2016年6月11日(土)再びバーンマイ百年市場(チャンチュンサオ)/トンローの週末マーケット

一人の土曜日、先月行ったばかり、チャチュンサオ県のバーンマイ百年市場へどうしてももう一度行きたくなった。
1600611-004.jpg
前回は昼にバンコクを出て時間があまりなかったから。今日は1本早い列車で行くことにした。

フワランポーン駅。
1600611-008.jpg

10:10発のチャチュンサオジャンクションChachoengsao Junction行きに乗る。
1600611-005.jpg

私の「チャチュンサオ」が通じなくて「ハァ?」と聞き返して来た前回の男性駅員さんと違って、今日のお姉さん駅員さんは終始笑顔で、最後はワイで見送ってくれて感激した。
1600611-019.jpg

切符を買ってまだ30分ほどあったので、地下鉄駅の出口にあったやる気のない食堂に入った。
1600611-010.jpg

1600611-016.jpg

こんないい立地にありながら、やる気ない店はやっぱり料理もタマダーだな・・・。
1600611-014.jpg
クイティアオムー。でも40バーツだったので良心的といえば良心的。

今日のチャチュンサオ行きはドームの中6番線にいた。
1600611-023.jpg

駅名標塗装中。
1600611-024.jpg

1600611-025.jpg

もうとっくに入線していて焦ったが、空席は結構あった。
1600611-026.jpg

進行方向右側は日が当たっていたので誰も座っていなかった。私も前回は右側に座ったので、今回は左側に座ることにした。
1600611-030.jpg
しかも私の席は二人掛けだったので、写真を撮りまくることを向かいの人に気兼ねしなくて済む。

スリン行きが入線してきたのが見えた。遠くまで・・・。
1600611-032.jpg

車内販売のおばちゃんからナムパオ(ボトルウォーター)を買う。
1600611-033.jpg

出発。フワランポーン駅の先は野ざらし車両基地状態。
1600611-044.jpg

1600611-046.jpg

走り出してすぐに列車行き違いで停車。
1600611-058.jpg

美味しそうなガイヤーン屋台。
1600611-066.jpg

乗客が買っていた。
1600611-067.jpg

線路脇に続く生活感。
1600611-076.jpg

1600611-082.jpg

1600611-089.jpg

1600611-092.jpg

1600611-095.jpg

エアポートレイルリンクと並走が始まるパヤタイ駅辺り。
1600611-098.jpg

ARLの高架下は・・・これは不法占拠なんだろうか。
1600611-103.jpg

1600611-104.jpg

1600611-108.jpg

国鉄マッカサン駅からARLマッカサン駅に至る辺りは巨大な車両基地だ。
1600611-110.jpg

1600611-111.jpg

1600611-112.jpg

1600611-114.jpg
ここはもう財政再建の一環としての再開発計画があるところだそう。
タイ国鉄、マカサン駅一帯で大規模再開発(newsclip.be)
マッカサンにカジノ?タイ国鉄の経営再建計画は奏功するのか(ワイズデジタル)
タイ国鉄、大赤字なんだなあ・・・そりゃあタイ国民無料なんだから日本の国鉄の比じゃないか。私たち外国人だって格安の恩恵を蒙っているわけだし・・・。
ところで、ここに限らずあちこちに放置されているっぽい車両たちを見ると、タイ国鉄の固定資産台帳ってどうなっているんだろうと興味が湧く。

こちら立派なARLマッカサン駅。ARLもタイ国鉄が運営。私の楽しい乗り鉄ライフ継続のためにも、どうか頑張ってタイ国鉄!(値上がりしてもいいから・・・。)
1600611-118.jpg

でも確かにほとんどの踏切にも人員配置して、膨大な人件費だよなあ・・・。
1600611-123.jpg

ARLラムカムヘン駅のモール。
1600611-131.jpg

多分Hua Mak駅。
1600611-132.jpg

多分Ban Thap Chang駅。
1600611-133.jpg

こんな駅があったの知らなかったなあ、Soi Wat Lan Boon駅だって。
1600611-137.jpg
でも停まらなかった。

ラッカバーン駅。
1600611-139.jpg

ここでARLとはお別れ。
1600611-144.jpg

風景は一気にのどかになる。
1600611-146.jpg

なんだろう、引き込み線。
1600611-150.jpg

1600611-154.jpg

Phra Chom Klao駅。
1600611-156.jpg

Hua Takhe駅手前。
1600611-158.jpg
線路の敷地は広く、駅の向かいには名門キングモンクット大学のHua Takheキャンパスがある。(のを今日初めて知った。)

