2016年2月20日(土)タラートロットファイ・ラチャダーへ

この日・・・朝起きてわんわん散歩して朝食を食べ、溜まった家事などをして、ちょっと泳いで疲れて昼寝したら・・・夜になってしまった。
160220-001.jpg
すっごい損した気分。ダンナ様も別に外出意欲はなかったようだが、お気に入りの「七星」がラチャダーにもお店を出したことを思い出し行ってみることにした。

行き先はラチャダーの「タラートロットファイ」。タラートは市場、ロットファイは電車で、英語だとRatchada Train Night Marketと書いてある。
160220-010.jpg
ラマ4世通りもアソーク通りももちろん渋滞で1時間ほどかかってしまった。近くのモールに車を停めようとしたがいっぱいで、でも市場のすぐ脇の立駐が結構余裕あったのでラッキー。

なんでも鉄道施設を市場にした、というコンセプトのシリーズもの(?)らしく、ここはまだ去年できたばかりらしい。
160220-011.jpg

160220-012.jpg

政変以降、バンコクの町からどんどん屋台街が消えていっているらしい。
消えゆくバンコクの屋台街(Yindeed Magazine)
屋台好きの私にはそれはとても寂しいことだが、時代の流れや政治の取り決めには逆らえない。
160220-013.jpg
その一方でこういう観光地化した市場がどんどん作られている模様。でも私はこういうのも嫌いじゃない。むしろ好き。そこに活気や食べ物がある限り、心惹かれます。

屋台を囲むように建っている建物にもテナントが入っている。
160220-014.jpg


160220-021.jpg

「七星」、発見。
160220-019.jpg

ラチャダー店では餃子を出すそうで、それも試そうと思って来ましたが、現在プロモーション中でおまけの餃子がついてきた。ラッキー。
160220-022.jpg

七星といえばこってりスープ、でも今回は「淡麗」というスープを試してみた。私は醤油。(玉子は後乗せ。2人で1個シェア。)
160220-025.jpg
ダンナ様の「淡麗塩」にはゲソやおろししょうがもついていた。
普通に美味しかったし、日本のラーメンがこれほどの安価で食べられるのは凄いことだけれど、私はやっぱり七星たるあのこってりスープがいいな。

いくつかビアバーが並んでいて、ここが市場の正面らしい。
160220-027.jpg
不思議なフォントで「タラートなんとかロットファイ」と書いてある。

ダンナ様がバンド演奏に聴き入ってしまったので一人で市場散策へ。
お寿司。
160220-031.jpg

ソムタム屋台。
160220-033.jpg

雑貨や衣類のコーナーもある。
160220-036.jpg

160220-046.jpg

たこ焼き。
160220-037.jpg

するめいか。
160220-041.jpg

160220-040.jpg

ソースのバリエーションがスゴいフルーツ。(なんだっけこれ。)
160220-042.jpg

160220-044.jpg

飲んでいる人が多かったココナッツミルクシェイクを飲んでみた。
160220-047.jpg

160220-048.jpg

美味!
160220-049.jpg

ビアバー前に戻るとまだダンナ様は音楽を聴いていた。
160220-051.jpg

ちょうど席が空いたので座る。ビール注文必須で、でも食べ物は持ち込んでいいらしい。
160220-053.jpg
車で来たので私は我慢した。

バンドは戦隊シリーズならイエローみたいな子がヴォーカルだった。
160220-055.jpg

笑顔が可愛かった。
160220-057.jpg
ダンナ様絶賛のこのバンドは「The Small Town」という名前だった。

屋台を覗きながら帰る。
160220-059.jpg

160220-058.jpg

エビ!
160220-060.jpg

脚もはみ出したタコ・・・じゃなくイカ焼き。
160220-062.jpg

駐車場に戻ると、市場の全容が俯瞰できた。
160220-066.jpg

広いなあ。今日は半分も見てない。
160220-068.jpg

帰宅。さっき海ぶどうを買ってきていた。
160220-071.jpg
水洗いして、食べる。

ダンナ様は疲れたといって寝てしまったので、市場の戦利品で私一人晩酌をした。手羽先はコブミカンの葉で味付けされているタイ仕様。
160220-072.jpg

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です