2016年5月30日(月)【マレーシア/ペナン】ジョージタウンとペナンヒル

この裏庭ともお別れの朝。
1600530-001.jpg

1600530-002.jpg
ちなみに今日は欠勤しました。(勤務1年未満だからまだ有休がない。)

雨が降りそうな中、外へ。
1600530-003.jpg

Lebuh Carnarvonを歩く。
1600530-005.jpg

朝8時、昨日通った市場は今朝はまだ開いていた。
1600530-009.jpg

Lorong Seckchuanという路地をチュリア通りへ引き返す。
1600530-011.jpg

1600530-012.jpg

1600530-013.jpg

チュリア通り再び。
1600530-017.jpg

1600530-022.jpg

ここもまた久しぶりのカピタンクリンモスク Masjid Kapitan Keling。
1600530-027a.jpg

ドームとミナレットを一緒にフレームに収めるのが難しい。
1600530-027.jpg

カピタンクリンモスクのすぐ近く、慈済宮。
1600530-028.jpg

その隣は葉公司 Yap Kongsi。葉さんの会館と寺院。
1600530-030.jpg

昨日も歩いたLebuh Cannon。
1600530-035.jpg

こういった壁画が撮影ポイントになる。
1600530-036.jpg

時間色の壁。
1600530-038.jpg

突き当たりにはアチェモスク Masjid Jamek Lebuh Ache。
1600530-037.jpg

モスクの奥は覗き込んだだけ。
1600530-041.jpg

1600530-042.jpg

土地神様がどの柱にも。
1600530-043.jpg

Cannon通りを戻り、昨日も来た福徳祠。
1600530-046.jpg

ここからはカピタンクリンモスクの全体がよく見える。
1600530-047.jpg

チュリア通りに戻り、リトルインディア方面へ。
潮州会館。
1600530-048.jpg

1600530-052.jpg

かわいいモスクがあった。
1600530-054.jpg

その手前にあったRos Mutiaraレストラン。
1600530-060.jpg

1600530-055.jpg

1600530-056.jpg

テタレッとロティトゥロー(卵)の朝食にした。
1600530-059.jpg
先月KLで食べたのよりパサパサしていて、でもこれは好みの問題でこういうものかもしれないし、美味しいことは美味しかったが、KLのHUSEN CAFEのロティチャナイが恋しくなってしまった・・・。

朝まだ早いリトルインディア、Lebuh Kingをじゃらんじゃらん。早過ぎて静かだ・・・。
1600530-061.jpg

1600530-062.jpg

1600530-063.jpg

1600530-064.jpg

Lebuh Kingを歩いていくと、3つ寺院が連なっているところに出た。
1600530-068.jpg

1600530-074.jpg

1600530-073.jpg

1600530-075c.jpg

そのまま海沿い大通りの方へ。
1600530-079.jpg

昨日ターリを食べた辺り。
1600530-081.jpg

海沿い道路を越えて海を見に行きたかったが、交通量が多いのと近くに行きたいフードコートがあるのとで、あとでチェックアウトしてから出直すことにする。
1600530-083.jpg

ペナンストリートを引き返す。
1600530-085.jpg

聖ジョージ教会。
1600530-086.jpg

またまた観音寺の前を通りかかる。
1600530-092.jpg

1600530-093.jpg

その脇の辻にあった祠に目が行った。手前は観音様、奥はヒンドゥーの祠で、ガネーシャさんの像があった。
1600530-095.jpg
この時お参りをしていたのは華人さんだった。

シンガポールのWaterlooストリートでも、華人さんやヒンドゥー教のタミル人がお互いの寺院に手を合わせる様子を見た。
1600530-095b.jpg

1600530-097.jpg

Lorong Pasarを通って宿方面へ。
1600530-098.jpg

1600530-100.jpg

1600530-104.jpg

1600530-102.jpg

昨日も見たけれどこの曲線が美しい。
1600530-106.jpg

ホテルのちょっと先にある小さな小さなモスクMasjid Jamek Alimsah Warley。
1600530-115a.jpg

1600530-115.jpg

さて、部屋に戻り荷物をすべて持って、チェックアウト。昨日のマネージャー氏が今朝もいて、荷物の少なさに驚かれる。
すったもんだしたチェックインだったが、エクスペディアからもコンファームとごめんなさいの連絡があったそうで、RM100のデポジットを返してもらい、退出。いい宿だった!
1600530-128.jpg

