2006年2月7日(火)・8日(水)【マレーシア・シンガポール】マレー鉄道で南下/旅の終わりはシンガポール


2006年 マレーシア(Batu Pahat, Melaka, KL)・シンガポールの記事

📩過去の旅日記です。

朝、なんとまだ暗いうちにKさんご夫妻が肉骨茶の朝食に連れていってくれた。
20060207-009.jpg

ご主人様が子供の頃から、まだこのお店が有名になる前から家族で来ていたという「新峰肉骨茶」。
20060207-003.jpg

20060207-002.jpg

20060207-004.jpg

20060207-005.jpg

食べ終わる頃には外は明るくなっていた。
20060207-008.jpg
PENSONICは私の大好きな俳優・女優をイメージキャラクターにしたのでそのネーミングセンスに反して私の中では好感度高い。

KLセントラル駅に送ってもらい、お別れした。
20060207-013.jpg
知り合ってから数年おきにお会いできている貴重な友達です。

さて、今日はこれで長距離移動。
20060207-011.jpg

予約したのはEkspress Sinaran Pagi(=朝の光)5号。
20060207-012.jpg
プリントしていたマレー鉄道のEチケットをカウンターに見せたら飲み物のバウチャーが貰えた。バウチャーがなくても一等車はみんな貰えるはずだけど。

ホームに通されたのは出発時刻の少し前。
20060207-014.jpg
憧れの機関車を慌てて撮影。

一等車は窓にもフィルムが貼ってある。
20060207-016.jpg

20060207-018.jpg

1:2の座席、予約の時に座席も選ぶことができたため、1人掛けの方を選んだ。
20060207-017.jpg
小振りのバックパックが余裕で置けるシートピッチ。

そして列車は出発した。
20060207-019.jpg

昨日来たミッドバレーメガモールを通り過ぎる。
20060207-020.jpg

20060207-021.jpg

車掌さんの検札がある。
20060207-022.jpg

アテンダントさんが飲み物を配ってくれる。
20060207-023.jpg

3in1的なのをお願いした。
20060207-026.jpg

20060207-024.jpg

カジャンKajang駅。
20060207-025.jpg

マレー鉄道はかつて錫を運ぶための路線だった名残で市街地から遠いところを走っている。
20060207-027.jpg

20060207-028.jpg

そのため駅も街外れの辺鄙なところにあることが多いようだ。
20060207-030.jpg

ヌグリスンビラン州都スレンバンSeremban、電化しているKTMコミューターはここでお別れ。
20060207-031.jpg
ここで1時間半ほど。

20060207-032.jpg

トイレに入ったら日本の名残を見た。この車両もまた東南アジアのご多分に漏れず第二の人生を送る日本の車両だった。
20060207-033.jpg

車窓はただもうのどかで緑。
20060207-034.jpg

20060207-035.jpg

20060207-036.jpg

2時間ほど乗ってタンピンTampin駅、鉄道を使ってマラッカへ行くツアーなんかはここで下車するけどマラッカまではまだここから車で40分くらいかかる。

20060207-038.jpg

タンピン駅近くの大きな寺院。
20060207-039.jpg

Kさんに昨日「明日列車で食べてね」といただいたMr.Potatoを食べながら、地図で現在地を辿るのが楽しい!
20060207-040.jpg
今はもうGoogleマップで追いかけるんだもんなあ・・・ほんの10年前なのに、隔世の感。

この辺から本格的に人里離れた感じ。
20060207-041.jpg

Batang Melaka駅。
20060207-042.jpg
乗車してから2時間半ほど。

20060207-043.jpg

鉄道ファンの間では名の知れたグマスGemas駅はマレー鉄道の東海岸線との分岐点。
20060207-044.jpg

この時は見逃したがホームの先の方に蒸気機関車が置かれている。
20060207-045.jpg

20060207-046.jpg

20060207-047.jpg

ハイウェイか跨線橋か。
20060207-048.jpg

コピスス色の川は森の色。
20060207-049.jpg

カンポンの風景も楽しい。
20060207-050.jpg

車内は安全だということが解ってきたので荷物を置いて食堂車へ行ってみる。
20060207-051.jpg
連結部分怖い。

食堂車。
20060207-052.jpg

まさかのインスタントヌードル。私の記憶が正しければこの時これしかなかったような・・・。
20060207-054.jpg

でも列車の中でマギミーを食べたということが嬉しくて、マギミーについてくるプラスチックの小さなフォークを旅の後もしばらく思い出に残しておいたほど。
20060207-053.jpg

Labis駅でずいぶん長いこと停車していた。列車行き違いだったかどうか覚えていない。
20060207-055.jpg

長い列車に横断を阻まれた下校の子供たちが列車の端まで来て線路を渡っていた。
20060207-056.jpg

20060207-057.jpg

ジョホール州の中でも大きい方の街の一つクルアンKluang駅。
20060207-058.jpg

20060207-059.jpg

クルアンで4時間半が経過。
20060207-060.jpg

初めての一人旅のこの時は警戒心全開で、こうして安全に外を眺めていられてそのまま移動もできるということは本当に楽しくて、何時間乗っても気にならなかった。
20060207-061.jpg

踏切が手動なことにも感動していた。
20060207-062.jpg

クライKulai駅で5時間半経過。
20060207-063.jpg
この時はわかっていなかったけれど、クライまで来ればもうJB圏。

20060207-064.jpg

この造成地もイスカンダル計画の一端だったんだろうか。
20060207-065.jpg
あれ、でも2013年に最後に乗った時もわりとここは絶賛造成中だったような・・・。

