2016年4月3日(日)バンクラチャオ Bang Krachao

平日の生息域が都会過ぎて日本過ぎて、心に普通に負荷がかかっている気がする。でも有名なリゾート地や観光地へ行くのなら、土日も丸1日使って朝から出かけなきゃいけない。それはそれで家のことが滞りストレスに・・・そんな心を発散してくれる情報はないかと検索したらこんなブログさんに当たった。
BANG KRACHAO – ESCAPE FROM BANGKOK WITHIN BANGKOK(Dose of Life)

Escape from Bangkok within Bangkok…うん、まさに今の自分にぴったりだ。

家のことを済ませてから、ふらっと11時半頃出かけた。
160403-005.jpg
さよならソイ38の屋台街(の片側だったところ)・・・。

もうもうと埃が上がり、駅の構内も一瞬白くなる。それでも道路の向かいでは屋台がもう開いていて、なんというか・・・養生ルールとかザルやねここは。
160403-007.jpg

さて、BTSをとことこ東(南?)へ、終点一つ手前のバンナーBang Naで下車。
160403-009.jpg
だいたいオンヌット以東(以南?)に来ること自体初。

駅前はどちら側も、他の駅のように駅直結のモールがあるというようなことはなかった。
160403-010.jpg

線路を挟んで西側(川側)の出口を出るとモタサイの乗り場のような看板はあったが誰もいない。
160403-012.jpg
タクシーはすぐ捕まって、「バンナーPier、Bang Krachao、チャオプラヤ、ルア(船)~」などと必死に訴えたら通じた

ものの7~8分ほどで船着場到着。45バーツ弱。
160403-013.jpg

だだっ広いジェティ前。
160403-016.jpg

隣はお寺だ。
160403-018.jpg
島状のところに渡る渡し場がお寺だというパターンは多い気がする。クレット島とか。

のどか・・・。(上流)
160403-020.jpg

桟橋は二つあり、手前はよくわからない。
160403-025.jpg

渡し舟。バイクの人も大勢乗る。
160403-030.jpg
代金4バーツは降りる時に払う。

乗船。
160403-035.jpg

もう一つのジェティはこのサンパンのようなボート用のようだ。
160403-042.jpg

大型船も行き交うチャオプラヤ川、通過を待つ。
160403-047.jpg

大型船が通過したらすぐさま横断。
160403-061.jpg

動き出せば対岸はあっという間。
160403-065.jpg

4バーツ払って上陸。ノープランで来てしまったので地図を眺める。
160403-067.jpg

でもジェティ脇にはレンタサイクル屋がいくつかあって、足はすぐに調達できた。
160403-070.jpg
みんなIDを見せていた。IDがない私は聞かれる前に自分からコンイープンと申告し外国人料金、それでも1日70バーツ。お値打ち。

こういう桟橋をずーっと走る。
160403-072.jpg

このなんでもなさに急激に癒される。
160403-073.jpg

民家も普通にある。
160403-075.jpg

なんだか久しぶりに、熱帯にいることを思い出した気がする。
160403-077.jpg

ジェティからすぐの、Bangkok Tree Houseというカフェレストランに入る。
160403-093.jpg
小心者の私は自転車が施錠できないのをちょっとだけ気にした(杞憂)。

櫓のような建物で、上階にも行けたがいっぱいだった。
160403-089.jpg

グリーンカレーパスタなるものをいただく。
160403-090.jpg
単にグリーンカレーと和えただけじゃなく、川魚のスライスのグリルが何枚かトッピングされていた。

