじて救われた。

出国。

130831-030.jpg

今日の翼が来た。
130831-045.jpg

搭乗。

安定の窓際。

爆睡でもしていたんだろうか?フライト中の写真がまったくない。LCCT到着。

130831-056.jpg

懐かしいLCCT。
130831-059.jpg

旅に出ると買い食いが捗る。

バスでKLセントラルへ。
130831-070.jpg

駅内の食堂でご挨拶がわりのアッサムラクサを食べた。

130831-074.jpg

さて、移動。

LRTの改札の中が何やら賑やかだ。
130831-079.jpg

可愛い子たちがムルデカ(独立)をお祝いしていた。
130831-085.jpg

国旗をもらったよ。

雲行きが怪しい。

130831-100.jpg

マスジッド・ジャメMasjid Jamek駅下車。

地上に出たら、酷いスコールで外に出られない。

130831-124.jpg

130831-112.jpg

しばらく雨宿りしたのち、傘を買い意を決して外へ。
130831-129.jpg

130831-131.jpg

Medan PasarにあるHotel A-Oneにチェックイン。

値段相応で古いけれどまあまあの安宿。
130831-132.jpg


夜は施錠されるが、屈強なガードマンがいて開けてくれる。またスタッフも親切で居心地が良かった。中に、お母さんが日本人だという女の子がいてとても人懐っこく話し掛けてくれた。

さっきアッサムラクサを食べた食堂でクエを買っていた。クエダダールとオンデオンデ。

雨が止んだので外に出る。

ここはチャイナタウンとマスジッド・ジャメの間にぽかんと空いたわりと静かな通り。
130831-140.jpg

古いショップハウスが多い。

クアラルンプール発祥の地。

シンガポールでもタクシーに乗っかっていたりするCIMBのタコさん。

国旗だらけだ。ムルデカおめでとうマレーシア。
130831-151.jpg

独立広場前へ。

130831-156.jpg

昨夜の前夜祭から午前中にかけて独立記念日のイベントはすべて終わってしまった独立広場は先ほどの豪雨で水浸しに。
130831-158.jpg

130831-161.jpg

美しい建物を眺めつつ、チャイナタウン方面へ。

あらかわいい。

130831-177.jpg

Pasar Seni脇を抜けていく。

いつものHang Lekir通り。
130831-186.jpg

関帝廟に・・・

向かいのスリマハマリアマン寺院。マレーシアやシンガポールでよく見られるハーモニアスな光景。
130831-193.jpg

パサール・スニPasar Seni駅からブキッビンタンを目指す。

いまいちどう行ったか覚えてないんだよなあ・・・多分マスジッドジャメ駅で乗り換えているんだろうけど・・・。
130831-224.jpg

LRTはハン・トゥアHang Tuah駅で下車。モノレールに乗り換える。

130831-239.jpg

夕暮れのブキッビンタンでKちゃんと合流し、インビ通りJl.Imbi方面へ。

ベルジャヤタイムズスクエアもすっかり老舗になっちゃって。

130831-250.jpg

なんだかすごい蝦麺屋さんを教えてもらった。

130831-259.jpg

130831-261.jpg

でかい。
130831-266.jpg

Kちゃんと別れ、ベルジャヤタイムズスクエアへ。シンガポールからシャオファンがバスで到着したというので会いに来た。
130831-267.jpg

10周年かあ。

移動。

シャオファンと二人でチャイナタウンまで来た。
130831-289.jpg

マスジッドジャメ、美しい!

そういえばあの国旗掲揚塔って世界一の高さじゃなかったかな。今も更新されてないかな。

うちのホテルの前はなんだかきれいなことになっていた。
130831-312.jpg

夜のチャイナタウンへ。

130831-322.jpg

「金連記」二人で福建麺(黒)を食べた。

130831-324.jpg

普段KLではあまり遅い時間に出歩かないのだがマレーシア人のシャオファンに甘えて街歩きした。
130831-328.jpg


ホテルまで送ってもらった。ありがとうシャオファン。

ホテルのロビーで買った飲み物。

フロントの女の子が人懐っこくて、お母さんが日本人だと言っていた。

◆AK1810 SIN-KUL
Hotel A-One

KUL

シンガポールからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です