2006年11月23日(木)【マレーシア/コタキナバル・ラブアン島】サバ州大移動/ラブアン島


2006年 マレーシア(KK ,Sandakan, Pulau Labuan)・ブルネイ(BSB)の記事

📩過去の旅日記です。

裏庭ビューに朝が来た。
20061123-001.jpg

生活感がadorable。
20061123-002.jpg

20061123-003.jpg

20061123-006.jpg

20061123-007.jpg

朝食も摂らずにタクシーで空港へ向かう。
20061123-009.jpg

20061123-010.jpg

20061123-013.jpg

昨日セピロックへ行った道の途中まで行った。
20061123-015.jpg

20061123-016.jpg

サンダカン空港到着。
20061123-017.jpg

オランウータンが「シェー」してる。
20061123-019.jpg

古いステンドグラス。
20061123-021.jpg

20061123-022.jpg

待合室で何か食べ物にありつけるかと思ったらそうでもなかった。
20061123-024.jpg

さらば、サンダカン。
20061123-025.jpg

20061123-027.jpg

山がちな地形の上を飛んだけれどキナバル山らしき影は見つけられなかったな・・・。
20061123-029.jpg

20061123-031.jpg

20061123-032.jpg

機影。
20061123-034.jpg

飛行機を降りた時に見えたもしかしたらあれはキナバル山かもしれない!
20061123-036.jpg
いつか登りたいと思いつつ・・・10年経ってしまったなぁ。

空港からタクシーでストレートにジェッセルトンポイント(ジェティ)へ。
20061123-037.jpg

次の目的地、ラブアン島Pulau Labuan行きのフェリーチケットを確保した。ジェティFeeも払う。
20061123-040.jpg

フードコートでやっと朝ごはん、ナシルマ。
20061123-039.jpg

20061123-038.jpg

時間があるので周囲を見て回った。
20061123-041.jpg

ジェッセルトンポイントはよく整備されていた。
20061123-044.jpg

20061123-048.jpg

20061123-046.jpg

ジャンキーな船がいる。
20061123-049.jpg

20061123-052.jpg

20061123-051.jpg

細いイカが泳いでいった。
20061123-053.jpg

小奇麗なカフェで休んだ。
20061123-056.jpg

20061123-055.jpg

ハイビスカス味のアイスカチャン。
20061123-057.jpg
そういえばこれから船に乗るのにこんなもの食べて当たったらどうするんだと一抹の不安がよぎったことを思い出した。

いよいよ乗船。
20061123-059.jpg

この船で、ラブアン島まで行く。
20061123-061.jpg

ドキドキの出航。思えばこういう定期フェリーを利用したのはこの時が初めてか。
20061123-064.jpg

20061123-065.jpg

キャビンは低い。
20061123-066.jpg

外海は波が荒かった。でもあらかじめ確かセンパアという酔い止めを飲んでいたと思う。
20061123-067.jpg

20061123-068.jpg

キャビンに閉じ込められ2時間半ほどが経った頃、汚れた窓の向こうに島影を確認。
20061123-070.jpg

20061123-072.jpg

標高のない島がどんどん近づいてきた。
20061123-073.jpg

辺境の一小島なのに分不相応に立派な建物が見えるのはここがタックスヘイブンだから。
20061123-077.jpg

20061123-079.jpg

20061123-080.jpg

コタキナバルを発って3時間弱、ラブアン島に到着した。
20061123-082.jpg

下船。
20061123-083.jpg

ジェティを覗く時間もなくホテル探し。ここでは事前予約できるホテルが見つけられなかった。こんな島で宿無しになったら困る。
20061123-084.jpg

という心配をよそに、狙っていたホテル「Hotel Pulau Labuan」に部屋確保。
20061123-096.jpg

20061123-095.jpg

質素だけれど悪くないホテルだった。
20061123-087.jpg

オリジナルブランド。
20061123-086.jpg

20061123-088.jpg

20061123-089.jpg

テレビはai・・・fa!
20061123-094.jpg

窓の外にはちらほら夜市Pasar Malamが立ちどうにも心安らぐ風景だった。
20061123-092.jpg

20061123-091.jpg

じゃらんじゃらんに出かける。
ラブアン島はKLに次ぐマレーシア2つ目の連邦直轄区Federal Territory=Wilayah Persekutuan。
20061123-097.jpg
Jalan Tun Mustaphaという大通りを歩く。

大通りだけれど交通量も少なく、道路脇ものどかだった。
20061123-098.jpg

20061123-099.jpg

Bunga Kertas咲き乱れる歩道橋へ。
20061123-100.jpg

20061123-101.jpg

このモスクが見たかった!Masjid Jamek An-Nur。
20061123-105.jpg
なんて個性的なんだろう!

落書きはやめなさい!
20061123-103.jpg

中心街へ引き返す。Jalan Tanjung Purunを経てJalan Okk Abdullahを歩いたらしい。
20061123-106.jpg
図書館も入っているらしい公共施設。

あちら、フィナンシャルセンター方面。
20061123-108.jpg

ロータリーの向こうは独立広場Dataran Merdeka。
20061123-110.jpg

博物館。
20061123-112.jpg

ボルネオ地域もまた第二次大戦の激戦地だったところだ。戦跡を避けて通ることはできない。
20061123-113.jpg
旧日本軍の占領下で「MAIDA島」と改名されたと記されていた。

今は平和に、独立広場ではサッカーの試合が行われていた。
20061123-115.jpg

Jalan Merdeka沿いのKFCに入った。
20061123-117.jpg

20061123-118.jpg

KFCはいつも美味しいけれど、このグレービーソースがけごはんは衝撃だった。
20061123-116.jpg

早々にホテルに引っ込んで、窓から外を見ていた。
20061123-121.jpg
せっかくのちらほらパサールマラムへも行かず・・・今こうして思い返すと当時の自分が歯痒くて堪らない。どれだけの機会を自ら逃してきたのかと。

お向かいのビルの中の住居に癒された。
20061123-122.jpg

20061123-123.jpg

本当に眺めるだけで終わってしまった。もったいない・・・。今なら無理して夕飯の二食や三食食べるだろうに・・・。
20061123-119.jpg
でも、このホテルの斜向かいの建物に妙に心惹かれて、その後年賀状に使ったりした。今見返してもなんだかじーんとなる。

◆MH2043 SDK-BKI
Hotel Pulau Labuan


2006年 マレーシア(KK ,Sandakan, Pulau Labuan)・ブルネイ(BSB)の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です