2016年5月28日(土)【マレーシア/ペナン】ジョージタウン再訪

お昼前にモーチット駅へ。駅からはお決まりのA1バス・・・と思ったら、実はここから乗るのは久々で乗り場を失念する。
1600528-012.jpg
BTSの駅、北向き(進行方向)左手チャトチャックパーク側の出口を出て、さらに北の方向へ歩いていくといます、A1バス。

途中のバス停にも停まるので空港利用者ばかりが乗るわけではない。
1600528-013.jpg

30バーツ。
1600528-014.jpg

建設中の高架鉄道はBTSの延伸らしい。完成したらドンムアンへのアクセスがめっちゃ便利になる。
1600528-017.jpg

道が順調で早く着き過ぎた。
1600528-024.jpg

今日の行き先はปีน้ง。
1600528-027.jpg

LCC専用港、Nok Airの機体は可愛い。
1600528-032.jpg

最近は航空会社事情もキャッチアップできていなくて(昔は好きだったんだけどなあ)、なんだか見たことがないキャリアも結構いる。
1600528-036.jpg

前回と同じPiri-Piri。(他は安けりゃ混み過ぎていたり、高過ぎたり。)
1600528-034.jpg

ゆーっくり食べて、時間を潰す。
1600528-033.jpg

このソースたちは実に口に合わなかった。
1600528-035.jpg

12番ゲートはかなり隅っこで物寂しい雰囲気だった。
1600528-037.jpg

1600528-040.jpg

KL行きに乗る人が彷徨って来て、ここはどこ行きのゲートかと聞かれた。搭乗券を見ると手書きで12と書いてある。なんてconfusingな。
1600528-038.jpg

そして私たちの翼。
1600528-041.jpg

搭乗。
1600528-045.jpg

相変わらずバンコク圏の地理がわからない。遠くに見える中州はクレット島だと思うんだけど。
1600528-053.jpg

ここはきっと塩田の多いサムットソンクラーム県あたり。(と思って今Googleマップを見たら手前のサムットサコーン県だったようです。)
1600528-067.jpg

こうしてしばらくタイランド湾上空を南下。
1600528-075.jpg

ほっと一息。
1600528-078.jpg
そしてしばらくうとうと。

目が覚めると機体は陸地の上空へ。バンコクからまっすぐ南下してくるとタイとマレーシアの国境付近でマレー半島の細いところを横切ることになる。
1600528-084.jpg

まもなく着陸態勢。国境近くというか地形的には余裕でタイ国領の沖にあるランカウイ諸島が見えた。
1600528-097.jpg
地図を見なくてもわかる、懐かしい形。

そしてあの小さな島はランカウイとペナンの真ん中くらいにあるパヤ島。
1600528-100.jpg

ただいま!
1600528-106.jpg

愛しの島、ペナン。
1600528-109.jpg

最後に訪れたのは2年ちょっと前。
そうそう、この緑の感じ、この空の感じ、この雲の感じ!
1600528-115.jpg

2年前惜別の思いと共に離れたこの島に、また来ることができた。
1600528-122.jpg

1600528-123.jpg

到着したのは午後6時半頃。イミグレで待ったり携帯のSIMを買ったりなどして、空港の外に出たのは7時ちょうど。
1600528-126.jpg
JETI行きと書かれたバスがいた。

ジョージタウンまでと言ったらRM2.70。タクシーだとカウンターで買ってRM50近くかかるそうで、これは安い。
1600528-127.jpg

でも路線バスなので遅い。
1600528-133.jpg
しかも結構道が混んでた。

車窓を楽しみながら走った。
1600528-139.jpg

1600528-140.jpg

1600528-141.jpg
(でも本当は携帯もサブ機も電池切れ間近で焦っていた。地図を見ながらここぞという場所で降りようとしていたから・・・。)

バッテリー節約のためGoogleマップが見られないからどんなルートでジョージタウンまで向かったのかもわからなかった。
1600528-143.jpg

渋滞渋滞アンド渋滞。
1600528-145.jpg

暮れてきた。
1600528-146.jpg

スンガイニボンのバスターミナルを通った。ってかまだここか!(空港とジョージタウンの間くらい。)
1600528-147.jpg
と思ったけれど、30分くらいでここまで来れたなら普通かも・・・。

