2006年2月2日(木)・3日(金)【シンガポール・マレーシア/バトゥパハ】初めての一人旅/初めての国境越え(徒歩)/憧れのバトゥパハ

📩過去の旅日記です。

シンガポールへ

寒い寒い郡山を発つ。
20060202-001.jpg

千葉交通のバスだった。
20060202-002.jpg

ドキドキしながらチェックイン。
20060202-006.jpg

以前はスマホなんて当然なかったから・・・10分100円でも使っていたなぁ。
20060202-007.jpg
お、これは昔作っていたウェブサイト(笑)。

ノースウエスト航空、この時は燃油も込みで往復3万円だったんですよ・・・。
20060202-008.jpg

あの時のワクワクが今も蘇る。
20060202-009.jpg

この時IFEにあった「Bejeweled」というゲームの音楽にハマってしまって、今も時々YouTubeで聴く。
20060202-010.jpg

いつも楽しみだったNWプレッツェル。
20060202-011.jpg

行き先はシンガポール。タイガーでフライング。
20060202-012.jpg

機内食。
20060202-013.jpg

興奮で眠れるはずもなく、深夜のチャンギ到着。
20060203-001.jpg
写真の2人は私の席と同じ列の人たちで、意気投合していた。

20060203-002.jpg

そうか、春節の時期だったんだな・・・。
20060203-003.jpg

トランジットホテルで一泊

トランジットホテルを予約していた。初めての一人旅、深夜に街に出るなんて当時は考えられなかった。英語にも自信がないし・・・。
20060203-004.jpg
あれから7年後、そこにはシンガポールで元気に働く私の姿が!なんて・・・そんな人生誰が想像したろう。

今もあるんだろうかあのトランジットホテル。
20060203-005.jpg

やたら広い部屋で怖いくらいだったな。
20060203-006.jpg

20060203-007.jpg

20060203-008.jpg

窓の外にはナイトステイ機が翼を休めていた。
20060203-009.jpg

さて、よくわからないがトランジットホテルは制限区域内だったんだろうか?そうだったんだろうな。確か当時、預け入れ荷物があると入国しなきゃいけないからトランジットホテルは使えないという注意書きをネットで見た気がする。
20060203-010.jpg

20060203-011.jpg

チャンギは当時から無料でネットができた。今でもそれなりに有用だと思う。携帯のバッテリーだって惜しいし。
20060203-012.jpg

国境へ向かう

シャトルでMRT駅へ移動。
20060203-013.jpg

20060203-014.jpg

20060203-015.jpg

切符を買うのもドキドキでしたよ。
20060203-016.jpg

そうこれこれ。今はもう紙に変わっちゃいましたね。
20060203-017.jpg

初MRT、こんなプラスチックのシートにも感動していた。
20060203-018.jpg

タナメラで乗り換えを終える頃にはすっかり朝になっていた。
20060203-019.jpg

20060203-020.jpg

MRTをブギス駅で下車、朝まだ早いアラブストリート界隈をおっかなびっくりクイーンストリートへ。
20060203-021.jpg

20060203-022.jpg

星柔快車 JB Express乗車。
20060203-023.jpg

この切符も多分今はSGD2.50(じゃなかったっけ?)。
20060203-024.jpg

クイーンストリートターミナルを出発。
20060203-025.jpg

緊張していたのか乗車中の写真はない。ウッドランズで下車。
20060203-026.jpg

徒歩で国境越え

再び同じバスに乗る場所を越えて・・・
20060203-027.jpg

コーズウェイの方へ歩いて行った。
20060203-028.jpg

この時はまだ歩けたんですよ。
20060203-029.jpg

トンネルを抜けるとそこはコーズウェイ。
20060203-030.jpg

シンガポール側。
20060203-031.jpg
初一人旅で緊張していたけれど、本当にこの時歩いて良かった。その後ここは徒歩越境禁止になってしまったから。

向こうをマレー鉄道が走っていく。いつか乗りたいとこの時思ったなぁ・・・それから何回も乗っちゃったもんだ。
20060203-032.jpg

キャスターもついていたバックパックをゴロゴロ頃がして、徐々にウッドランズが遠くなる。
20060203-033.jpg

JBが見えている。
20060203-034.jpg

ジョホール水道。
20060203-035.jpg

20060203-036.jpg

JBがだいぶ近くなる。
20060203-037.jpg

ここで国境の小さな小屋を越えた。その時小屋の脇にバイクの人が休んでいて(?)、なんだか気が引けて写真を撮れなかった。それまでも通り掛かったバイクや車にクラクションを鳴らされたりしてすっかり萎縮していた(笑)。
20060203-038.jpg
少し過ぎてから振り向いて写真を撮った。これが国境の小屋です。