チェックアウトの後は何も考えずコムター方面へ。
1600530-133.jpg

Jl.Pintal Taliを歩いていると右手奥に祠が見えて寄り道。
1600530-142.jpg

そこを突っ切って、賑やかなLebuh Cintra。
1600530-140.jpg

ちょっとした大通りを横切り・・・
1600530-152.jpg

ひたすらコムターへ。
1600530-155.jpg

遂に来た、ひっっっっっさしぶりのコムター。
1600530-158.jpg

前回コムターに来たのはペナン島初上陸だった2007年
以前来た時はコムターの土台部分は天井も低くテナントが少なくがらーんとしていて物悲しかった。
1600530-163.jpg
今は改装され少しは明るくなったがなんとなくまだ場末感が抜けない。

で、1階のインフォメーションカウンター。
1600530-159.jpg
展望階に上がる方法を聞いたら、リノベ中で上がれないと言われた。がーん!!

こんなステキなロゴマークもできちゃって。
1600530-160.jpg
久しぶりにジョージタウンの赤甍の海とエメラルドの海を見渡そうと思ったのに、思いっきり目論見が外れてしまった。

プランギンモールの前はバスターミナル。
1600530-165.jpg

そのはずれのJl.Riaに無料シャトルバスのバス停がある。
1600530-167.jpg

マレー系女性の一団、カラフルできれいだなぁ・・・。
1600530-169.jpg

結構待った。他のバスがみんな左折してバスターミナルに入っていく中、1台だけ直進してきたこのバスが無料バス。
1600530-171.jpg

観光客も地元民もみんな利用する。
1600530-173.jpg

ルートはかなりジグザグで、途中どこ走ってるかホントわかんなかった。
1600530-175.jpg

1600530-177.jpg

1600530-179.jpg

観音寺。
1600530-180.jpg

1600530-183.jpg

ライト通りLebuh Lightに出て、エスプラネードパーク前でバスを降りた。
1600530-184.jpg

目的はこのフードコート。
1600530-186.jpg

1600530-211.jpg

1600530-188.jpg

Sさん、Mさんから強く勧められていたMee Sotongを食べに来た。「イカ麺」。
1600530-187.jpg

最初ナポリタン!?とびっくりしたが、日本でいう甘いのしいかのタレのような味だった。美味しい!
1600530-190.jpg
大人気なようで、どんどん出る。

食後はフードコートの奥の公園へ。
1600530-209a.jpg

コーンウォリス要塞。
1600530-199.jpg

そして、海へ。
1600530-200.jpg

確かに美しい海ではないけれど、私はこの淡いエメラルドの海が本当に大好きだ。
1600530-207.jpg

1600530-201.jpg

リゾート方面。次はあっちの方へも行ってみたい。
1600530-200a.jpg

さて、やっぱり私は碧い海と赤い甍を高いところから見下ろしたい!・・・というわけで、初めてUberのアプリを落として使ってみた。バスが安いのは重々承知だけれど、フライトを控えて冒険もできない・・・。
1600530-215.jpg
ドライバーは結構なお父さんだった。

1600530-220.jpg

Masjid Negeri Pulau Pinang。
1600530-225.jpg

1600530-226.jpg

到着したのはペナンヒル。料金はRM11とかそんなだった。
1600530-229.jpg

1600530-228.jpg

ケーブルカーに乗り、山の上からジョージタウンを見下ろそうかと・・・
凄いQueue!!!
1600530-230.jpg
チケットカウンターへの行列がとんでもない。何重にも折れ曲がって続いている。

完全に心が萎えたものの、ここまで来て帰るのも癪なので、ふと気づいたFAST LANEという入り口へ行ってみる。
1600530-231.jpg
外国人は往復RM60払えば優先乗車できるという金目なチケットでしたよ。

ええ、金に物を言わせました。
1600530-232.jpg
・・・フライト控えてなかったら絶対こんなの買わない。でもこの混みっぷりは二度とペナンヒルへも来ないレベルなので(人混み嫌い)、最初で最後のペナンヒルだからと奮発。

