2016年5月21日(土)祝☆メークロン線復活!(リベンジ)

朝8時頃家を出て、私は急いだ。
1600521-001.jpg

味わい深い街並みもスルーし、SRTのウォンウィアンヤイ駅目指し一目散に急いだ。
1600521-002.jpg

1600521-003.jpg

歩道橋から見えるウォンウィアンヤイ(大ロータリー)。
1600521-005.jpg

しかし、到着したら8:35発が行ったばかりだった。
1600521-007.jpg
9:40を待つことに・・・。この辺の詰めが甘いものの、一人旅はこれだから気楽でいい。※時刻は変更になる可能性があるのでご注意下さい。

窓口も閉まっている。
1600521-008.jpg

1600521-054.jpg

この駅に来るのは2回目
1600521-009.jpg

まずはホーム手前のお店で腹ごしらえ。
1600521-011.jpg

バミーヘーン40バーツ。バンコク中心部じゃ40バーツでもスープはつかないねえ。(頼めば無料でつけてもらったこともあるけれど。)
1600521-014.jpg
バミーはタマダーだったけれど、スープにはまさかの海苔が入っていて美味しかった。

ウォンウィアンヤイ駅ホーム。
1600521-017.jpg

ホームが切れた先も活気のある市場になっている。
1600521-020.jpg

1600521-096.jpg

1600521-114.jpg

そうこうしているうちに列車が来た。折り返しにたっぷり時間を使うのはわかっていても、座席を確保するために急いでチケットを買いに戻る。
1600521-031.jpg

降車のお客さんの波に呑まれた。
1600521-034.jpg

チケットを買って、ボックス席も確保。前回とは逆の進行方向左側に座ってみる。
1600521-035.jpg

前回も気になった寿司屋。「江戸前」って描いてある・・・。
1600521-042.jpg

1600521-047.jpg

連結部分は通り抜けが怖い感じ。
1600521-043.jpg

車両は大阪生まれだった。
1600521-175.jpg

ガタゴト出発。
1600521-063.jpg

1600521-075.jpg

1600521-081.jpg

駅の写真は停車するたびに撮ったけれど何駅だったかメモするほどではなかったのでどこの駅かはわかりません。
1600521-090.jpg

これは大きなお寺の門前Wat Sing駅。
1600521-106.jpg

1600521-109.jpg

1600521-122.jpg

1600521-125.jpg

水路の脇に、猛烈な里芋(タロ芋?)畑・・・畑なのか!?
1600521-130.jpg
あまりシステマティックに農業をしていない様子が見受けられる・・・。

でまたこの水路もきったないと来たもんだ(笑)。
1600521-132.jpg

Kan Kheha駅。
1600521-137.jpg

Rang Pho駅で通過待ちの列車とすれ違う。
1600521-144.jpg

マハーチャイまで約1時間の旅程も後半、この辺から列車の揺れが気にかかるようになる。前回は後半寝てしまい、終点で目が覚めたというのに、この縦揺れ横揺れではとても眠れたもんじゃない。
1600521-149.jpg
脱線でもして脇のきったない水路にでも転覆したらイヤだなぁとわりとマジで思った。大きく飛び跳ねた時、お向かいのタイ人カップルと目を合わせて苦笑してしまったほど。こりゃ、メークロン線に続き運休リノベあるかもなあ・・・。