Kempas Baru駅はJBの隣の駅。
20060207-066.jpg

こうして列車はいきなり都会に滑り込む。
20060207-067.jpg

20060207-068.jpg

20060207-069.jpg

20060207-070.jpg

JB駅ではイミグレの審査官が乗り込んできて、その場で出国審査が行われる。
20060207-071.jpg

手書きの出国「印」には感激した。
20060207-072.jpg

全員の審査が終わり、いよいよコーズウェイだ。
20060207-073.jpg

4日前に歩いて渡ったコーズウェイを結構なスピードで通過する。
20060207-074.jpg

ジョホール水道、ただいま!
20060207-075.jpg

一瞬とらえた。国境ここ!
20060207-076.jpg

そして迫りくるウッドランズの要塞。
20060207-077.jpg
(今こうして見ると、シンガポールで働いていた時に週末ここに帰ってきて憂鬱になったことを真っ先に思い出しておもしろい・・・。)

ウッドランズのトレインチェックポイントはいわゆるイミグレからはちょっとだけ離れたところにある。
20060207-078.jpg
JBと違ってここでは全員荷物を持って一旦下車して入国審査を受けねばならない。

全員乗車するまで待つ。
20060207-079.jpg
DiGiだった電波がいつの間にかSingTelにローミングしていた。

再び列車は出発。シンガポールの象徴HDB群が見える。
20060207-081.jpg

ところが何もないReservoirの森のようなところで列車はしばらく動かなくなってしまった。
20060207-082.jpg
車掌さんが何か言いながら歩いていったけれど聴き取れるだけのリスニングスキルはなかった。

暇なので食堂車まで行ってみたけれどもう何もなかった。
20060207-083.jpg

車掌さんは何かをじっと見つめていた。
20060207-084.jpg

30分ほど遅れて、列車はシンガポール駅(KTMタンジョンパガー駅)に到着した。
20060207-086.jpg

列車はすぐに車庫(?)に帰っていった。この時だったかな機関士さんか誰かが手を振ってくれて感激したの。
20060207-087.jpg

シンガポール国内のマレー鉄道の敷地はシンガポールに返還され、今このタンジョンパガー駅はその役目を終えてしまった。
20060207-088.jpg

駅構内のホーカーからもうマレーシアが始まっているような、素敵な駅だったのに。
20060207-089.jpg

20060207-090.jpg

この時、MRTのタンジョンパガー駅を探すのに苦労したような記憶があるけれど、なんとか見つけたらしい。MRTでブギスへ。
20060207-091.jpg

20060207-092.jpg

ブギス駅の近くにあったNew 7th Storey Hotel・・・このホテルもダウンタウン線のブギス駅になってしまって今はもうない。
20060207-094.jpg

もうこの頃シンガポールの宿泊費は高騰を始めていたと思うけれど、確か5,000円くらいでまともな宿に泊まれる数少ないホテルだった。
20060207-093.jpg

20060207-095.jpg

でもそれでもバストイレなしの部屋にして節約した。
20060207-096.jpg

このホテルの最上階のパテオは本当に居心地が良かった。
20060207-097.jpg

20060207-098.jpg

ここにはドミもあり、バックパッカーが滞在するにはいい宿だったけれども、シンガポール自体がバックパッカーの財布に優しくない国になってしまった。
20060207-099.jpg

共有スペースも充実していた。
20060207-100.jpg

古いエレベーターは手動で、アロハを着たおじさんが操作してくれたものだった。
20060207-101.jpg
そういえば夜間なんかはどうしていたんだろう?

当時はありがたかったインターネットスペース。
20060207-102.jpg

夕暮れ、部屋の窓から。
20060207-103.jpg
今気づいたけれどカラフルなローチョーセンターが見える。このローチョーセンターも間もなく消えてしまう・・・。

20060207-104.jpg

夕飯を食べに外へ出た。
20060207-105.jpg
これが今は亡きホテルの外観。

宿の1階にもレストランがあったし、裏手にも何かあったようだ。
20060207-106.jpg

当時はSEIYUが入っていたブギスジャンクションのフードコートでシンガポールらしくラクサを食べる。
20060207-107.jpg

スーパーでお土産買い足し。
20060207-108.jpg

パテオから少し外を見た。
20060207-111.jpg

花火が上がった。
20060207-109.jpg

あまり寝られず、朝4時頃チェックアウト。タクシーを呼んでもらう。
20060208-001.jpg
当時NW6成田経由ポートランド行きはチャンギの始発かなんかだった気がする。

20060208-002.jpg

静かな中を出国。
20060208-003.jpg

20060208-005.jpg

ヘッドレストが折れ曲がることに気づき感動した写真。
20060208-004.jpg

さようならチャンギ・・・初めての一人旅はシンガポールに始まりシンガポールに終わった。
20060208-006.jpg

深夜の機内食。
20060208-008.jpg

夜明け。
20060208-007.jpg

着陸前の軽食。
20060208-009.jpg

成田へ・・・。
20060208-010.jpg
こうして私の一人旅が終わった。これを機に私は年に2回のマレーシア詣でに傾倒していく。まさか数年後にそのまま日本に飛び出すことになるとは思いもせずに・・・。

◆NW6 SIN-NRT

◆New 7th Storey Hotel泊

Stesen KTM JB
20060207JB.jpg

Woodlands Train Checkpoint
20060207SIN.jpg

SIN
20060208SIN.jpg

NRT
20060208NRT.jpg


2006年 マレーシア(Batu Pahat, Melaka, KL)・シンガポールの記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です