2016年5月22日(日)チャチュンサオのタラートロイピー・バーンマイ(バーンマイ百年市場)

独りで過ごす三連休最終日、いつも通りわんわんの散歩をし、洗濯などをし、冷蔵庫にあるもので朝食を摂り・・・
1600522-001.jpg
そうだ、列車に乗ろう。(またか)

MRTフアランポーン駅から地下の通路を通ってSRT(タイ国鉄)フアランポーン駅へ。
1600522-002.jpg

初めて見るフアランポーン駅。ドーム型の中央駅は荘厳でいいね・・・。
1600522-004.jpg
そういえば先日ここで爆発騒ぎがあったんだけど・・・。

チケット売り場。
1600522-003.jpg

そしてチケット売り場の先にある、本当の「駅のドーム」。
うわー、「世界の車窓から タイ・マレーシア編」で見た!
1600522-007.jpg

今まで見た各国の中央駅(そんなに見てないけど)の中で一番の感激。
1600522-008.jpg

年季の入った機関車も素晴らしい。
1600522-012.jpg

1600522-015.jpg

とりあえずチケットを買った。12:10発チャチュンサオChachoengsao行き。
1600522-021.jpg

大モニターではバレーボールの五輪予選・・・先週だったかの試合で、日泰間にわだかまりが残ってしまったこの大会。タイが五輪に出場できますように。
1600522-017.jpg

13バーツのチケットを確保したので、駅舎の外に出てみた。
1600522-024.jpg

駅前には味のある建物が残っている。
1600522-022.jpg

そのうちの一軒の食堂(手前)でランチにした。
1600522-025.jpg

なんだか久々にパッタイの甘みが恋しくなった。パッタイクン、50バーツ。
1600522-026.jpg

食後に隣のセブンイレブン前にあった屋台でムーとガイのからあげクンと、ハニーデューメロンを買う。
1600522-027.jpg
小銭がないのでセブンイレブンで水などを買ったら、カメラを堂々とぶら提げた私を旅行者だと思って、セブンイレブンの若い店員さんたちがめっちゃ話しかけてきてくれてちょっと感動した。私も旅行者のふりをした。実際そうだし。

駅に戻る。
1600522-030.jpg

7番ホームはドームの先だった。
1600522-031.jpg

1600522-032.jpg

ホームのベンチでしばし待つ。
1600522-033.jpg

おやつのからあげクン。
1600522-035.jpg

遠くのホームに到着した列車からはトドンを被ったムスリムの女性がたくさん降りてきた。ハジャイとか南の方から来たのかなあ・・・。
1600522-039.jpg

出発時刻近くになり、アナウンスが。「チャチュンサオ」と「8」という数字は聴こえた。放送が終わるとホームにいた人たちが一斉に線路を渡りだす。どうやら8番ホームに変更になったらしい。
1600522-040.jpg

1600522-041.jpg

タイ国鉄は国民はこのクラスの車両は無料だ。この人の多さに、チャチュンサオまでの1時間半座席を確保できるのか不安になる。
1600522-042.jpg

列車が来た。
1600522-043.jpg

ホームが低くて乗降にはいつも難儀する。お年寄りには大変だろうと思う。
1600522-044.jpg

座席はすんなり確保できた。タイの人たちは荷物で一席占拠しちゃったままなんてことはない。
1600522-045.jpg

水やちょっとした食べ物を売る車内販売のおばちゃんは頻繁にやってきた。その中の一人から団扇を買った。
1600522-047.jpg
小10バーツ、中20バーツ。

なかなか出発しないなぁと団扇で仰いでいると隣のホームに列車が入線。
1600522-048.jpg
その列車が停まらないうちにこちらが出発した。

この棚にあるのは大量のサボ。
1600522-050.jpg

駅の先は車両基地だった。
1600522-053.jpg

線路脇を歩いている人もちらほら見受けられる。日本だったら罪になっちゃうね。
1600522-059.jpg

普段車では通ることのない場所はおもしろい。
1600522-060.jpg

1600522-061.jpg

マッカサンまでは線路脇ぎりぎりに建て込んだ家々が多かった。
1600522-064.jpg

1600522-067.jpg

多分マッカサンの一つ前の駅。Rachaprarop?
1600522-070.jpg

1600522-071.jpg

1600522-073.jpg

マッカサン駅。あれ、こここんな駅舎あったっけ?
1600522-074.jpg

地図を見ると、エアポートレイルリンクのマッカサン駅より結構手前。私が国鉄マッカサン駅だと思っていたあの駅はどうやらマッカサンじゃなくアソーク駅らしい。多分。
1600522-075.jpg