小さな運河はハスやホテイソウで埋まっている。
1600611-162.jpg

大きな運河には、何か大きな仕掛けが落とされていることがある。
1600611-163.jpg

耕運機の後ろをシラサギのような鳥たちが追いかけているのが見える。
1600611-170.jpg

Khlong Luang Phaeng駅。
1600611-173.jpg

1600611-175.jpg

1600611-178.jpg

多分Khlong Udom Chonchon駅。
1600611-182.jpg

Preng駅。
1600611-186.jpg

1600611-187.jpg

Preng駅のそばにあった大きなお寺はWat Preng Phaibun Thanyahanというらしい。(Googleマップ先生によれば。)
1600611-189.jpg

毎度駅名標がボロボロのKhlong Khaeng Klan駅。
1600611-192.jpg

この先保線区さんがいた。
1600611-194.jpg

1600611-195.jpg
日本のように作業を止め通過列車に手を挙げて合図を送るということはない。列車側は警笛鳴らしまくりだけれどこれは別に保線区さんに限ったことではなく走行中ずっと鳴らしてる。

Khlong Bang Phra駅。
1600611-196.jpg

1600611-199.jpg

終点一つ前Bang Toey駅。
1600611-201.jpg
二度目なのにまたほとんどの駅の写真を撮り、またここに貼ってしまった・・・。

買った水はこんな風にぶら提げていた。
1600611-204.jpg

有蓋車も無蓋車もこの放置はなんだろなあと。
1600611-209.jpg

そして格別な賑わいのチャチュンサオ駅到着。
1600611-213.jpg

機関車はすぐに離脱していった。
1600611-214.jpg

1600611-216.jpg

二回目ともなるとスムーズ。駅前大通りのソンテウ乗り場へ。係り(?)のおじさんに「タラートロイピー」と言うと「Yellow」と言われやっぱり黄色のソンテウしか行かないらしい。
1600611-219.jpg

お子さん同伴のソンテウだった。ほー、チャチュンサオにはこんな名前のサッカーチームがあるのか。中国語のターイエ(闘魚)やね。
Googleマップを追いながら・・・。
1600611-220.jpg

