2015年12月13日(日)ホテルを後にし、クレット島(Ko Kret)へ

昨晩はSさんとNちゃんは遅くまで語らっていたようだがKさんと私は早々にダウンした。
二日酔いでつらい朝。
でもホテルの敷地内は散策する人もなく静謐でした。
151213-002.jpg

151213-003.jpg

151213-004.jpg

151213-007.jpg

20バーツの鯉の餌。
151213-009.jpg
タンブン(徳を積む)を尊しとするタイではよく見られるもの。

ここがコモンプール。
151213-010.jpg

そしてチャオプラヤ川に出た。
151213-012.jpg

小さなボートが何か巨大なバージ?を2艘も引っ張っていった。
151213-013.jpg

対岸にはカンポンアイル・・・とは言わないんだな。水上集落が。
151213-037.jpg
タイ語ではなんというんだろう。バーンナム(水)?バーンルア(船)?違うか・・・。

また何か巨大な船。いろいろな物を運ぶ母なる川チャオプラヤ。
151213-034.jpg

みんなで朝食ブッフェへ。
151213-042.jpg
サラダ。

お粥トッピングセットが嬉しい。
151213-047.jpg

ローカルフードも結構あった。
151213-045.jpg

4つの調味料ももちろん。
151213-048.jpg

こんな郊外のホテルでも、オリジナルの水ボトルには日本語が。
151213-049.jpg
食後みんなで二度寝してしまった。

ギリギリにチェックアウトし、おそらくPak Kretという街を抜けて川沿いへ。
151213-057.jpg

大きなお寺の境内の向こうがジェティだった。
151213-060.jpg

151213-063.jpg

151213-066.jpg

2バーツの渡し舟でほんの数十秒、Ko Kret(クレット島)という島に渡る。

151213-071.jpg

こちら側にも大きなお寺が構えていて、門前町のようにマーケットが続いていた。

151213-076.jpg

島というよりは、蛇行部分に直線水路が走った結果できた中州。昔地理で習った三日月湖の形成過程みたいな。
151213-078.jpg
ソムタムの石臼のようなものが30バーツだったり、麦わら帽子が20バーツだったり、品物が安い!

縁起モノらしい。
151213-079.jpg

151213-080.jpg

151213-086.jpg

島内でよく見かけた揚げ物。TEMPURAと書いてあるお店もあった。
151213-087.jpg

151213-090.jpg

151213-092.jpg

タイ語の先生が、ここは昔はビルマ人が住んでいたと言っていた。
151213-095.jpg

151213-097.jpg

151213-099.jpg

151213-100.jpg

タイ紅茶。
151213-102.jpg

ちょっとキレイ目なヌードル屋に入った。
151213-104.jpg

私以外の3人はガチローカルな屋台は苦手だ。
151213-105.jpg

トムヤムヌードルだったけれど、いつもの赤くて甘辛酸っぱいのとは違う。でも凄く美味しい。
151213-109.jpg

余計な注文だったな、ポークボール。
151213-112.jpg

犬も多い。
151213-113.jpg

151213-114.jpg

水草がいっぱい。そういえば水草は朝遡上していたが午後になったらちゃんと上流から下流に流れていた。
151213-115.jpg

151213-116.jpg

151213-120.jpg

このプー(カニ)の入ったソムタムは100%お腹を壊すとKさん談。
151213-119.jpg

151213-120.jpg

島内でよく売られている茶色い素焼きの器の窯元的な建物があった。
151213-124.jpg

ろくろ体験をしている人もいた。
151213-122.jpg

151213-125.jpg

151213-129.jpg

散策を終えて対岸へ戻った。
151213-135.jpg

バンコクへ帰る。

151213-140.jpg
途中不思議なコンド群が。なんというところか、湖の岸辺だった。

楽しい週末をありがとうございました。
151213-143.jpg

Kさんに車を借りて、わんわんを迎えに行く。
151213-145.jpg

そして、Alumni関係のクリスマスパーティーに遅刻して行った。
151213-150.jpg
初めて参加したので知っている人は誰もいない。
もう若くないんだし、週末は一日に予定を複数入れてはいけないと思った。なんといっても時間通りになんかコトは運ばないし。

タイランドじゃらんじゃらん の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください