2013年12月1日(日)【ブルネイ/BSB】テングザル

今朝も今朝とて凛々しい王様。

ホテルの朝食はほどほどにつまむ。以前来た時は最上階のペントハウスが朝食会場だったが、今回はロビー脇のレストラン。
131201-013.jpg

近隣の豪邸。

昨日に引き続き、タム(Tamu 市場)へ。
131201-016.jpg

入り口に鶏屋さん。
131201-031.jpg

まさかのコラボ。おいおい・・・。
131201-035.jpg

凛々しい。
131201-042.jpg

131201-040.jpg

131201-057.jpg

131201-060.jpg

親子。
131201-067.jpg

131201-081.jpg

131201-088.jpg

午後に訪れた昨日より賑わっている。
131201-091.jpg

朝食後だけれど、何か食べたい。
131201-102.jpg

チェンドルも美味しそうだ。
131201-103.jpg

結局ロジャックにした。
131201-106.jpg

何人も声を掛けてくるボートチャーターの客引きの一人に応じて乗り込んだ。
131201-108.jpg

1時間20ドルだったか25ドルだったか。

131201-116.jpg

犬たちが・・・。
131201-121.jpg

カンポンアイル越しに見るオールドモスクもまた格別。
131201-127.jpg

以前はなかったモスク。おいちゃんも「Baru(新しい)」と言っていた。
131201-148.jpg
何か餌を撒いているらしい親子が手を振ってくれた。

お決まりのイスタナ(王宮)遠望。
131201-162.jpg

これまで2回、水上集落散策はしているので、今回は森方面を案内してもらうことにした。
131201-170.jpg

途中のジェティにて、おいちゃんが指差す方向にカワウソが。
131201-173.jpg

131201-197.jpg

さて、大きな流れから少しだけマングローブの中に分け入る。

131201-212.jpg

おいちゃんの示す方向に、ほんとにいた、テングザル!

131201-220.jpg
こんな街のそばで見られるなんてありがたい。

レンズの届かないところにはもっとたくさんいた。
131201-238.jpg

131201-273.jpg

マングローブを離れた民家の門にもテングザルがいた!
131201-279.jpg

帰りもテングザルを探してくれたおいちゃん。

森を後にし、カンポンアイルに戻って来た。
131201-300.jpg

結局また集落内の案内をリクエストしてしまった。何度見ても楽しいのだ。

131201-316.jpg

ここは水上消防署。

水上モスク。

生活感が堪らない。
131201-348.jpg
軒先で涼んでいる人や桟橋を歩く人は漏れなく手を振ってくれる。

水上ガソリンスタンド。

なんと、新築の水上家屋群が。
131201-369.jpg

1時間半ほど川風に吹かれて、おいちゃんとお別れした。

131201-375.jpg

混んでいたレストランに入って、昼食。
131201-382.jpg
レストランの場所も名前も失念した。コーヒービーンのわりと近く。

あの赤提灯は何事だ。
131201-384.jpg

WiFiと涼を求めてコーヒービーンへ。
131201-386.jpg

ホテルに戻ったらもう正午のチェックアウト時間。
131201-395.jpg
空港へ送ってもらう。

ブルネイ国際空港は、新しくて大きな空港に生まれ変わろうとしている。
131201-422.jpg


次にこの空港を見られるのはいつだろう・・・。

チェックインがやたら混んでいて焦ったが、WEBチェックインを済ませている人は別レーンだった。

131201-438.jpg

ブルネイの最後にと2階のフードコートでチキン麺(?)のようなものを食べた。
131201-441.jpg

出国。

ロイヤルブルネイ航空のロゴが変わってしまった。前の方が良かったな。
131201-454.jpg

今日の翼。
131201-471.jpg

さらばブルネイ・・・またいつの日か。
131201-482.jpg

南シナ海へ。

131201-491.jpg

2時間半ほどで、暮れなずむLCCTに到着。
131201-501.jpg

可愛いAD。

大事をとって遅い便にしていたけれど、1時間くらい早くても良かったな・・・。

美味しかったドリアンアイス。
131201-511.jpg

22時過ぎて、やっとの搭乗。
131201-515.jpg

チャンギに着く頃にはもうMRTも終わっており、タクシーで帰宅したのは1時頃。
20131202_001217.jpg

◆AK713 BWN-KUL
◆TR2469 KUL-SIN

BWN

KUL

KUL

シンガポールからブルネイ の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です