テーブルのすぐ脇でわんわんが寝ていた。というかこの島わんわん多い。
160403-092.jpg

お店の先にも桟橋が延びている。
160403-084.jpg

160403-086.jpg

160403-085.jpg

マングローブ。
160403-082.jpg

もう1本の桟橋。
160403-097.jpg

160403-098.jpg

マレーシアやブルネイ、インドネシアで見るカンポンアイル(水上集落)的高床式家屋にキュンキュンとなる。
160403-099.jpg

土地神様というか屋敷神様というか、この風景が南方各国とちょっと違う。
160403-104.jpg

160403-103.jpg

Tree House遠景。
160403-106.jpg

160403-108.jpg

もう少し早く来て、ここでのーんびりしていくのも一つの楽しみ方だろうなと思う。
160403-111.jpg

160403-112.jpg

Tree Houseを後にして歩みを進める。
160403-114.jpg

160403-117.jpg

160403-120.jpg

160403-121.jpg

バンコクは意外に「水郷」だと思う。ここに限らず、ちょっと市街地を離れると、こんな水路や桟橋が至る所に走っているのが見えるから。
160403-122.jpg

160403-123.jpg

160403-124.jpg

この実があちこちになっていた。
160403-126.jpg

160403-128.jpg

160403-129.jpg

荒れ地にポツンとある神様は、かつての住居の跡だろうか。
160403-131.jpg

160403-137.jpg

陽射しが強過ぎて写真が白飛びしちゃってるな・・・使い慣れたPENにするんだった。
160403-136.jpg
そして今日は暑い!本当に暑い!!日本の8月の超暑い日を思い出す。セミも鳴いてるし。

圧倒的healing感。
160403-138.jpg

160403-143.jpg

しばらく走ると普通に車が走る大通りに出てしまった。考えてみればここは島じゃなくて中州なので、車で来られるのだ。
160403-145.jpg

橋の上から、人々が集まる市場のようなものが見えた。
160403-146.jpg

行ってみたいとも思ったが、車やバイクはあるものの自転車を駐輪している人がほとんどいなくてなんとなく躊躇われた。施錠できませんしね。
160403-144.jpg

その代わりGoogle先生のナビに従って「Bang Nam Phueng Floating Market」と書いてある市場へ行ってみた。
160403-148.jpg

・・・どう見てもFloatingには見えないが・・・。
160403-149.jpg

160403-150.jpg

甘いワッフルなホットドッグ10バーツ。
160403-151.jpg

飼い主の言うことを聞かずこのホットドッグ屋さんの脇に座り込んでしまったわんわん。
160403-153.jpg

市場を後にして引き返す。
160403-157.jpg

ジャックフルーツの木。
160403-156.jpg

自転車でもっと中州内どこにでも行けたが冒険はせずもと来た桟橋を戻る。
160403-159.jpg

160403-161.jpg

160403-162.jpg

160403-163.jpg

なんだろうこの木。
160403-166.jpg

綿・・・だなぁ・・・。
160403-164.jpg

放置された自然の中に生活の匂いが感じられるのがいい。
160403-168.jpg

家の前の駐ボート場。
160403-169.jpg

ジェティ近くに戻ってきた。
160403-170.jpg

160403-174.jpg

大きな木の周辺に土地神様の祠が集められていた。この集落を去ってしまったお宅の神様かなと想像してみる。
160403-173.jpg

このマネキン(というか衣装)もお供え物だろうか・・・。
160403-182.jpg

たくさんいた中でこのソイドッグが、うちのわんわんと姿形色から表情まで似ていて早く家に帰らねばという気持ちになった。
160403-177.jpg

160403-181.jpg

近寄って見ずとも・・・。
160403-184.jpg

自転車を返し、70バーツ払うとお水とおしぼりのサービス。観光客慣れしていてありがたい。欧米人が大勢訪れている。日本人は見なかったが・・・。
160403-187.jpg
渡し舟を待つ。人とバイクの列は別。帰りは4バーツ先払い。

乗船。
160403-188.jpg

さらばバンクラチャオ。
160403-189.jpg
またはバンカチャオ、バンガジャオ。
ちなみにバンクラチャオBang Krachaoで検索するとバンコク近郊にもう一ヶ所同名の場所があるようだ。

ただいまバンナー。
160403-190.jpg

帰ってきたらソンテウしかいない・・・聞いてみるとBTSバンナー駅の、ちょっと近くには停まるけれど駅には直接行かないとのこと。
160403-191.jpg

ここで初ソンテウか!と思ったら普通にタクシーがお客さんを乗せて何台か来たので戻り足に乗せてもらう。
160403-193.jpg
さらばバンナー。なかなか来ないよね。

トンロー到着。あまりに暑くてAll Day Cafeでモカを買う。
160403-194.jpg

プチじゃらんじゃらん終わり。明日からまた頑張れそうです。今週は休みがあるし!
160403-197.jpg
余談ですが今日Windows10にアプデしました。Windows8に初遭遇した時のようなショックはなく使いやすいです。

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です