コーズウェイは橋ではなく堰堤だ。
20060203-039.jpg

さあ、JB。このイミグレも今はもうない。
20060203-040.jpg

シンガポールがあんなに遠くなってしまった。
20060203-041.jpg

バスでバトゥパハへ

イミグレでマレーシア入国。当時からJBは怖い街だとガイドブックに頭に叩き込まれていたのでカメラも向けずそのまますぐにまた赤いJBエクスプレスに乗って、ラーキンバスターミナルを目指す。
20060203-042.jpg
まさか数年後に、ミラーレス一眼をぶら提げながらJBの街を撮り歩く日が来るとは・・・。(でも私の友達の彼、JBで通り魔に角材で殴られたりしてますからそれなりに注意はして下さい。)

やっぱりショップハウスは撮るんだな。
20060203-043.jpg

20060203-044.jpg

15分ほどでラーキンバスターミナル到着。
20060203-045.jpg

20060203-046.jpg

いろんなお店が入っていて緊張したけれどワクワクした。
20060203-048.jpg

バスターミナルでまず最初に寄ったのがDiGiのショップ。
20060203-047.jpg

当時の私はSIMカードという概念を理解するのは確かちょっと大変だった気がする。でも我ながら用意周到だと思うのが、海外用GSM携帯を手に入れていたこと。
20060203-050.jpg
このGSM携帯はその後永らく私の旅の相棒となった。

あ、そういえばバスのチケットも買えたんだな・・・今日の目的地はバトゥパハBatu Pahat。当時最も訪れたかった場所だ。
20060203-049.jpg
この時乗客は私ともう一人マレー系のおばさんのみ。話し掛けてくれたけれどマレー語だったことが私にとっては超衝撃だった。当たり前なんだけれど。でもそれまでのマレーシアは主にKLで、英語だけで十分だったから・・・これが「初めての一人旅」というものなんだなぁ(しみじみ)。

もうね、車窓の何もかもが愛おしいというか。モスクも、ヤシのプランテーションも、行き先標識も、イオンカードの看板も。
20060203-051.jpg

20060203-052.jpg

20060203-054.jpg

20060203-055.jpg

20060203-056.jpg

どのくらい乗ったのかなぁ、1時間半か2時間くらいかなぁ。(その後も何度か行ったのにまったく覚えない。)
20060203-057.jpg
バスはアイルヒタムAir Hitamでハイウェイを降りた。

街は街で楽しいのだ。
20060203-058.jpg

20060203-059.jpg

SHARPの工場があったことに酷く感動した。こんな、全然メジャーではない(と当時は思っていた)街に・・・。ちなみにバトゥパハの手前、スリガデンとかその辺だったと思う。
20060203-060.jpg
この近くには富士通もあった。

初めて見た、赤新月の救急車。
20060203-061.jpg

街に近づいているのがわかる。
20060203-062.jpg

20060203-063.jpg

青が好きな私は一瞬見えたこのモスクにはっとした。
20060203-064.jpg
2013年にこのモスクへ行った。Masjid Jamek Sultan Ismailという。

もうバトゥパハ旧市街、この先左折してしばらく走ればバスターミナル。
20060203-065.jpg

バトゥパハ

バスターミナル近くのガーデンホテル Garden Hotel Batu Pahatに部屋を確保した。
20060203-085.jpg

窓から見る風景に息を飲んだ。
20060203-066.jpg

馬来半島ジョホール州、バトパハ(Batu Pahat 峇株吧轄)へ。正午、シンガポールをバスで出発し、ジョホール・バルを経て、午後五時ちかく、灼けた丘陵を幾跳躍、水ちかい空の放たれたにぎやかさのなかに、あがってゆくしゃぼん玉のようなバトパハの街をのぞむ。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

この街に来たかったのはひとえに金子光晴の「マレー蘭印紀行」や「西ひがし」の舞台を見たかったから。しかもこの街は当時の面影をふんだんに残しているから堪らない。
20060203-067.jpg
ちょっと鐘楼が見えている。金子光晴が滞在した旧日本人クラブのあった建物。一休みしたらあそこまで行こう。

