2006年11月22日(水)【マレーシア/サンダカン】サンダカン/セピロックのオランウータン


2006年 マレーシア(KK ,Sandakan, Pulau Labuan)・ブルネイ(BSB)の記事

📩過去の旅日記です。

日の出前。
20061122-009.jpg

今朝はもう起こさずに発つことは昨日から伝えてあったので、静かにおいとまする。
20061122-013.jpg

短期滞在も可能なコンド。
20061122-015.jpg

お隣のプロムナードホテルまで歩く。
20061122-014.jpg

20061122-016.jpg

そしてホテルからタクシーに乗った。
20061122-018.jpg

サバ州鉄道の線路の脇を通った。一瞬蒸気機関車の蒸気のようなモクモクも見えたような気がした。
20061122-019.jpg

一昨日はちゃんと見なかったコタキナバル国際空港内部。
20061122-020.jpg
今は確かもうリノベされたんでしたよね。

チエシクイソ。もうこの表示もないんだろうな。
20061122-021.jpg

この時もリノベ中で使われていないスペースとか結構あったと思う。
20061122-023.jpg

使われていないチェックインカウンターで寛ぐにゃんこたち。
20061122-026.jpg

どうやら私の便は遅れるらしい。
20061122-022.jpg

渡されたミールクーポンはとりあえずクロワッサンになった。
20061122-027.jpg

搭乗待合室。日本人ビジネスマンを一人見かけた。
20061122-030.jpg

20061122-031.jpg

私たちの翼は到着していた。今のLCCみたいにものの10分もすれば搭乗開始・・・なんてことは当時まだない。
20061122-029.jpg

向こうにロイヤルブルネイ機を発見し感激する。
20061122-028.jpg
ロイヤルブルネイも今は塗装変わっちゃいましたね。

離陸。海の色に感激した。
20061122-032.jpg

20061122-034.jpg

サンゴ礁をまとった島にも感激した。
20061122-035.jpg

20061122-036.jpg

そして豊かなボルネオの緑と蛇行する河にも感動した。
20061122-037.jpg

20061122-039.jpg

サンダカン到着。
20061122-040.jpg

20061122-041.jpg

到着が遅れてしまったが、この日参加を決めていた現地ツアーのガイドさんとちゃんと合流できた。
20061122-042.jpg
まずはバスで普済寺Puu Jih Shih Templeへ。

20061122-044.jpg

サンダカンの西郊、スールー海を見下ろす山にある。
20061122-045.jpg

20061122-047.jpg

20061122-049.jpg

20061122-051.jpg

サンダカン市街地はこの繁みの向こう。
20061122-050.jpg

この街を選んだのはひとえに「サンダカン八番娼館」ゆかりの地へ来たかったから・・・。
20061122-048.jpg
今でもなお、あんなに泣いたのは後にも先にもあの本だけだ。

その本で知った、日本からこんなに遠い遠い異国の地で明日をも知れない命を紡いでいた女性たち・・・そんな過去を持つ、そして気高い在野の哲学を心に持つ一人のお母さんにこれでもかというほど心を打たれたのでした。
20061122-052.jpg
彼女たちも見つめていたであろうスールー海はきっと当時と同じ色だ。

20061122-054.jpg

バスに戻り、寺院を後にする。
20061122-053.jpg
みんなカップルやコンビで参加していて、ぼっちは私だけ。英語に自信なかったから別にいいんだけども・・・。

20061122-055.jpg

次に訪れたのは聖マイケル天使教会Church of St. Michael & All Angels。
20061122-056.jpg
これは学校だったかな。

市街地に程近い高台にあった。
20061122-057.jpg

20061122-059.jpg

下校時刻の子供たち。
20061122-060.jpg

さて、バスは市街地を通り越して東の郊外へ。
20061122-061.jpg

途中で見えたサンダカン地区モスクMasjid Daerah Sandakan。
20061122-062.jpg

バスを降りたのはカンポンブリシムシムKampung Buli Sim Sim。結構大規模なカンポンアイル。
20061122-063.jpg

何か干してある。
20061122-065.jpg

20061122-066.jpg

子供たちが屈託なくて本当に可愛かった。あれから10年、大きくなったんだろうな・・・。
20061122-070.jpg

20061122-068.jpg

20061122-071.jpg

20061122-072.jpg

20061122-073.jpg

20061122-074.jpg

マレーシアのご多分に漏れず波打ち際はまあゴミだらけだった。(苦笑)
20061122-075.jpg

移動。
20061122-076.jpg

ランチはここ。サバホテルサンダカン。
20061122-077.jpg

20061122-080.jpg

バイキングのランチ。正直何を食べたのかまったく覚えていない。
20061122-078.jpg

20061122-079.jpg
オーストラリアから来たカップルと相席させてもらい、申し訳ない気分に。(笑)
当時はまだ話も弾ませることができなかったしなぁ・・・英会話スキル的に。

