2016年1月3日(日)タリンチャン水上マーケットへ

土日で良かったな。土日じゃなかったら普通に出勤だったんだろうか・・・?
160103-065653.jpg
猫大好きなうちのわんわんは尻尾をぶんぶん。でも猫側は激おこ。

深酒ではないものの飲み明けの微妙な感じを微妙な飲み物で払拭。
160103-070411.jpg

さて、この日はIちゃんとまずはサイアム駅へ。
160103-091539.jpg

初めて来た。ここがあのエラワンの祠(エラワン廟)・・・。
160103-091755.jpg
昨年、爆弾テロの標的となってしまったお堂。

バスの停留所となっているセントラルワールド前へ。
160103-092225.jpg

160103-092457.jpg

バスに乗る前に朝食にする。
160103-092654.jpg
オニオンやらタロやらパンプキンやらの味があるらしい。

たこ焼き的な何かかと思ったらココナッツミルクを固めたおかずおやつ的なものだった・・・。
160103-093422.jpg

40バーツほどの麺をすする。
160103-093432.jpg

79番のバスに乗車。
160103-094848.jpg

チケットは17バーツ。
160103-094802.jpg

160103-094834.jpg

行き先はチャオプラヤ川の向こう、バンコク市内郊外のタリンチャンTaling Chanにある水上マーケット。
160103-100304.jpg
他の有名ドコロ水上マーケットは、一つは午後3時からの夕方マーケットだったり(アムパワー)、もう一つは早朝マーケットだったり(ダムヌンサドゥアク)、どちらも結構距離があり、一日まるっと使ってしまうことになるということで、小規模ながらもセントラルワールドからバスで40分ほどのタリンチャンを選んだ。

タリンチャンの町のセブンイレブン前で下車。車掌さんがちゃんとWater Marketと声を掛けてくれる。

160103-101659.jpg

まずはちょっとしたマーケットがお出迎え。

160103-101946.jpg

昨日食べたヌルヌル花あった!(だが読めない。)
160103-102023.jpg

160103-102415.jpg

160103-102650.jpg

160103-102844.jpg

脇の線路を轟音をたててディーゼル機関車が通って行った。
160103-102528.jpg

さらに奥へ進むと、水上マーケットがあった。
160103-103141.jpg

楽器の演奏が迎えてくれる。
160103-103307.jpg

わんわんも多い。
160103-103439.jpg

タンブン用の生き物たち。

ここはフローティング食堂というか食事スペースに座り、周囲に浮かんだ舟から食べ物を買うスタイル。
160103-104152.jpg

ソムタム屋さん。
160103-103603.jpg

160103-103725.jpg

160103-103757.jpg

160103-103819.jpg

160103-103915.jpg

パパイヤの削り方初めて見た・・・スライサーじゃなかった!
160103-104302.jpg

160103-104447.jpg

160103-104455.jpg

160103-104536.jpg

160103-104729.jpg


確かに小規模でマニアック感は否めないが、とてものんびりと楽しめて良かった。白人観光客は大勢いたが、日本人には1組くらいしか遭遇しなかった。

ボートツアーのチケットを買う。
160103-105226.jpg
ガイドブック情報よりも見どころが1ヶ所少ない、でも60バーツという驚きの安さのツアーのチケットを購入。約1時間後。

土手の上の線路に上ってみた。
160103-105331.jpg

残念ながら電車は来なかった。
160103-105502.jpg

わんわんがなぜかビビりながらやってきて切なくなった。
160103-105616.jpg
危ないから早くお逃げ。

ドリンク屋台でビールを買い、2人で35バーツのソムタムをシェアした。
食べている間に頭上を列車が通過していった。惜しい!
160103-111356.jpg
観光地なのにこの安さ。ソイ38だと60バーツします。