折り返しのケーブルカーが到着すると、優先乗車組が先に通される。
1600530-233.jpg

すし詰めケーブルカー出発。
1600530-236.jpg

1600530-238.jpg

結構あっという間に山上に着いた。
1600530-239.jpg

ジョージタウン!!
1600530-249.jpg

1600530-244.jpg

さっき通ってきた州立モスク。
1600530-241.jpg

ペナンブリッジ。
1600530-242.jpg

上れなかったコムター。
1600530-247.jpg

1600530-249c.jpg

お菓子を食べていた人が猿に奪われたらしい。
1600530-253.jpg

1600530-257.jpg

1600530-269.jpg
明らかにええもん食っとるなっていうでっぷりとした男児がふざけて猿を挑発し飛びかかられそうになっていた。親も危険が迫るまで注意もせず、猿に逆ギレ。こうして東南アジアの中流以上の家庭の子は甘やかされて危機センサーが貧弱になっていくんだろうなぁ・・・。

とにかくもう観光客が凄いので、さらに上の方にあるバーカフェのようなところに避難しシャンディガフを1杯飲んだ。
1600530-298.jpg
スクールホリデーめ!

ここでゆっくりズームで風景を撮影した。
1600530-296a.jpg

1600530-280.jpg

バタワースとを行き来するフェリーが見える。あれに乗ったのももう10年ほど前・・・。
1600530-295.jpg

1600530-279b.jpg

帰りもまた大行列を横目に・・・持っててよかったFAST PASS。
1600530-303.jpg

なかなかの急勾配・・・先頭車両に乗っていると結構スリルある。
1600530-312.jpg

一心に動画を撮る人。
1600530-324.jpg

廃駅かな?
1600530-326.jpg

すれ違いもある。
1600530-332.jpg

1600530-340.jpg

到着。
1600530-343.jpg

ケーブルカー駅の近くの住宅?のVoid Deck(ってマレーシアでも使うんだろうか)にあった屋台でナシアヤムを食べた。
1600530-344.jpg

帰りはジョージタウンへ戻ることも考えたが、疲れていたのか空港へ直行することにした。
1600530-347.jpg
Uberでまた車を呼んだ。

ここでUberの仕組みを知らず失敗した。後になってその失敗に気づいた。反省・・・旅が久々過ぎて、私の危機管理センサーも鈍っていたようだ。
1600530-355.jpg

もう単純にマレーシアへの入国は50回を超えるというのに、まだ新鮮な発見もあり、新鮮な失敗もする。
1600530-357.jpg

空港到着。
1600530-363.jpg

1600530-366.jpg

エアアジアのカウンター前が長蛇の列で衝撃を受けたが、全員荷物チェックインの人たちだった。荷物のない私はドキュメントチェックだけ。
1600530-368.jpg

職場へのお土産を買った後、無難なコピティアムに入った。
1600530-370.jpg
2年前もここでSさんと最後のお茶をしたんだった
1600530-373.jpg

ロジャックとレモンティー。
1600530-372.jpg

携帯の充電が危ういので、出国。
1600530-377.jpg
制限区域にはデバイス充電用スペースもある。

旅が終わる・・・。
1600530-379.jpg

しぶとく何か食べる。
1600530-383.jpg

たとえそれが普通のハンバーガーであっても、旅の空の下で食べたいのだ。
1600530-384.jpg

なんの気なしに入ったけれど、可愛いカフェだったな。
1600530-382.jpg

私たちの翼が来て、搭乗準備。
1600530-386.jpg

1600530-381.jpg

搭乗。ペナンJumpa lagi・・・。
1600530-390.jpg

あれ、私こんなのいつ撮ったっけ?
1600530-387.jpg
帰りの席は通路側。着席してびっくり、窓際に座っていたのは昨晩と今朝ホテルのバーで見かけてちょっとだけ挨拶をしたコリアンの女の子だった。

今回もイミグレはスムーズで、コリアンのお嬢さんの荷物が出てくるのを待ち、一緒にA1バスでモーチットまで。
1600530-392.jpg
最後に記念セルフィーを撮ったが、そういや名前も聞かずじまい(苦笑)。まあ、一期一会だよね。

◆FD402 PEN-DMK

PEN
20160530PEN.jpg

DMK
20160530DMK.jpg

バンコクからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です