Phrom Daen駅。
1600521-151.jpg

ホームにバナナがたわわ。
1600521-153.jpg

わりと新しい駅だけどどこだったかな。
1600521-156.jpg

1600521-159.jpg

どこもかしこも水郷。
1600521-160.jpg

1600521-161.jpg

1600521-162.jpg

1600521-165.jpg
もうちょっと水路や運河がきれいだといいんだけど・・・。

大きな街の気配、終点はもうすぐ。
1600521-177.jpg

水路汚過ぎやろ!!!
1600521-179.jpg

1600521-183.jpg

列車は速度を落として市場に入る。
1600521-188.jpg

1600521-189.jpg

線路ギリギリの市場。前回は不覚にも居眠り入線だったけれど、今回はちゃんと見た!
1600521-190.jpg

1600521-191.jpg

1600521-193.jpg

1600521-194.jpg

1600521-196.jpg

そして列車は駅舎にゆっくりと入っていった。
1600521-197.jpg

今から既に言っちゃうけれど、私はメークロン駅よりマハーチャイ駅の方が好きだ!
1600521-198.jpg

下車。
1600521-201.jpg

愛らしい気動車を眺めるのもそこそこに、ノープランだけに先を急ぐ・・・。(結果的に急ぐ必要は万に一つもなかったのだけれど仕方ない。)
1600521-202.jpg

海産物と活気に満ちたマハーチャイ市場もただ通り過ぎただけ。もったいない!!
1600521-204.jpg

駅舎を出て右折し、大通りを列車の進行方向のさらに先へ行くように速足で1分ほど。
1600521-207.jpg

1600521-208.jpg

1600521-209.jpg

1600521-210.jpg

1600521-211.jpg

1600521-212.jpg

突き当たりのロータリーを左折すれば、屋台の先にジェティがある。
1600521-213.jpg

切符売り場で3バーツ払い、もらった切符をすぐ近くに待機するおばちゃんに渡して乗り込む。
1600521-214.jpg

1600521-217.jpg

ターチンTha Chin川もとても雄大。
1600521-218.jpg

対岸から渡し舟がやってくると、こちらも出発。
1600521-221.jpg

ほんの2分ほどの船旅。
1600521-224.jpg
さて、船着き場の先の市場のようなところを抜けて、線路の続きのバーンレムBan Laem駅への道順は知っているんだけれど、所要時間が10分じゃ利かなかった記憶が。さっきのウォンウィアンヤイ駅のような数分のニアミスは避けたいと、バイタクでバーンレム駅へ。
・・・「バーンレム」が通じなくて参った。「ロッファイ(鉄道)」でなんとか通じた。

久しぶりのバーンレム駅!
前回来た時はレールははがされバラストの山が遠くに堆く積み上げられていただけだったけれど、しっかり敷設されていた!
1600521-225.jpg

1600521-226.jpg

しかし、時刻表を見てがっかり。
1600521-227.jpg

バーンレム発メークロン行きは7:30、10:10、13:30、16:40の4本。この時急ぎ過ぎたお陰でまだ11時・・・2時間半も待つとは。これだから一人旅っていいね。Sさんなんか一緒だったらここで帰るって言われる。
1600521-228.jpg
※時刻は変更になる可能性があるのでご注意下さい。

前回美味しいバミーヘーンを食べたお店(といってもこの駅に食堂はここ1軒しかない)に行くと、奥さんがメニューを列挙してくれた。その中の一つ、カオガパオムー(豚ひき肉のタイバジル炒め)。
1600521-229.jpg
美味しい!!

1600521-235.jpg

1600521-230.jpg
でも食事も30分ほどで済んでしまった。さてあと2時間どうしよう。

マハーチャイに戻るという手もあったのだけれど・・・なんか億劫になってしまった。
1600521-240.jpg

ターチン川を眺める。
1600521-241.jpg

日本人旅行者が1人、思い切って話し掛けてみた。優しい方で良かった。
1600521-242.jpg
ウォンウィアンヤイ駅でもらった時刻表が古いものだったらしく、わざわざ時間を潰してしまったため1本早い列車を逃してしまったそう。そして、乗ろうと思った電車は2時間後だという・・・。

