2016年3月20日(日)タリンチャン/ラッカバーンからマッカサンのローカル線のミニ旅

どこへも行かずに週末が終わると月曜から頑張れない気がして外へ出てみた。
チットロム駅からセントラルワールド方面に歩くと見える祠。
160320-001.jpg
行き交う人がさっと手を合わせるのが素敵。

そして、去年悲劇のあったエラワンの祠。
160320-015.jpg

日本の神社でお賽銭箱の向こうで別枠のご祈祷があるように、ここでも舞踊を捧げる女性たちの前でお祈りをする別枠があるみたいだ。
160320-002.jpg

テロ後は姿を消していたらしい屋台も戻ってきている。
160320-017.jpg
タイ語の先生が、洪水もデモもテロも「ルームレーオ(もう忘れた)」って言ってた。そうしないと経済も生活も停滞するから、タイ人はポジティブに生きるって。

都会の一角に線香の煙・・・。
160320-018.jpg

さて、セントラルワールド前。
160320-020.jpg

79番のバスを待とうとタイティーyenを買っていたら1台行ってしまった。
160320-021.jpg

と言いつつ、5分おきくらいに来る。
160320-024.jpg
出発。

今日は一人、最前列の席を確保し車窓楽しみ放題。
160320-027.jpg

ここが、2013年に来たお寺だったことに気付く。
160320-029.jpg

チャオプラヤ川を越えてほっとする。
160320-033.jpg

160320-037.jpg

到着したのはタリンチャンTaling Chan水上マーケット。
160320-038.jpg

今年の1月3日に来て以来
160320-040.jpg

160320-042.jpg

何かセレモニーでもあったんだろうか。長い東屋的部分は制服を来た人たちでいっぱいだった。警官?軍?
160320-043.jpg
なので自然とdensity過多。

音楽のお出迎えも変わらず。
160320-047.jpg

ナマズにタンブンする親子。
160320-045.jpg

160320-049.jpg

160320-044.jpg

160320-046.jpg

160320-050.jpg

160320-054.jpg

160320-052.jpg

160320-058.jpg

つぶらな瞳の子犬。
160320-060.jpg

160320-064.jpg

160320-061.jpg

160320-063.jpg

160320-069.jpg

160320-070.jpg

クイティアオを食べた。確か40バーツだったと思う。
160320-073.jpg
そういえば前回来た時はまだクイティアオを知らなかったなあ。何かスープ麺を見かけることは多かったけれど、何と言って注文したらいいのかわからなかった。

あまりの暑さにナムケーンサイ。
160320-077.jpg

160320-078.jpg

ロッチョン(マレーシア/シンガポールでいうチェンドル)にところどころ青色1号が混ざり切らずポツっとついていて少し切なくなる。
160320-081.jpg
確かに天然のバイトゥーイ(パンダン)はもっとくすんだ緑色になるはずで・・・。

ここは観光客向けの土日だけのマーケット。それでも前回は結構感動して、写真もいっぱい撮ってその写真たちも結構気に入ったのに、何が違うのか今日はどうも気持ちが乗らない。自分が撮った写真にも違和感。(うまいとかじゃなく、自己満足できればそれでいいのに、満足感があまりない写真ばかり。)
160320-083.jpg
疲れているんだろうか・・・。

列車はさっき1本通ってしまった。前回も同じくらいの時刻だった気がする。もうちょっと早く来たら遭遇できたかも。
160320-090.jpg

160320-092.jpg

この前と違って今日は線路に上がっている観光客が少ない。
160320-098.jpg

存分にカメラで遊んだ。
160320-114.jpg

子供がこっちに手を振ったように見えた。
160320-119.jpg

ここも日系企業が製造した。
160320-122.jpg
一体いくつの名もなき橋を、日本の企業が渡したんだろう。

廃材に埋もれた像。
160320-127.jpg

ここも犬が多い。
160320-128.jpg
シンガポールの保護犬だった我が家のわんわん、姿かたちがタイのソイドッグたちと似ているので、どうにも切なくなる。

疲れたのでタリンチャンを後にする。水上ツアーに行けばまた違ったんだろうか・・・大量の欧米人観光客に押し潰されそうでやめた。
帰りのバスから見えた、タリンチャン周辺の運河の佇まいの方がおもしろかったな。
160320-132.jpg
チャオプラヤを渡って市街地へ帰る。