1600611-223.jpg

1600611-225.jpg

今回はちゃんとバーンマイ百年市場(新屋市場)の前で下車できた。8バーツ。
1600611-226.jpg
ちょっとここ渡るの苦労しましたけど。

ここです。

1600611-227.jpg

ソンテウは頻繁に通る。帰りもまた黄色ラインのソンテウに乗ればいい。
1600611-228.jpg

早速潜入。
1600611-229.jpg

1600611-230.jpg

オタオタのタイ版みたいな魚の練り物を食べ歩く。
1600611-231.jpg

観光客向けだけれど、この雰囲気は本当に好き。
1600611-233.jpg

1600611-237.jpg

1600611-241.jpg

タンブンに大物いた・・・。
1600611-242.jpg

1600611-243.jpg

1600611-246.jpg

1600611-247.jpg

東屋のように休憩できるスペース。何があるわけでもないけれどこういう場所があって嬉しい。
1600611-250.jpg

1600611-251.jpg

1600611-252.jpg

1600611-256.jpg

1600611-254.jpg

1600611-257.jpg

1600611-258.jpg

6本で20バーツだったか30バーツだったか。お店のお母さんは実にぶっきらぼうだったな・・・。
1600611-259.jpg

でもこのカノムはとても美味しかった。
1600611-260.jpg

1600611-262.jpg

1600611-263.jpg
マレーシアやシンガポールと違って、そういえば「何系の華人なのか」が全然ピンと来ないな・・・やっぱ言葉のせいかな。

バイブアボックもこの中にある。濃い緑のがそう。
1600611-265.jpg

何か凄い色の煮物。
1600611-266.jpg

1600611-268.jpg

このパッタイ屋のお父さんの「アロイアロイ」の呼び声はなんか良かったな。
1600611-270.jpg

1600611-271.jpg

1600611-272.jpg

1600611-274.jpg

1600611-275.jpg

1600611-277.jpg

1600611-278.jpg

突き当たりのお店に来た。前回はソンテウの終点まで来て、ここから散策をスタートしたんだった。
1600611-279.jpg

川を眺めて、Uターン。
1600611-280.jpg

1600611-281.jpg

1600611-283.jpg

出た、ルークターン!私がマンゴスチンのお化けかと思ったヤシの一種。
1600611-285.jpg

ルークターンジュース、普通に美味しかったです。
1600611-286.jpg

日焼け止めの何かを真っ白に塗った年配のお母さんの屋台で焼きバナナと焼き何かを買った。バナナは3本で20バーツ、焼いた何かは小さな袋に入れて黒蜜がけで30バーツ。
1600611-288.jpg
お母さんに「パーサータイ ゲーン」と言われる。本当にゲーン(上手)なら言われないんだよなぁ・・・身振り手振りを交じえた必死のカタコトの結果(苦笑)。

そして意外にも焼いた何かがめちゃめちゃ美味しかった。繊維質の多い、歯ごたえのしっかりした焼き芋みたいな感じ。
1600611-290.jpg

華人系の住居らしく、南洋のショップハウスがそうであるようにここも間口が狭く屋内は川の方に長く続いているので、食堂も細長くて、川に面した席はとっくに埋まっている。
1600611-293.jpg
そんな食堂の一軒に入りバミーヘンを頼んだ。

素朴な食堂だけれどWiFiもFacebookのQRコードもあった。
1600611-295.jpg

バミーヘン40バーツ。
1600611-299.jpg

おっきな豚ひき肉のパテが入っていてびっくりした。
1600611-303.jpg

生き物のタンブンはこれまでしたことがない・・・何かそこに大いなる矛盾があるような気がするから。でも今日は魚を3匹逃がした。
1600611-307.jpg

この脱出シューターから流す。
1600611-306.jpg

お、カニ凄い。
1600611-312.jpg

東屋に腰掛けて焼きバナナを食べた。
1600611-317.jpg

私の背後でお父さんが投網を投げた。
1600611-319.jpg

日本のより何周りも大きな川エビがたくさんかかっていた。
1600611-323.jpg

1600611-324.jpg

1600611-325.jpg

1600611-327.jpg

1600611-331.jpg

1600611-332.jpg

1600611-333.jpg

長屋の中に昔は集会所でもあったんだろうかというちょっとした広いスペースがあり、この市場の歴史なんかも展示されている建物があったりする辺りは食堂になっていて、すぐ裏手の厨房も忙しそうだった。
1600611-336.jpg

1600611-337.jpg

英語を話す若い旦那さんが呼びこみをしているカフェというかなんというか趣のあるお店に入った。マレーシアでいうコピティアム的な・・・。
1600611-338.jpg

20バーツのタイコーヒー(温)がしみじみ美味しい。
1600611-341.jpg

飲み干して一息ついていると、奥さんなのか妹さんなのか、お茶のポットを持ってきてくれた。
1600611-347.jpg

別のテーブルじゃない?とびっくりしたけれど、「飲んでいいんですよ」と言われる。
1600611-349.jpg
このお茶もまたしみじみ美味しかった。

そして、入り口へ戻ってきた。
1600611-356.jpg

黄色いラインのソンテウはすぐ来た。
1600611-357.jpg

1600611-358.jpg

車内でググると14:05発という絶妙なバンコク行きがあることを知る。渋滞でドキドキするも大通りに出ればスムーズ。
1600611-364.jpg

8バーツ払ってソンテウを降り、歩道橋を渡って駅へ。
1600611-368.jpg

1600611-369.jpg

窓口でマッカサン駅(本当はアソーク駅なんだけど・・・また間違えた)までの切符12バーツを買う。14時台はチャチュンサオ始発だった。
1600611-371.jpg
次の15時台はアランヤプラテート発なので座れないと思われる・・・。

