2006年11月24日(金)【ブルネイ/BSB】初めてのバンダルスリブガワン

📩過去の旅日記です。

ラブアンの朝

夜明けちょっと前。シャワーを浴びていたら停電になった。
20061124-002.jpg

20061124-003.jpg

朝のTV1の番組SPM(Selamat Pagi Malaysia)。マレーシアを讃える歌のコーナー。
20061124-004.jpg
歌っていたのはファドリー君(という当時気にしていた歌手)だと思ったけど、今写真を見ると違うような・・・。

すっかり陽が昇る。
20061124-005.jpg

朝食がついていた。
20061124-008.jpg

だいたいどのホテルの朝食ブッフェにもあるチャークイティオは無難。
20061124-007.jpg
(タイでもパッタイがどこにでもあるように・・・。)

チェックアウト時、ロビー。スタッフさんが凄くフレンドリーだったことを思い出したが何を話したか思い出せない。
20061124-009.jpg

あ、そうだ。また来る時はこのホテルにしてねとかなんとか。
20061124-010.jpg

ラブアン島は漢字だと「納民島」と書くらしい。
20061124-011.jpg

フェリーで目指すブルネイ

さて、フェリーターミナル。
20061124-012.jpg

これから向かうのはブルネイ・ダルサラーム。一応国際線フェリーということで出国手続きをした。
20061124-013.jpg

カモノハシみたいなフェリー。
20061124-014.jpg
RAJAWALI号F009便。

さようならラブアン島・・・心安らぐ島だったなぁ。機会があればまた行きたい。
20061124-015.jpg
出航は10時過ぎ。確かこの時私はファーストクラスを選んだ気がする。Upperキャビンだった。この船室は乗客は少なかった。

40分ほど乗った頃、GSM携帯がブルネイのキャリアの電波を拾う。
20061124-016.jpg

かすかに見えた陸地。
20061124-017.jpg

どんどん近づいてくる。
20061124-019.jpg

20061124-020.jpg

ブルネイ上陸

約1時間で、ブルネイのムアラ港に到着。パスポートのスタンプにはMuara Serasaと書いてある。
20061124-021.jpg
そういえばこの時、派手な感じのフィリピン人と思われる英語を話す女の子たちが3人操舵室から出てきた。何か退廃的な空気を感じましたよ・・・。

私の記憶が正しければここの両替所では日本円が替えられず、なけなしのマレーシアリンギを交換した気がする。
20061124-022.jpg
それとも両替できなかったのかな・・・でもそしたらバスに乗れないしなあ・・・忘れてしまった。

20061124-023.jpg

首都バンダルスリブガワンBandar Seri Begawan(BSB)の市街地まで行く紫バスに乗った。
20061124-024.jpg
これは運転席の後ろのグリルです。

あまりののどかさに驚く。
20061124-025.jpg

20061124-026.jpg

20061124-027.jpg

20061124-028.jpg

フィナンシャルセンター。
20061124-029.jpg

道が立派。でも交通量は少ない。
20061124-031.jpg

建設中の、確か議事堂か何かだったと思う。
20061124-032.jpg

20061124-033.jpg

ここはもうだいぶBSB中心部。ほぼ2つしかない大通りの一つ。
20061124-034.jpg

中国寺院もあるんだと驚いた。
20061124-035.jpg
バスターミナルはもうすぐ。

ホテルにチェックイン

バスターミナルで下車。念のためバス路線を撮っておいた。
20061124-037.jpg

ホテルに向かって歩く間にタムTamuの脇を通った。後で来てみよう。
20061124-038.jpg

20061124-039.jpg

今夜のお宿、Jubilee Hotel
20061124-040.jpg
通貨がシンガポールドルと等価のブルネイ、物価は高い。その中で数少ないリーズナブルなホテル。

スタッフさんがとてもフレンドリーだった。
20061124-053.jpg
フロントの奥にはインド系の店員さんのいるコンビニのようなミニマートがある。

部屋は古かった。
20061124-046.jpg

20061124-045.jpg

でもまあ、必要十分。
20061124-043.jpg

ベッド脇のクローゼットが重厚で夜なんだか怖かった。
20061124-052.jpg

窓から、大通りの方角。大通りからはちょっと入る。
20061124-049.jpg

お向かいは大豪邸のように見えた。
20061124-050.jpg

BSBじゃらんじゃらん

さて、じゃらんじゃらん開始。
20061124-051.jpg

早速タムへ来た。
20061124-055.jpg

もう午後で品揃えは薄く気だるい雰囲気が流れていたけれど、それはそれで良し。
20061124-056.jpg

20061124-057.jpg

20061124-059.jpg

20061124-058.jpg

20061124-061.jpg

20061124-060.jpg

20061124-062.jpg
やっぱり市場はいいなあ。

タムを後にし、バスターミナル近辺を越えて通称オールドモスク方面へ。
20061124-063.jpg

Taman Haji Sir Muda Omar Ali Saifuddien。前国王のお名前を冠した広場。
20061124-064.jpg

20061124-068.jpg

向こうにオールドモスクが見える。
20061124-065.jpg
ところで、ここでブルネイドルのお札を撮影しているんだけど、来る途中どこかで両替でもしたんだろうか?(そういえばした気がする。)