バスターミナル。今は手前の黄色い建物は色が変わった。
20060203-068.jpg

街の向こうは森。海まではまだ距離がある。
20060203-069.jpg

ところで、ホテルは古くボロかった。
20060203-072.jpg

20060203-071.jpg

20060203-074.jpg

20060203-075.jpg

20060203-076.jpg

でもこの風景は嬉しい。
20060203-073.jpg

年季の入った廊下。
20060203-077.jpg

またまた中略、ホテルから歩くこと10分ほどで旧日本人クラブのあった川沿いの建物に来た。当時はまだ道端でバシバシ写真を撮るなんてことは(心配性で)できなかった。
20060203-078.jpg
バトゥパハは時間が止まったような街だ。だから何度も訪れたくなる。

向かいは金子光晴が食事をした「岩泉茶室」のあった場所らしい。
20060203-079.jpg

バトゥパハ川沿いのホーカーに恐る恐る入った。
20060203-083.jpg

そして恐る恐る食事をした。
20060203-081.jpg
やたらシンプルなチキンライス。でも確かRM3とかそんなんだった。

水分を摂ってどれだけほっとしたことか。
20060203-080.jpg

ホーカーのすぐ裏のバトゥパハ川。
20060203-082.jpg

街のつきあたりに、満水のバトパハ河のうちひらけるのをながめたとき、私は、しおやまみずのいりまじった水のなかに、頭からずんぶりとつけられたような気がした。そのバトパハ河にそい、ムアにわたる渡船場のまえの日本人クラブの三階に私は、旅装をとき、しばらく逗留することになった。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

街が基本的に往時のままであろうことは容易に想像がついた。
20060203-084.jpg

バトパハの街には、まず密林から放たれたこころの明るさがあった。井桁にぬけた街すじの、袋小路も由緒もないこの新開の街は、赤甍と、漆喰の軒廊(カキ・ルマ)のある家々でつゞいている。森や海からの風は、自由自在にこの街を吹きぬけてゆき、ひりつく緑や、粗暴な精力が街をとりかこんで、うち負かされることなく森々と繁っている。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

ホテルに戻った。ロビー片隅の土地神様に惹かれた。
20060203-086.jpg

部屋に戻った。緊張もしていたし、暑い中歩いて少し疲れていたと思う。
20060203-087.jpg
でも部屋の窓から街を眺めるのは好きだ。緊張を解いてぼーっとしていられるから。

しばらくすると天気雨になった。
20060203-088.jpg

南郊バナン山から、こらえ情のない驟雨(スコール)がおりてくると、かわいていたものは息をつき、クラブの水浴(マンデ)場の石の窓ぶちにのせた鉢植の蘭や紅芋の葉はたちまち濡色を増す。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

干したままの洗濯物。
20060203-089.jpg

雨も止んだ夕方、また外へ出た。
20060203-091.jpg

ホテル隣のヒンドゥー寺院。
20060203-092.jpg

20060203-093.jpg

向かいは廃映画館。
20060203-094.jpg
次に訪れた時は生活雑貨屋になっていた。

バスターミナルへ行き・・・筆談!
20060203-095.jpg
自信がなかったんだなぁ・・・でも、頑張ってたなあ自分!

明日のマラッカ行きのチケットを無事購入できた。
20060203-096.jpg

そのままターミナルの先へ行き、環球(The Store)のCDショップで大好きな歌姫のCDやVCDを買った。
20060203-097.jpg

また部屋に戻っている。この頃は出ては引っ込み出ては引っ込み・・・。
20060203-099.jpg

でも、空の色にすら感動していたお年頃。
20060203-101.jpg

バトゥパハの街に夜がやってくる。
20060203-102.jpg

20060203-103.jpg

20060203-104.jpg

ホテル近くのMK(Makanan Kampung)というカジュアルなレストランに入った。
20060203-108.jpg
次行った時はもうなかったな・・・。

ミーゴレンを食べた。
20060203-107.jpg
一食一食クリアすることすら自分にとっては大イベントで、食事に成功すると経験値を一つゲットしたような誇らしい気持ちになっていたものだった。

夜もまた街を眺めて、「マレー蘭印紀行」を読んで寝た(はず。持ってきていたはず)。
20060203-109.jpg

山川の寂寥がバトパハぐらいふかく骨身に喰入るところはなかった。
夜のふけるに従って、冷気がしのびよってきた。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

◆NW5 NRT-SIN
◆Ambassador Transit Hotel泊
ガーデンホテル Garden Hotel Batu Pahat

NRT
20060202NRT.jpg

SIN
20060203SIN.jpg

Woodlands
20060203WL.jpg

JB
20060203JB.jpg

2006年 マレーシア(Batu Pahat, Melaka, KL)・シンガポール の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です