ジョージタウンに入り、Googleマップを開く。
1600528-159.jpg

恋しい恋しいショップハウスたち!
1600528-164.jpg

1600528-167.jpg

バスはまずコムターへ行き、ジョージタウンのど真ん中を反時計回りに迂回するように、途中からど真ん中へ復帰して目指すチュリア通りへ。
1600528-167c.jpg

ちょうどホテル前にバス停があったので、ブザーを押して下車。
今夜のお宿はChulia Court the Tavarn
1600528-167b.jpg

一階が賑やかなバーになっている、ショップハウスの素敵なホテルだった。最近見かけるようになったAirAsiaGoというサイトで、エアアジアのフライトとのセットで安かったので、どんなホテルかはまったく考えていなかった。
1600528-167a.jpg
・・・が、予約が入っていないと言われる。バウチャーを見せても、こんなサイトからの予約は扱ったことがないと言われる始末。コールセンターはタイなので国際電話は癪過ぎる。別途全額払ってレシートを貰ってAirAsiaGoにクレームするから、ウォークインの新規客として泊めて欲しいとお願いしたら、RM100のデポジットだけで2泊部屋を取ってくれた。また、この代理店との関連を調べるから一晩時間を下さいと言われた。
融通を利かせてくれた対応に感謝(&結構感動)。

バスルームつきのシングルルーム、いいお部屋でした!
1600528-167d.jpg

プチホテル万歳。
1600528-167j.jpg

シャワ―のお湯も水圧も十分。マレーシアを旅し始めた頃はろくな給湯器に当たらなかったものだが・・・。
1600528-167g.jpg

部屋はショップハウスの最奥で、裏は駐車場。宵闇に浮かぶコムター。
1600528-171.jpg

そして愛くるしいまでの生活感。
1600528-172.jpg
(ただ、部屋の前の廊下にカーテンの仕切りがあって、スタッフの仮眠所(?)だったようなのは面食らった。)

このお宿にはドミもあるようで、共有スペースが充実していた。
1600528-175.jpg

ショップハウスの良さが贅沢に利用されている。
1600528-177.jpg

階下のバーでは弾き語りの人がいる。通り側の部屋は賑やかかもしれない。
1600528-178.jpg

1600528-182.jpg

これからこの街に繰り出す。ワクワクする。
1600528-184.jpg

チュリア通り、ホテル前。ショップハウス群に惚れ惚れする。
1600528-192.jpg

世界遺産になって以来どんどん整備が進んでいるとはいえ、この形状が残っている以上はやっぱりどの角度から見ても美しい。
1600528-194.jpg

Sさんが迎えに来てくれた。2年ぶりの再会。
1600528-197.jpg
またこうして会えるなんて・・・。

チュリア通りから程近いホーカーのレッドガーデンRed Gardenへ。ここへ連れてきてもらうのも2回目だ。
1600528-198.jpg

バンコクにはこういう屋外のホーカー的な屋台街が少ないので(プラカノンの駅近くのあそこくらいしか知らない)、この賑わいが嬉しい。
1600528-202.jpg

いろんな料理があり過ぎて目移りする。本当にこの多様性ときたら!
1600528-200.jpg

1600528-201.jpg

1600528-203.jpg

ペナンで初めて食べたフライドオイスター(牡蠣の卵炒り)を久しぶりに食べる。マレーシア人もシンガポール人も認める食の島ペナン!
1600528-204.jpg

福建麺が探せず福建炒麺に。でも美味しい!
1600528-208.jpg

雷雨になり、場所移動。大雨の音で大声で話さないと聴こえないくらい。
1600528-205.jpg
初日からハイスピードでタイガービール痛飲。
日付が変わる頃、Sさんに送ってもらってホテルへ戻った。

一旦部屋に戻るもなんとなく去り難く、一階のバーの外の席に座った。
1600529-003.jpg

カキリマ(五脚基)の柱のぶっとい文字にきゅんきゅんする。
1600529-008.jpg

南の島ということで、ロングアイランドティーをオーダーした。
1600529-005.jpg

◆FD401 DMK-PEN

Chulia Court the Tavarn

DMK
20160528DMK.jpg

PEN
20160528PEN.jpg

バンコクからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です