オールドモスクに行く前に、手前にあったKompleks Yayasan SHHBに入った。
20061124-069.jpg
現国王のお名前の頭文字だけど、今もそう呼ぶんだろうか?

とりあえずジョリビーでランチ。やっぱりここでもファストフード食べてる・・・(悲)。
20061124-071.jpg

20061124-070.jpg

広々とした造りのモール、人が少ない。
20061124-073.jpg
上階の方にネットカフェがあって、確か1時間ほど利用したと思う。

20061124-072.jpg

モールを出て歩く。
20061124-076.jpg

そして遂にやってきたMasjid Sultan Omar Ali Saifuddien。前国王のお名前を冠した、通称オールドモスク。
20061124-077.jpg
BSBの象徴、美しい・・・。

モスクの周囲を巡るお濠の周りを歩いてみる。
20061124-079.jpg

20061124-081.jpg

モスクのすぐそばからカンポンアイル(水上集落)は始まっていた。
20061124-078.jpg

20061124-080.jpg

今日は金曜日。お祈りの人々が見える。
20061124-082.jpg

20061124-083.jpg

もう一度モールの中を抜けて、ブルネイ川へ出ることにした。
20061124-084.jpg

20061124-085.jpg
このモールの先に水上タクシー用のジェティがある。

カンポンアイル巡り

逡巡する間もなく、水上タクシーのあんちゃんに捕捉された。料金は確か1時間20ドルとか25ドルとかそんなだった気がする。
20061124-086.jpg
ちなみにこの人は途中で乗り込んできてすぐどこかで降りた人。

水上集落巡りをお願いした。詳細はすべてUp to あんちゃん。
20061124-087.jpg
でも、観光客相手の水上集落巡りは慣れているのか、お決まりのコースがあるようだった。(その後BSBには2回行ったが、どの人も観光客のアテンド慣れしていた。)

20061124-088.jpg

20061124-089.jpg

川幅も凄いが、カンポンアイルの規模も凄い。
20061124-090.jpg

20061124-091.jpg

まずはちょっとだけ上流へ。
20061124-094.jpg

イスタナ(王宮)遠望は定番のようだ。
20061124-097.jpg

マングローブを身近に眺めながら引き返す。
20061124-101.jpg

20061124-100.jpg

そしていよいよカンポンアイルの中へ。
20061124-102.jpg

たーのしいいいいいいい!!!
20061124-103.jpg

一発でBSBの虜になってしまった。
20061124-104.jpg
お酒も飲めないし、何もないとみんなに言われるBSBにその後2回行ってしまったのはひとえにこのカンポンアイルのせい。

学校。
20061124-105.jpg

ここではボートが普通の足。自転車やバイクのように。
20061124-106.jpg

20061124-107.jpg

学校の土台。
20061124-108.jpg

ここも学校だったと思う。
20061124-109.jpg

水上モスク。
20061124-110.jpg

確かあれは水上警察署。停めてあるのはパトカーならぬパトボート。
20061124-111.jpg

20061124-112.jpg

20061124-114.jpg

遠くにもモスクが。
20061124-116.jpg

定番(確か「地球の歩き方」にも載っている)の水上ガソリンスタンド。
20061124-118.jpg

20061124-120.jpg

ところで、まったく頼んでもいないのにあんちゃんの自宅訪問と相成った。
20061124-121.jpg
もうこれは「水上集落ツアー」としてあんちゃんの中では完成した形らしい。

玄関先。
20061124-122.jpg

地下、というか船底ならぬ家底にあった建造中の新マイボート。
20061124-123.jpg

そこには鶏小屋もあった。
20061124-125.jpg

お嬢ちゃん登場。
20061124-124.jpg

ご自宅が立派でびっくりする。
20061124-127.jpg

20061124-128.jpg

20061124-130.jpg

ここに至ってはほぼ展示用ではないかと・・・。
20061124-129.jpg
ゲストブックもあり、日本人のメッセージもあった。私も残しておいた。

あんちゃんに甘えるお嬢ちゃん。
20061124-131.jpg
この時はまだ私もこの人をおいちゃんと呼べる年齢だったな、そういえば(笑)。ちなみに名前はアから始まると記憶しているけれどマレー系の方でアから始まる方多いから忘れてしまった。