さて、バスで30分ほど走りこのツアーのメインイベントであるセピロックSepilokオランウータンリハビリテーションセンターへとやってきた。
20061122-081.jpg

私以外の全員が欧米人。彼らの目的は唯一ここだったろうと思われる。
20061122-082.jpg

ガイドさん。
20061122-083.jpg

森の湿気の中を、オランウータン観察ができるプラットフォームへと歩いてきた。
20061122-084.jpg

20061122-087.jpg

確か、セミの鳴き声が爆音だった気がする。それでも森自体はしーんとしているのがわかる。
20061122-086.jpg

私はプラットフォームの混雑を避けて端っこの木道の上にいたので、森から聴こえる物音にいち早く気付くことができた。
20061122-088.jpg

まず子供のオランウータンが2頭やってきた。
20061122-089.jpg

10年前クオリティのコンデジ(たしかズームは3倍とか)ではこれが限界!
20061122-091.jpg

20061122-092.jpg

20061122-093.jpg

20061122-096.jpg

20061122-097.jpg

20061122-098.jpg

20061122-099.jpg

20061122-100.jpg

20061122-103.jpg

20061122-104.jpg

20061122-105.jpg

20061122-106.jpg

20061122-107.jpg

そして、ごはんの時間が始まった。
20061122-115.jpg

20061122-116.jpg

また2頭楽しそうにやってきた。
20061122-121.jpg

20061122-122.jpg

20061122-123.jpg

20061122-124.jpg

20061122-125.jpg

到着。
20061122-126.jpg

頭を突っ込んで食べる子。
20061122-146.jpg

バナナを上手に食べる子。
20061122-147.jpg

お猿さんもやってきた。
20061122-151.jpg

こっそりお相伴。
20061122-152.jpg

20061122-156.jpg

帰っていくお猿さん。
20061122-166.jpg

20061122-175.jpg

20061122-179.jpg

目の前で食事の様子が見れた子。
20061122-185.jpg

20061122-186.jpg

20061122-190.jpg

20061122-191.jpg

20061122-194.jpg

20061122-196.jpg

20061122-198.jpg

20061122-200.jpg
当時も今もあまり野生動物に強い関心があるわけではないけれど、訪問して良かったセピロックだった。わんわんを飼っている今は人間以外の生き物の暮らしが脅かされるようなニュースがとても気にかかるし、腹も立つ。

プラットフォームを後にした。
20061122-205.jpg

また30分走ってサンダカンへ戻る。
20061122-206.jpg

20061122-207.jpg

20061122-208.jpg

20061122-209.jpg

20061122-210.jpg

20061122-211.jpg

最後に、アグネスキースの家のそばの展望台から街を眺めた。
20061122-212.jpg
今夜泊まるホテルサンダカンHotel Sandakanのすぐ裏手。

20061122-217.jpg

他のツアー参加者はこのまま空港へ帰っていった。私だけホテル前で降ろしてもらった。
20061122-228.jpg

この街では結構大きそうなホテルサンダカン
20061122-227.jpg

20061122-226.jpg

20061122-225.jpg

フロントの男性がどえらい丁寧で感動した。
20061122-223.jpg

部屋はまあ普通(ツイン)。
20061122-221.jpg

20061122-220.jpg

20061122-218.jpg

裏庭ビューだった。
20061122-222.jpg

結局この後は外に出ずに寝てしまった。なんてもったいない!!!
20061122-230.jpg
この頃はまだ本当に夜一人では怖くて出歩けなかった。まして観光客の少ない地方都市では・・・今思えば本当にもったいない、ホテル周辺にホーカーや食堂はあったのだから、怖いなりに近場でいくらでも夕飯を食べることはできたのに。

天井のキブラを見つめながら・・・。
20061122-229.jpg

◆MH2042 BKI-SDK
Hotel Sandaka


2006年 マレーシア(KK ,Sandakan, Pulau Labuan)・ブルネイ(BSB)の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です