こちらが私がマッカサン駅だと思っていたアソーク駅。遠くにエアポートレイルリンクの歩道橋が見える。
1600522-077.jpg

1600522-078.jpg

アソーク駅を過ぎると列車はスピードを上げた。
1600522-085.jpg

Khlong Tan駅。
1600522-087.jpg

1600522-089.jpg
前回もラッカバーンからアソークまでは乗ったが、逆側の席に座っていたためこの風景は初めて。

ARLの駅もあるHua Mak駅。
1600522-097.jpg

1600522-099.jpg

同じくBan Thap Chang駅。
1600522-101.jpg

水路と、原野と。
1600522-102.jpg

1600522-103.jpg

そして、ちょっとだけ栄えた感じのラッカバーン駅。
1600522-106.jpg

1600522-108.jpg

ここから先は未知の世界。ずっと並行してきたARLの高架が90°もあるかというカーブでスワンナプーム方向へ。
1600522-113.jpg

1600522-115.jpg

1600522-117.jpg

結構大きな駅だったHua Takhe駅。なんで読むんだろう・・・フワタケ?
1600522-120.jpg

街も大きく見えた。大きな病院やお寺が見えたし。
1600522-123.jpg

ここを越えるとなかなか雄大な車窓になった。
1600522-128.jpg

地図上でも、バンコクは過ぎチャチュンサオ県に入ったようだ。
1600522-130.jpg

駅もこぢんまりとしたものが原野にぽつんと・・・(少なくとも進行方向右側は)。
1600522-133.jpg
Klong Udom Chonlajorn駅。

Preng駅。
1600522-135.jpg

この明るい荒涼さがいい。
1600522-137.jpg

1600522-142.jpg

Klong Kwaeng Klan駅。
1600522-143.jpg

1600522-146.jpg

車内がざわざわし出した。
1600522-147.jpg

地図上では終点2つ前のKhlong Bang Phra駅で大勢のおばちゃんたちが降りた。
1600522-149.jpg

1600522-152.jpg

ずっと走ってきたこの列車とももうすぐお別れ。
1600522-154.jpg

次の駅には停まらなかったような・・・記憶がない。列車は街に滑り込んだ。
1600522-159.jpg

そしてチャチュンサオ駅到着。
1600522-161.jpg

日本で言えば「県庁所在地」かな?なかなか賑やかな駅だった。
1600522-162.jpg

1600522-163.jpg

1600522-165.jpg

駅を出る。
1600522-168.jpg

この蒸気機関車の先の大きな通りでソンテウが手招きしていた。「タラート(市場)へは行きますか?」と聞いたら乗れという。
そういえばこの時が来泰以来初ソンテウ!
1600522-167.jpg
結局よくわからないまま15分程乗っていると、最後の乗客のおばちゃんにどこへ行きたいのかと訊かれた。「タラートロイピー(百年市場)」「バーンマイ」と繰り返すと、「もう過ぎたよ!」と言われる。
ソンテウはそこ(そのおばちゃんが降りた場所)が折り返し地点だったようで、でもそこは目指す「バーンマイ百年市場」の裏口だった。
料金8バーツ。

ソンテウを降りると運転手さんも出てきてくれて、先導して歩いてくれた。「ここをまっすぐ行って、右に曲がれ」と指差してくれた方向、大通りから左側の脇道をまっすぐ行くと・・・
1600522-170.jpg

市場の入り口(というか裏口)に辿り着いた。
1600522-171.jpg

私がソンテウを降りて歩いた脇道はSoi Talat Ban Mai、まさに「バーンマイ市場通り」だったようだ。

市場の地図もどうぞ。

入り口からこの百年市場へ来た方は市場をずっとじゃらんじゃらんして最後にこの雄大なバンパコンBang Pakong川に出るのでしょうが、私はいきなりのっけからクライマックスを迎えてしまった。
1600522-174.jpg