1600521-243.jpg

1600521-244.jpg

1600521-246.jpg

チリンチリーンとアイス屋さんが。
1600521-247.jpg
カオニャオ(もち米)入り、ピーナッツのせ。

ドドドドドとホームを去っていくアイス屋さん。
1600521-251.jpg

1時間前、窓口が開いた。
1600521-252.jpg

半分凍ったジュースを売るおばさんからパイン味を買う。5バーツ。
1600521-256.jpg

汽笛が鳴って、列車が来た。
1600521-293.jpg

1600521-295.jpg

1600521-261.jpg

最前列に乗った。
1600521-267.jpg

1600521-296.jpg

1600521-325.jpg

と言ってもほんとの最前列は車掌室。
1600521-298.jpg

今度の車両は富士重工製。
1600521-301.jpg

列車を少し移動させて、給油。
1600521-277.jpg

車掌さんが折り返し待ちの間ほぼずっと、一心不乱に絵を描いていた。
1600521-287.jpg

日本の折り紙の「やっこさん」とその「袴」みたいな形に折った紙に、顔を描いたり色を塗ったり・・・。
1600521-355.jpg
お子さんとの約束なのか、それとも車内の子供に配るのか・・・などと想像したりした。

発車時刻を20分くらい過ぎて、車掌さんが動いた。
1600521-302.jpg
ハンドマイクで何やらアナウンス。運転士さんも戻ってくる。

出発。
1600521-305.jpg

出発してものの3分ですぐ次の駅、Tha Chalom駅は大きなお寺と大きな市場の前にあり、買い物をしたらしいお母さん方が大勢乗り込んできた。
1600521-312.jpg

1600521-313.jpg

1600521-316.jpg

私は進行方向左側に座ったものの、駅舎は右側に集中していた。
1600521-323.jpg

1600521-324.jpg

1600521-334.jpg

左側は街がすぐなくなり、養殖池と水路の風景になった。
1600521-337.jpg

1600521-338.jpg

車掌さんがさっきの折り紙のやっこさんを子供客にあげていた。
1600521-339.jpg
目頭がツーンとなった。なんて優しい世界なんだろうと・・・。

Bang Si Khotは出発後20分ほどの駅。
1600521-341.jpg

1600521-343.jpg

1600521-348.jpg

原野と池の景色の先に、塩田が現れるようになってきた。
1600521-352.jpg

サムットソンクラーム県に来るのも2回目。前回も広大な塩田に驚いて、塩を買って帰った。
1600521-358.jpg

1600521-362.jpg

よく見ると塩田の向こうに交通量の多いハイウェイらしき道路が見えた。位置的にも、あそこが前回車で走った道に違いない。
1600521-363.jpg

1600521-370.jpg

1600521-372.jpg

1600521-491.jpg

タイの国鉄はホームが地面。
1600521-376.jpg

ドアの階段は急で、おばさんやお坊さんが降りる時は近くの若者が荷物を持ってあげたり、降りるのを手伝ってあげていたりした。
1600521-378.jpg

終点2つ前のLad Yai駅。
1600521-380.jpg

右側を見ていた日本人さん(名前も聞かなかったな・・・)が、大量の外国人が乗ってくる、とびっくりして教えてくれた。幸い彼らは後ろの車両に乗ったけれど、どうやらここから乗車してメークロンに入線するというツアーか何かがあるらしい。そうでもなきゃこんな駅辿り着けないもん。
1600521-384.jpg

原野や塩田が切れ、唐突に街になった。
1600521-386.jpg

何人か外国人観光客が先頭車両に来たけれど、運転台脇の窓は汚くてよく見えないね・・・(笑)。
1600521-388.jpg

列車は汽笛を連発しながら、メークロン駅の線路市場にゆっくり進入。
1600521-392.jpg

この天幕というか天蓋が、列車通過直前に畳まれるらしい。
1600521-393.jpg

乗っているとわからないね。
1600521-395.jpg
後でわかったけれど、傘を畳むのは列車通過の数分前なので、先頭車両にいたとしても畳む様子はわかりません。

凄い数の観光客がカメラをこっちに向けている。
1600521-396.jpg

観光客は凄いけれど、列車が市場の売り物ぎりぎりのところを通る様子はとても興味深かった。
1600521-397.jpg

1600521-402.jpg

1600521-403.jpg

1600521-404.jpg

1600521-405.jpg

1600521-406.jpg

1600521-407.jpg

1600521-409.jpg

1600521-410.jpg

1600521-414.jpg

1600521-419.jpg

1600521-420.jpg
近い近い。(笑)