ラチャテウィ駅でバスを降り、BTS。
160320-136.jpg

BTSの造形美も悪くない。
160320-135.jpg

アソークでMRTに乗り換え一駅、ペッチャブリー駅からマッカサンへ。
160320-137.jpg

あの馬を初めて観察した。
160320-141.jpg

もっと広いところで走らせてあげたいが・・・そんなこと言っても仕方ないんでしょうね・・・。
160320-146.jpg

ARLに乗る。
160320-148.jpg
ホームの端っこまで行ってみようとしたら駅員に怒られた。立ち入り禁止って書いといて。ってか普段ホームの先で写真撮ってる人いるじゃん・・・まぁ、担当者の「さじ加減」や「気分次第」なのがタイランド。

先日出張でも来たラッカバーンLat Krabang駅到着。空が広い。
160320-153.jpg

160320-154.jpg

タイに無数にあるドリンクスタンドの、これもまた一つ。
160320-149.jpg

ミントミルク。
160320-155.jpg
今日はなんだか甘いもの飲み過ぎだな。糖尿注意。

そういえばここはスワンナプーム空港のすぐ近く。
160320-158.jpg

アプローチ見放題だということに気付く。
160320-162.jpg

わんわんが涼んでいた・・・。
160320-160.jpg

「下」のラッカバーン駅に来てみた。
160320-166.jpg

160320-168.jpg

小さな箱に駅員さんがいた。事前に切符を買えと英語で書いてある。
160320-165.jpg

会社のタイっ子ちゃんが、外国人だろうがタダで乗れるはずだと言っていたけれど、「マッカサンまで」と言ったらやっぱり有料だった。5バーツ。
160320-175.jpg
時刻表は英語がなくまったく読めなかったが、ナントカออกというout(=ออก)の派生っぽい単語が見えた方は多分「outbound」的な、バンコクの外へ行く列車なんだろうと思う。
だとすると、都心行きはもうすぐ来るはず。

線路を渡って反対側のホームへ。
160320-171.jpg

上は近代的な高架駅だが、下はのどか。誰かがバナナをもいだ形跡がある。
160320-178.jpg

160320-177.jpg

相変わらず上空はひっきりなしに飛行機が着陸していく。もちろんみんなギアが出ている。
160320-169.jpg

160320-173.jpg

160320-183.jpg

到着時刻は過ぎたが列車来たらず。でも何か放送があった。来るんだろうな。
160320-181.jpg

来た!
160320-187.jpg

160320-195.jpg

160320-196.jpg
(あ、運転士さん腕出してたんだ。)

乗ったもののさすが無料列車バンコク中心部行き、混んでる。
160320-197.jpg
しばらく、一ヶ所開いたままのドアの脇に立っていたが、単に閉まる動作がニブかっただけのようで閉まってしまった。

閉まったら擦りガラス状態で見えない。
160320-198.jpg

一席空いていたので座ったが通路側。窓際の人及び向かいの二人の気に障らないよう控え目に写メ(無音)だけ撮ったが、首からミラーレスを提げた明らかな外国人に文句を言うようなタイ人はいないと思う。多分。
160320-200.jpg

進行方向左側だけど、駅舎があるのは右側。そっちに座りたかったな・・・。
160320-204.jpg

でも沿線のごちゃごちゃした感じをそれなりに楽しんだ。
160320-208.jpg

160320-210.jpg

どこかの駅で、窓際のマレー系のお嬢さんが降りた。
160320-216.jpg
ので、ここからはカメラで存分に。

なんて言いつつ列車はあっという間にマッカサンに着いてしまった。
160320-218.jpg

160320-222.jpg

下車。
160320-225.jpg

アソークへ戻りターミナル21へ。
160320-231.jpg
サマーセールと書いてある・・・つい先日まで冬だったのに。でも実際この週から朝晩セミが鳴き出して、まさかの夏の到来を実感してしまった。

ふらっとモスへ。
160320-233.jpg

レタスで挟んだバーガー、「菜摘」なんてシリーズでしたっけ?日本では食べたことがなかったけれどこっちで食べてみた。テリヤキチキン。
160320-236.jpg
実に食べづらかった。

夏なんですね・・・。
160320-238.jpg
買い物して帰宅。

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です