うん、間違いない。
1600611-372.jpg

グリルつきだけど、座席も確保できた。
1600611-373.jpg

1600611-375.jpg

車内販売のおばちゃんたちからまたナムパオ(ボトルウォーター)を買った。
1600611-376.jpg

出発。
1600611-382.jpg

車掌さんの検札。
1600611-386.jpg

眩しかったので席を逆にしたら、この車両も日本製だったことに気づいた。
1600611-389.jpg

1600611-390.jpg

1600611-393.jpg

1600611-394.jpg

でも結局風を浴びたくてまた元の向きに戻ったらそこから爆睡。起きたらもうラッカバーン駅もとっくに過ぎていた。
1600611-399.jpg

気づいたのはHua Mak駅だったっぽい。いつの間にか向かいに女の子が2人座っていた。よく寝る人だと思われたろうな・・・。
セーンセープ運河。
1600611-400.jpg
地図を見ていて、途中のKlong Tan駅で降りればトンロー通りが近かったことに気づいた・・・頃にはもう遅かった。マッカサンからMRT→アソークからBTSって面倒過ぎる・・・雨も降りそうだし。

下車前に古ぼけた運転台と連結部分を覗く。
1600611-409.jpg

1600611-410.jpg

アソーク駅下車。ホームが途切れていてバラストの上に降りることになり痛かった。
1600611-414.jpg

いつもならすぐにMRTのペッチャブリー駅に入るところだけれど通り過ぎてその先へ。
1600611-420.jpg
運河を越える橋の片隅にひっそりと運河ボート乗り場があった。

すぐにボートが来た。
1600611-423.jpg

乗船。車掌さんが回ってくる。
1600611-426.jpg

ソイトンローPierまでは10バーツだった。
1600611-428.jpg

それにしてもこの運河、クサいなあ・・・。
1600611-432.jpg

ボート同士がすれ違うと水しぶきが上がる。
1600611-434.jpg

水しぶきを防ぐためにハンドルを引っ張って幌を上げる。担当はたまたまそのハンドルそばにいた人。
1600611-435.jpg

いつも混んでる。
1600611-437.jpg

ソイトンローで下船。
1600611-439.jpg

1600611-438.jpg

センセープ運河を渡り・・・
1600611-441.jpg

赤バスで帰った。
1600611-443.jpg

さて、わんわんの散歩も済み(というか雷の気配に怖がってすぐ家に逃げ帰った)、一雨来る前にちょっと来てみた昨日の週末マーケット。
1600611-445.jpg

1600611-447.jpg

テント内。
1600611-448.jpg

バンコクらしいと言えばバンコクらしいが、さっきチャチュンサオくんだりまで行って違うタイプのマーケットを見てきた目にはタマダーに見える・・・。(バーンマイ百年市場もがっつり観光客向けではあるんだけれど、なんかこう歴史が違うっていうか・・・。)
1600611-450.jpg

1600611-451.jpg

1600611-452.jpg

洗練されてますよ、ええ。
1600611-453.jpg

全体的にテーマは「緑」。というかネイチャー?
1600611-454.jpg

1600611-455.jpg

1600611-457.jpg

1600611-458.jpg

1600611-460.jpg

フードの屋台も賑わっていたけれど、高め。
1600611-464.jpg

1600611-465.jpg

1600611-466.jpg

OK, I see。ここはダンナ様が帰ってきたら一緒に来てみよう。一人ではなんとも・・・。
1600611-470.jpg
というわけで、そのままスッチマンション下へ。

一人メシ用のタイ料理メニューはだいたい食べ尽くしちゃった感が凄い・・・かといってみんなで取り分けるようなメニューは試せないし・・・
なんて思っていたらカオマンガイ屋台で見つけた、これ。
1600611-473.jpg
カオマンムーオップってカタカナで書いてあった。カオマンガイ屋台だけれどムー(豚肉)。

ここはいつも薬味がふんだんだけれど乾き切ってそうで遠慮している。
1600611-471.jpg
見た目にはいい。

タイランドじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です