2013年9月21日(土)【マレーシア/バトゥパハ】レンタカーでジョホール州北上

週末が来た。逃げるようにJBへ。
130921-018.jpg

Jambu Air(ワックスアップル)を買って歩き食い。
130921-024.jpg

130921-025.jpg

今日はSegget’s Cornerは素通り。
130921-027.jpg

去年の旅行のために取った国際免許が今月末で切れるのが気になっていた。Googleマップで検索すると、ギャラリア@コタラヤの向かいに「Mayflower Car Rental」というレンタカー会社があるようだった。
130921-032.jpg

飛び込んで、車を借りることにした。応対もフレンドリーで、とても親切なスタッフだった。
聞いたことないウォーターサーバーだな・・・。
130921-033.jpg

借りたのはプロドゥアPeroduaのMyvi。
130921-037.jpg


行くあてもないけれど、とりあえず南北ハイウェイを北上してみることにする。

ただひたすら、KLの表示を目当てに走る。
130921-041.jpg

高速の料金所に行く前に、その手前にあった管理事務所のようなところでTouch&Goのカードを買った。
130921-054.jpg

行けるところまで行ってみる。
130921-056.jpg

走りやすいったらありゃしない。楽しい、楽しすぎる。もっと早く走りに来るんだった。

130921-070.jpg

1時間半も走ったろうか。MachapというところでSA(Kawasan Rehat)があったので、寄る。
130921-082.jpg

この週末の相棒。
130921-087.jpg

フードコートでランチにした。
130921-090.jpg

130921-091.jpg

ハエがね・・・。
130921-093.jpg

さすがサービスエリア。シガーソケットチャージャーを発見、購入。

またしばらく走り・・・大好きな街バトゥパハの最寄り出口244番を後ろ髪を引かれながらやり過ごす。
130921-098.jpg

スガマッSegamatとヨンペンYong Pengもやり過ごす。

ところが、もう一度バトゥパハの表示が出てきてもうその誘惑に抗えなかった。

無事離脱。

130921-106.jpg

高速を降りたら、適当に西に向かって走った。もうこうなったら、これまで三度ほど訪ねたバトゥパハBatu Pahatにまた行くしかない。
130921-108.jpg
金子光晴の「マレー蘭印紀行 」の舞台、金子光晴がこよなく愛した街。

いくつかの田舎町を抜けた。
130921-113.jpg

赤い土埃の田舎道。

道端でランブータンを売る夫婦がいた。
130921-119.jpg

買った。

なんだか、お濠のようなせせらぎに囲まれた地区に迷い込んだ。

130921-129.jpg

130921-130.jpg

「スリメダン」・・・「マレー蘭印紀行」にもその名が登場する鉄山の裾野だ。
130921-132.jpg

「シンパン・キリ」という川の標識も見えた。この名もまた「マレー蘭印紀行」に登場する地名。
130921-133.jpg
でも今となってはここがどこだったかもうわからない。24号線(Jl.Yong Peng)から一度脇道に逸れた、その時。

130921-139.jpg

この先曲がるとバトゥパハ。
130921-143.jpg

トンカンペチャ、この地名も「マレー蘭印紀行」で見た。

130921-146.jpg
これまでバスでバトゥパハだけを訪ねていた時には通り得なかった場所にどんどん遭遇する。車で来て良かったと思った。

午後2時半過ぎ、迂回してきたわりには思いのほか早くバトゥパハに着いてしまった・・・他の街に向かうことも可能ながら、やはり大好きな街バトゥパハを久々に歩いてみたいと思ってしまった。

130921-163.jpg

馬来半島ジョホール州、バトパハ(Batu Pahat 峇株吧轄)へ。正午、シンガポールをバスで出発し、ジョホール・バルを経て、午後五時ちかく、灼けた丘陵を幾跳躍、水ちかい空の放たれたにぎやかさのなかに、あがってゆくしゃぼん玉のようなバトパハの街をのぞむ。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

バスターミナル近くのガーデンホテルに投宿。ここに泊まるのも三度目。
130921-165.jpg
ずいぶん老朽化してしまっていて少し寂しい思いがした。

でも窓から見る風景は、7年前に初めて訪れた時のままだ。
130921-166.jpg


さて、すぐに外出。

駐車場に猫がいた。

130921-186.jpg

人懐っこくてどこまでもついてこようとして参った。

まだ陽も高い。
バトゥパハ川を越え、海沿いに少しだけ5号線を北上してみることにした。
130921-190.jpg

130921-199.jpg

うわ、このモスク色は違うけど昔も写真撮ったかも・・・

Sungai Gelaniというカンポンの学校。

浄業寺という大きな寺院。

こうして1時間ほど走り、河口と海の街ムアMuarへ。
130921-216.jpg

ムア川沿いの税関。

あてもなく走るためうっかり川を渡ってしまったり。

中心部から郊外へと彷徨った。
郊外で見かけたこの屋台、立ち寄らないことを今でも後悔。
130921-227.jpg

「Kupang」をググると「クジャク貝(カラス貝のきれいなやつ)」のよう。

どうやら紛れ込んだのはParit Bungaというカンポン。

川を渡って引き返す。

友達にムアに行ったらSup Kambing(ラムスープ)がマストと言われていたので探したが見つからず。もしくは開いておらず。
130921-238.jpg

十分走ったので引き返すことにした。
130921-241.jpg
猿がゴミあさり。

牛さんもいる。
130921-246.jpg

屋台に立ち寄る。
130921-251.jpg

凄い色。
130921-250.jpg

130921-249.jpg

また1時間ほど走りバトゥパハに戻って来た。

ここに来るといつもそうするように、夕方は部屋から外を眺めていた。
130921-255.jpg
これまで一度も、あの森の向こうへ行ったことがないことを思い出した。
あの向こうは海なはず。

走る。
130921-256.jpg

鉱山を越える。銅か鉄か。
130921-257.jpg

不法投棄された産廃(魚介)をあさる犬たちという暴力的光景を通り過ぎる。
130921-262.jpg

華人墓地。
130921-269.jpg

そして、静かな入り江に辿り着いた。パンタイ・ミニャッ・ベク Pantai Minyak Beku。「凍った油の海岸」・・・この地名にはどんな由来があるんだろう。
130921-272.jpg

あまりに平和な風景に涙が出そうになった。

130921-302.jpg

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

石切りをする親子。
130921-310.jpg

満足して市街地に帰る。

130921-321.jpg

ホテル前のマレー系ホーカー。
130921-322.jpg

少し歩いて、中華ホーカー。

130921-324.jpg
こちらはめっちゃ賑わっている。

でも結局、裏通りの静かな屋台に来てしまった。
130921-332.jpg

陽気な兄さんの屋台で、さっきムアでありつけなかったSup Kambingをオーダーした。

130921-339
半分ほど食べたら熱いのを注ぎ足してくれた。

ぶらぶらしながら宿へ帰る。

130921-343.jpg

130921-346.jpg


ショップハウスの1階でお店の家族が食事をしている風景を見ると、決まってこの一節を思い出す。

すがすがしい水浴の肌に、糊のつよいシャツをきかえ、黄塗の支那下駄のゴム鼻緒を足指につっかけて、屈托もなく熱帯の夕ぐれの街をそぞろ歩くのはたのしい。すでに軒廊に円卓をもちだして、支那の商家の一家族が晩食をはじめている。主人も、小僧も一律に、一つの、皿の菜をつゝき、一つの湯の丼に箸をしずめる。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

ホテルでは珍しくマッサージに挑戦した。何種類かのサウナ、フリーフードにドリンクもついて確かRM80とかそんな。べらぼうに安かった。
サウナのロッカールームが日本の日帰り温泉の脱衣所みたいで、何を勘違いしたかうっかりそこで脱いでしまうところだった。ハッと気づいて、すんでのところで男性客とのご対面は避けられた。
130921-352.jpg
暗い部屋で華人のおばちゃんが背中に立つというなかなかなマッサージだった。

ロビー脇のレストランは改装されてこぎれいになっていた。
130921-354.jpg

もうシンガポールは忘れた。長い長い、充実した一日だった。
130921-356

Garden Hotel Batu Pahat

シンガポールからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です