2013年9月13日(金)【インドネシア/ブリトゥン島】夢にまで見たブリトゥン島

有給を取った!
130913-008.jpg

うちから一駅、ハーバーフロントのフェリーターミナルから、一路バタムを目指す。
130913-006.jpg

出国審査場へ。

乗船。
130913-012.jpg

出航。ケッペルタワーが見える。
130913-020.jpg

ベイエリアも遠くなる。
130913-033.jpg

爆睡して約1時間弱、バタム島のバタムセンターに到着。
130913-040.jpg

上陸。

バタムに来るのはこれで三度目ながら、トランジットで通過してしまうのは初めて。
130913-043.jpg

最近はメータータクシーも参入してきたが、まだまだ不慣れなインドネシア領内。日本語ペラペラのエンディさんに空港までの送迎をお願いした。

開店お祝い看板がいっぱいあった。

130913-051.jpg
前回はプチ島内観光もお願いした。マレーシアなどではこういうことはしないが、とにかく勝手のわからないインドネシアでは安全安心を買うことにしている。

ハン・ナディム Hang Nadim国際空港に到着。
130913-063.jpg

あまりにノスタルジックだったので動画を撮った。


詳細は忘れてしまったが、全員一斉にセキュリティーを通過した後のチェックインで、独特だなあと思った記憶が。

その前に手前の食堂で、今回の初インドネシアメシとしてナシゴレンを食べた。
130913-071.jpg

改めて荷物検査→チェックイン→空港税支払カウンターへと進む。
130913-075.jpg

まずはチェックイン。

ビザはさっきフェリーターミナルで貼られたもの。

そして空港税お支払いゲート。

バタム以外のインドネシアを知らない。未踏の地名に胸が躍る。
130913-080.jpg

シンガポールの衛星島のようになっとる。
130913-084.jpg

小さな地方空港と思いきやお店が結構ある。

搭乗を待つ。
130913-100.jpg

充電失礼致します。

NOKI・・・あれ?

大雨になった。

搭乗時刻。

あれ?こんなバンに乗ったんだっけ。

タラップを上がる。
130913-115.jpg
ライオンエアの子会社、ウィングスエア Wings Air。悪名高きインドネシアの航空会社、初搭乗。

離陸。
130913-149.jpg
目指すはブリトゥン島 Pulau Belitungという島。バンカ・ブリトゥンBangka Belitung州のこのエリアはスマトラ島とジャワ島のちょうど間にあり、美しい海に恵まれているが、外国人にはほとんど知られていないようだ。(だいたい、交通が不便過ぎ。)

まずは、経由地のバンカ島Pulau BangkaはパンカルピナンPangkal Pinangへ着陸。
錫の露天掘りの水溜まりが美しい。
130913-155.jpg
「パンカルピナン」という響きが美し過ぎる。

掘っ建て小屋のようなDepati Amir Airport。
130913-186.jpg
半分くらいの人が降り、また別の乗客が乗り込んできた。

Fokker50がいた。

そして再び離陸。

130913-199.jpg

夢にまで見たブリトゥン島へ遂にやってきた。
130913-211.jpg

この島もまた、錫掘りの池が美しい。
130913-216.jpg

Landing。
130913-224.jpg
空港は島の東部タンジュンパンダンTanjung Pandanにある。H.A.S. Hanandjoeddin AirportまたはBuluh Tumbang Airportという空港らしい。バタムから便があってよかった、でなければジャカルタ乗り換えの大迂回になってしまう。

この島に来た目的は2つ。友人のLちゃんに会うこと、そしてLちゃんに教えてもらったこの島が舞台となった映画「Laskar Pelangi」のロケ地を訪ねることだ。
130913-222.jpg

レンタカーはあらかじめネットで予約していた。この島には公共交通機関がない。
しかしなんとAT車を頼むのを忘れてMT車が来てしまった。お恥ずかしながらワタクシめ、MTが運転できない。
結局車を持ってきてくれた青年イスカンダル君を2日間ドライバーとして貸し切った。確か200,000Rp.くらいだったような・・・。
130913-231.jpg

スマトラ様式のモスク。

後で知ったのだが、ブリトゥン島は隕石でも有名なのだそうだ。

まずはAgodaで予約していたLux Melati Hotelにチェックイン。
130913-236.jpg
裏庭ビューの部屋。

WiFiもあるし部屋は結構広く、清潔だった。
130913-235.jpg

ドライブへ。
130913-246.jpg
私の大好きな映画「Laskar Pelangi」は現在でもなおインドネシアの歴代最高の興行成績を挙げた国民的大ヒット作品だ。この島を観光で訪れる人にはその映画のファンも多いだろう、というかほとんどファンばかりだろう。
なのでもちろん島の人々もその映画のロケ地は熟知している。

すれ違う車は少ない。交通手段は圧倒的にバイク。信号もまったく見かけない。自分で運転したかったな・・・。
130913-244.jpg
ガソリンは道端でペットボトルに入って売られている。

インドネシアの音楽も好きだ。カーオーディオから流れるイスカンダル君コレクションには私が知る曲も多く嬉しい。一緒に歌いながら島の北部へ。
130913-248.jpg

到着したのはここ、Pantai Tanjung Tinggi。今は映画にちなんで「Pantai Laskar Pelangi」とも呼ばれているようだ。
130913-249.jpg

主人公の子供たちが先生に連れられてこの海岸に遊びに来る。岩の上から海の向こうに夢中で思いを馳せる子供たちに、先生が「Laskar Pelangi! Ayo, kita pulang!(Rainbow troopers!帰りますよ~!)」と呼んだのがこの映画のタイトルコールだ。
130913-264.jpg

足を入れてみた。水はぬるく、砂は細かい。

ここから子供たちが駆け出てきた。
130913-273.jpg

少しそばの岩場の海岸。
130913-277.jpg

また別の海岸へ。
130913-296.jpg

ここからはアイランドホッピングの船が出るそうだ。
130913-301.jpg

タンジュンパンダンへ帰る。

街のシンボル、隕石のオブジェのロータリー。

130913-310.jpg

チャイニーズの経営だったこのお店。
130913-313.jpg

食べたのはMee Belitung。酸味があって、素朴で美味い。
130913-315.jpg

「オレンジジュース」とのことだったが、ミカン系というよりライム系に近い。
130913-317.jpg

暮れなずむタンジュンパンダン。
130913-321.jpg

ホテルへ戻る。

明日の約束をしてイスカンダル君をリリース。

Lちゃんと二人で近くの海岸まで歩いた。
130913-329.jpg


治安が悪い感じはまったくしない。ただし暗いので、交通事故には気をつけなきゃいけない。

しばし海を眺めた後、Lちゃんは迎えに来てくれたお父さんのバイクに乗って帰って行った。どうもありがとう!

130913-337.jpg

ホテルの近くにホーカーというかPasarというか、屋台街があったので行ってみた。
130913-339.jpg

どの店の人も興味津々で話し掛けてくれた。
130913-342

130913-343.jpg

サテ屋さん親子。
130913-346

130913-347

130913-344.jpg

このサテ屋さんではお客さんに誘われ同席。英語は通じなかった。日本人を見たのは初めてだと言われる。
130913-348
そこにいた人みんなと写真を撮った。

ホテルに帰る。スタッフさんたちもみんなフレンドリーだ。Friendly staffs!
130913-349

買ってきたピサンゴレンとサテを食べながらテレビを観て過ごす。
130913-353.jpg
ホテルの人も本当に親切だ。
初のブリトゥン旅行、たった半日でこの島がたまらなく好きになってしまった。

◆IW2276 BTH-PGK-TJQ

Lux Melati Hotel

Batam Centre

シンガポールからインドネシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です