1600522-179.jpg

1600522-179.jpg

1600522-174.jpg

1600522-179.jpg

1600522-179.jpg

若い女の子が生き物をタンブンしていた。
1600522-177.jpg

脱出シュートのようになっていた。
1600522-183.jpg
生き物は手前の屋台で売られている。

チャチュンサオから分岐し南へ行く線路の鉄橋を貨物列車が走っていった。
1600522-184.jpg

市場へ入ってみる。
1600522-172.jpg

正直、来て良かった!と思いましたね。
1600522-183.jpg

なんて愛らしい市場なのかと。
1600522-184.jpg

1600522-189.jpg

1600522-190.jpg

1600522-185.jpg

1600522-186.jpg

1600522-187.jpg

1600522-188.jpg

1600522-192.jpg

1600522-195.jpg

1600522-196.jpg

1600522-200

1600522-202.jpg

1600522-204.jpg

1600522-205.jpg

1600522-206.jpg

1600522-207.jpg

またタンブンの場所が。
1600522-196.jpg

1600522-198.jpg

1600522-199.jpg

小さな川が流れ込む両側は長屋のようになっていた。
1600522-207.jpg

1600522-206.jpg

1600522-212.jpg

そして、その流れ込む川には懐かしい小舟が。
1600522-204.jpg

1600522-214.jpg
観光客を乗せて漕ぎ出していった。

脇の家屋も実に味があった。
1600522-208.jpg

市場はもう少し続く。
1600522-209.jpg

1600522-215.jpg

ここでようやくタイトルコールの登場です。
1600522-210.jpg
どうやらここがエントランスらしい。

1600522-213.jpg

歴史の展示かな?
1600522-215.jpg

1600522-218.jpg

1600522-219.jpg

1600522-220.jpg

1600522-222.jpg

1600522-217.jpg

そして、外に出た。
1600522-222.jpg

ここが本来のオープニングだったわけだ。
1600522-221.jpg
ロイピーは100年、バーンマイは「新しい家」、まさに「百年市場」であり、「新屋市場」である。

目の前の大通りは(おそらく)さっき通り過ぎた道。
1600522-219.jpg
ここにちょうど停まっていたソンテウに「チャチュンサオへ行きますか?」と言っても通じない・・・昨日と同じくまた駅名でスタック。そして「サターニーロッファイ(鉄道駅)」というと通じる。

人生二度目のソンテウ!
1600522-228.jpg

帰りはちゃんとGoogleマップを見ながら現在地を把握しつつ。
1600522-229.jpg

なんだかちょっとショップハウス群のようで嬉しかった。
1600522-231.jpg

1600522-232.jpg

大通りに戻り、駅はもうすぐ。
1600522-233.jpg

他の人の真似をしてブザーを鳴らし、下車。運転席まで行って8バーツを払う。
1600522-235.jpg
ちなみにこのカラーリングのソンテウでした。

歩道橋を渡って、駅へ。
1600522-237.jpg

1600522-239.jpg

チケットを買った。今度はマッカサンまで、12バーツ。(本当は1つ前のアソークまで。)
1600522-248.jpg

1600522-241.jpg

ちょうどアランヤプラテート行きが到着し、出て行ったところだった。なんて旅情のある地名だ!
1600522-224.jpg

1600522-244.jpg

ホームの奥のフードコートや売店が集まったところで飲み物と、美味しそうに焼けていたムーサテを買った。
1600522-250.jpg
売り子の男の子がニコニコと一生懸命英語を話してくれるのが可愛かった。

トゥクトゥクの価格表。百年市場までは100バーツって書いてある!?まさか片道で!?
1600522-249.jpg
明朗会計だけどこれではソンテウ8バーツには勝てないのでは・・・。(でもさっきの私のようなまったくノープランの無謀な例もあるから観光客にはいいのか。)

貨物車を眺めながらおやつ。
1600522-255.jpg

バンコクでもよく見るベニバトみたいな小さな鳩。
1600522-231.jpg

乗る予定の15:34発はなかなか来ない。駅員さんが何やらクルンテープ行きがどうとか案内していて、ちらほらと停車中の列車に乗る人たちが。
1600522-258.jpg

1600522-262.jpg

一応バンコク行きなのを確認する・・・。
1600522-263.jpg

結構快適車両だった(ボロいけど)。
1600522-260.jpg

座ってしばらくしていると、隣のホームをバンコク方面に列車が通過していく。しまった、あっちが先発だったか!・・・でも15:34発はここが始発ではなかったので、おそらく座れなかったろうと思われる。バンコクまで1時間半立つのはキツい・・・。
1600522-265.jpg
車内販売のおばちゃんから若いマンゴーを買った。花のようにカットされていて可愛い。
ついでに「この列車はクルンテープ行きですか?」と聞いてみたら通じた。やった!おばちゃんには「バンコック」と言われたけど。

帰りは疲れもあって、ぼんやり原野を眺め駅を眺め、途中うとうとしながら帰った。
1600522-266.jpg

1600522-267.jpg

1600522-269.jpg

またARLと一緒になる。
1600522-272.jpg

徐々に街場が近づいてくる・・・。
1600522-275.jpg
アソークで雨が降り始め、BTSに乗り換える頃は大雨で絶望のまま帰宅したが幸い家の辺りは小雨程度だった。
夜はもう出かけず、家でマナオソーダ割りでちょっとだけ焼酎を飲んで、三連休明けショックに備えて就寝。
久々に涼しいと思える夜だった。

タイランドじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です