時間が来たので乗船。
160103-113618.jpg

160103-114115.jpg

ガイドさんはタイ語で何を言っているかわからなかったけれど、一つだけ「タイ人は挙手!」と言ったらしいことがわかった。

160103-114630.jpg
川岸の風景が興味深い。

前に座った女性は、寺院の前を通るたびに手を合わせていた。
160103-114640.jpg

いい匂いを放ちまくるガイヤーン(鶏焼き)の舟とすれ違ったりした。
160103-114911.jpg

運河には交差点や標識もある。

川岸の住人の人たちも慣れたもので手を振ってくれる。
160103-115215.jpg
きっと見物されているのはこっちなのだろう。

160103-115515.jpg

カンポンアイル・・・なんだよなぁ・・・(遠い目)。
160103-120032.jpg

お寺で20分見物となった。
160103-120313.jpg
地図で見るをWat Tanotというところだったと思う。

不思議なお寺だった。いたるところにニワトリの人形と生ニワトリがたくさんいた。
160103-120413.jpg

160103-120831.jpg

160103-120229.jpg

そしてたくさんの犬と猫が一緒に暮らしていた。

160103-120806.jpg

160103-120908.jpg

本堂。
160103-121340.jpg
金箔を貰って仏像に貼ったりした。

ボートは引き返す。
160103-122443.jpg

途中、パンを売るお堂に寄った。
160103-122513.jpg

ナマズにタンブンするためのパンだが、焼き立てで普通に美味しかった。
160103-122735.jpg

ナマズ玉大歓喜。
160103-122907.jpg

ガイドさんが何事か話しかけるので、行き交う舟の人たちが手を振ってくれる。
160103-123017.jpg

160103-123402.jpg

マーケットに戻ってきた。60バーツで大いに楽しんだ。
160103-124520.jpg
いつもスクンビット通り界隈のほんの狭い地域を往復してやさぐれかけていた心が解放された気がしました。

タンブンの屋台でIちゃんがスッポンの子供を購入。
160103-125256.jpg
逃がす。

デザートの舟にてナムケーンサイ(かき氷)を買う。
160103-125425.jpg

緑のチェンドル・・・いまだにタイ語の名前が覚えられない。バイトゥーイ(パンダン)のゼリー「ロッチョンLot Chong」。と、ピンクのシロクワイと、コーン。
160103-125641.jpg

お金を払うとヤギにミルクをあげられるというお店もあった。
160103-133035.jpg

バスもすんなり来て、幸い座れたし、二人でウトウトしながら帰る。
160103-134333.jpg

ラチャテウィからBTSに乗り換え、プロンポンで下車。「ワットポーマッサージ」へ行くと予約がいっぱいだったので、私たちも午後5時に予約を入れ「イムちゃん」で遅いランチ。

160103-151439.jpg

クリスピーな豚+空芯菜だったかな?
160103-152551.jpg

生姜たっぷりのチキンが美味しかった。
160103-152740.jpg
Iちゃんはプロンポン界隈で時間を潰し、私は一旦帰宅しわんわんの散歩。再び集合してマッサージへ。

フットマッサージ1時間。
160103-175505.jpg

3階だったか4階だったかに移動してタイマッサージ1時間。
160103-175750.jpg
ちょっと痛かったけれど極楽。

最後にお茶。チップを払って退出。
160103-190007.jpg

さて、トンローへ戻り念願の「Octave Rooftop Lounge&Bar」へ。
160103-204010.jpg
マリオットのルーフトップバー。ぜひ一度来てみたかった。
他の繁華街と違ってマイナー感否めないトンローにあるので予約なしでも座れることが多いらしく。

ただしトンローは古い住宅街なので眼下は結構暗い。
160103-192830.jpg

ポートの方角。
160103-192802.jpg
ミラーレスは電池切れでコンデジで撮ったのが残念。

Iちゃんはモヒート。本当は「タイモヒート」が良かったのだけれど今はノーマルモヒートしかないとのこと。どこが違ったんだろう?
160103-193019.jpg
ミントじゃなくタイバジルだったのかなとIちゃんの予想。
私は「COCO」といういかにもなカクテル。

こちらは2階下のレストランスペース。
160103-211424.jpg
夜景は存分に堪能し、お安いものでもないので次にシンハーのミニボトルを飲んで終了。

いきなり庶民的にソイ38の屋台街。
160103-212240.jpg

タイっぽいものをということでカオニャオマムアンを食べてもらう。
160103-212546.jpg

Iちゃんはサテも買ってきた。
160103-213323.jpg

「Roti」の屋台。ロティを焼く手際に見入った。そのうちまた来て買おうっと。
160103-214237.jpg

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です