おいちゃんのお宅をおいとまする。
20061124-133.jpg

おいちゃん家に限らずどのお宅も豊かそうに見えた。物質的豊かさというよりは精神的な豊かさという意味で。
20061124-134.jpg
(数年後来た時はそれなりに貧富の差もあるように見受けられたけれども。)

桟橋でまたボートに乗り込み、ジェティまで送ってもらった。
20061124-135.jpg

20061124-136.jpg

公園のたもとにあったCoffee Beanに入って一休み。
20061124-138.jpg

20061124-137.jpg

サークルラインでニューモスクへ

そしてバスターミナルから、紫バス01番のサークルラインに乗った。
20061124-139.jpg
あ、これは車内から見えた隣の22番(ノースライン)です。

ロイヤルレガリアRoyal Regalia脇を通って・・・。
20061124-140.jpg
サークルラインはいびつな形の楕円形にBSB中心部とその近郊を回っているバス。

(中略)Masjid Jame’ Asr Hassanil Bolkiah、現国王のお名前を冠した通称「ニューモスク」の前で下車。
20061124-141.jpg

こちらは巨大過ぎて近付き過ぎると全容がよくわかりませんでしたね。
20061124-142.jpg

20061124-144.jpg

20061124-145.jpg

20061124-147.jpg

満足してモスクの前の通りに出ると周囲は民家が点在するだけで、これでバスが来なかったらどうしようと不安になるほどでしたが、来ました。
20061124-148.jpg
ニューモスクの遠景が見え、デカい!凛々しい!

サークルラインがあって助かった。BSBはタクシーの姿がほとんど見えないので、郊外に出たら帰ってくるのに苦労しそう。
20061124-149.jpg
後年私の友人たちもヒッチハイクをしたと言っていた。

ガドンGadong地区はBSB中心部の北西にあり、新興商業地区らしい。
20061124-150.jpg

20061124-151.jpg

日本食屋もあると確か「歩き方」に書いてあった気がする。
20061124-152.jpg

20061124-153.jpg

市街地へ帰還

無事バスターミナルに戻ってきたので、今度は周囲のじゃらんじゃらん。
20061124-154.jpg
マレーシア以上に少数派と思われる華人さんたち・・・だけど、バスターミナル周辺で結構漢字表記の商店を見た。

ロイヤルレガリア。
20061124-155.jpg

ラパウ Lapau。
20061124-158.jpg

王家の行事が行われる会堂だったと思う。
20061124-156.jpg
この時郵便局を探してさまよっていたが、やっと見つけたらもう閉まっていた。

一旦ホテルへ戻る。
20061124-159.jpg
下のミニマートで調達。

ブルネイの国営放送RTBは内容が物凄くカタい。王様ニュース普通のニュース王様ニュースイスラム関連王様ニュース普通のニュース、みたいな番組構成。隙あらば王様。
20061124-160.jpg
でもブルネイ国王は本当にかっこいいのでむしろ嬉しい。街のADも芸能人のポートレートなどほとんど見かけず、逆に王様をよく見た。

BSBに夕暮れが迫る。
20061124-161.jpg

20061124-162.jpg

夜のオールドモスク

外を眺めてばかりもなんなのでまた外出することにした。
20061124-164.jpg

20061124-165.jpg

20061124-166.jpg

道も覚えたのであっという間にモスク前へ。
20061124-168.jpg

ヤヤサンSHHBの中の食堂でカリーミーを食べた。
20061124-169.jpg
甘いドリンクばっかりだったのでこのジャスミンティー(無糖)を妙に美味しく感じたな。

外に出たらすっかり暗くなっていて、オールドモスクが光り輝いていてびっくりした。
20061124-170.jpg

20061124-174.jpg

三脚なんてあるはずもなく、手持ちで気合いで撮りまくる。
20061124-171.jpg

20061124-177.jpg

振り返るとヤヤサンSHHBも光っていた。
20061124-178.jpg
午後8時頃にはもうどこのお店も閉まってしまい、街は暗くなった。危ないという感じはしないものの心細いので早めにホテルに戻って、部屋で過ごした。お酒もありませんしね。
でもこの1日で、本当にBSBが好きになってしまった。ブルネイ・ダルサラーム、バンダルスリブガワン・・・なんていい響きだろうなあ・・・。

Jubilee Hotel

Dermaga Labuan
20061124Labuan.jpg

Serasa
20061124Brunei.jpg

2006年 マレーシア(KK ,Sandakan, Pulau Labuan)・ブルネイ(BSB) の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です