そして列車は、ホームに到着。
1600521-426.jpg

1600521-428.jpg

線路の先はメークロン川だった。
1600521-430.jpg

1600521-431.jpg

観光客が凄い・・・。
1600521-429.jpg

1600521-435.jpg

列車の反対側も凄い・・・。
1600521-439.jpg

1600521-442.jpg

1600521-441.jpg

駅舎を後にし、市場へ入ってみた。
1600521-447.jpg

1600521-448.jpg

1600521-450.jpg

1600521-454.jpg

1600521-455.jpg

1600521-456.jpg

1600521-457.jpg

1600521-458.jpg

1600521-459.jpg

1600521-460.jpg

ずーっと歩いて、市場が途切れる辺りにカフェがあった。
1600521-472.jpg

1600521-464.jpg

疲れていたのでモカを飲んだ。
1600521-463.jpg

列車が通るたびにあの人垣なのかと正直ウンザリしていたのだが、折り返しの時刻になってもこの辺に観光客はほとんど来ない。
1600521-465.jpg

1600521-513.jpg

もしかして穴場かも!?とココナッツジュースも頼んでここに居座ることにした。時刻表では14:30に到着した列車(遅れたけど)の折り返しは15:30。
1600521-467.jpg

定刻通りに汽笛が聴こえ、お店の人たちが傘を畳み出した。やった!
1600521-469.jpg

1600521-516.jpg

1600521-473.jpg

程なくして、列車は通過していった。
1600521-476.jpg

ピント合わなかったーっ!!(笑)
1600521-517.jpg

1600521-478.jpg

思うに、ツアー客の目当ては先程の列車の到着なんだろうと思う。きっとバスかなんかで来ているから、帰ってしまったんじゃないかな。それにこの列車は最終なので、列車で帰る人ももうこれに乗ってなきゃいけないし。
1600521-481.jpg

列車が通過すると、傘は再び開かれた。
1600521-485.jpg

さて、列車も行ってしまったしどうやってバンコクに帰ろうかとGoogleマップ先生に聞いてみると・・・

もう情報持ってる。素晴らしい。

カフェをおいとまし、線路伝いに歩いていくと道路にぶつかる。
1600521-489.jpg

その道路を左手にひたすら歩いていくと・・・交差点があっても構わずまっすぐ歩いていくと・・・
1600521-493.jpg

ありました、戦勝記念塔行きのロットゥー乗り場!
1600521-494.jpg

番号札を渡され、回収され・・・。
1600521-495.jpg

ちなみにバンコクまでは70バーツ。
1600521-497.jpg
(後部座席に移った。)

1600521-499.jpg

メークロンにさよなら。
1600521-500.jpg

1600521-503.jpg

確かにこの道は、以前車で通った35号線だった。
1600521-510.jpg

あんなに苦労して来たのに、帰りはたったの1時間・・・うとうとしていたらもうチャオプラヤ川を渡ってた。
1600521-520.jpg

サトーンの辺り。
1600521-526.jpg

戦勝記念塔のロットゥー基地に到着。
1600521-529.jpg

日中見たのは初めてだけど、美しいね。
1600521-542.jpg

ここからタイ各地へロットゥーは走っていくのでしょう・・・。
1600521-544.jpg

帰宅してわんわんを散歩した後、ふらっと38のパクソイへ。
1600521-545.jpg

1600521-547.jpg

1600521-548.jpg

戦利品はガイのサテと・・・
1600521-552.jpg

ドリアン+カオニャオ。
1600521-549.jpg
どうなんでしょうねこれは・・・ココナッツミルク多過ぎだし。

Sさんがドリアン好きじゃないので、一人の時じゃないと食べられないから・・・。
1600521-555.jpg
味は良かったけれど、いまいち熟しが足りなかった。ココナッツミルクはカオニャオ用で、ドリアンは個人主義だった。

タイランドじゃらんじゃらん の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください