2013年9月22日(日)【マレーシア/バトゥパハ】バトゥパハに癒される

バトゥパハに朝が来た。
130922-005.jpg

申し訳程度のアメニティは以前と変わらないけれど。

壊れたカランを直す気はもうないらしい。

ロビー脇のカフェでナシルマブッフェの朝食。
130922-007.jpg

130922-008.jpg

バトゥパハは時間が止まったような街だ・・・。
130922-010.jpg

戦前、鉱山と水運で栄えた当時の面影が残っている。
130922-013.jpg

バトパハの街には、まず密林から放たれたこころの明るさがあった。井桁にぬけた街すじの、袋小路も由緒もないこの新開の街は、赤甍と、漆喰の軒廊(カキ・ルマ)のある家々でつゞいている。森や海からの風は、自由自在にこの街を吹きぬけてゆき、ひりつく緑や、粗暴な精力が街をとりかこんで、うち負かされることなく森々と繁っている。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

かつて新開の街だったバトゥパハは止まった時の中で当時の姿をそのまま留めているように感じられて心が安らぐのを覚える。
130922-019.jpg

金子光晴がそうしたように、私もカキルマをそぞろ歩く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美味しそうだな、空腹なら絶対に入った。

もう使われていない屋台。

130922-049.jpg

モノトーン機能で。きっと往時と変わらない。

朝はまだ静まり返っているホーカーの中を通ってバトゥパハ川に出た。
130922-061.jpg

誰!?オタオタ落としたの!

先へ進めば、旧日本人クラブのあった建物が。

130922-108.jpg

向かいには、税関。

街のつきあたりに、満水のバトパハ河のうちひらけるのをながめたとき、私は、しおやまみずのいりまじった水のなかに、頭からずんぶりとつけられたような気がした。そのバトパハ河にそい、ムアにわたる渡船場のまえの日本人クラブの三階に私は、旅装をとき、しばらく逗留することになった。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

なおも歩く。

130922-121.jpg

130922-141.jpg

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝市Pasar pagi。
130922-163.jpg

飲み物を1杯。

サテ屋さん多し。

カメラ用に火力をあげてくれた。(というか、他のお客さんにそうしろと提案されていた。)
130922-172.jpg

サテ買った。

必ず食べるチェンドル屋、RM1。

130922-180.jpg

サテ、歩き食い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

130922-224.jpg

ホテル脇の交差点まで戻ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

街歩きを楽しみ、チェックアウト。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今更だけど、暖房がないことに気づく。

まずは給油。

130922-241.jpg

これまでバスの車窓から見ていたMasjid Jamek Sultan Ismailへ行ってみる。
130922-251.jpg
遠目で見るときれいだと思ったけれど近くに来るとちょっと古びていた。

お馴染み。

130922-261.jpg

一般道を東へ、アイルヒタムAir Hitamから高速に乗る。
130922-274.jpg

途中渋滞があったので事故かと思ったら、トレーラーが炎上していた。

130922-299.jpg
脇を通ると熱い。通行止めにしないのがマレーシアらしい。

まっすぐ帰るのが惜しくて、高速を東のパシルグダン方面へ逸れた。

130922-322.jpg

高速を降り、コタティンギ方面へ一旦は向かったものの、不意に引き返してしまった。

130922-331.jpg

JBへ帰還。ガソリンを満タンにし、車を返した。日曜日は休業日とのことで、鍵は事務所のポストに投函。
130922-341.jpg

Galeriaコタラヤに立ち寄った。
130922-344.jpg

こぎれいなフードコート。
130922-343.jpg

ナシアヤム。
130922-342.jpg

ロティボーイみたいなのを買った。

疲れたので帰国。タンジョンパガーの白靴下猫。
130922-351.jpg

チョンバルの空。
130922-357.jpg

シンガポールからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です