2007年6月4日(月)【マレーシア/アロースター】雨のアロースター

📩過去の旅日記です。

タイ寺院とビルマ寺院

朝のチュチュちゃん。
20070604-007.jpg

この日は月曜日だったのにSさんは有休か半休を取ってくれたのかもしれない・・・。Lorong Burmaのタイ仏教寺院ワット・チャヤマンカララームWat Chaiyamangalaramへ。
20070604-009.jpg

ここのリクライニングブッダ(寝釈迦仏)は世界でも有数の大きさらしい。
20070604-011.jpg

20070604-015.jpg

20070604-013.jpg

20070604-014.jpg

20070604-016.jpg

20070604-017.jpg

20070604-018.jpg

次は、ほぼお向かいにあるビルマ寺院。
20070604-008.jpg

涼しい回廊を歩いてお堂へ。
20070604-021.jpg

20070604-023.jpg

20070604-022.jpg

20070604-025.jpg

20070604-026.jpg

ストゥーパ。
20070604-029.jpg

表情豊かな像が多い。
20070604-030.jpg

別のお堂にあった立像。
20070604-031.jpg

その裏手にはアジア各国の仏像が。日本のもあった。(一番手前かな?)
20070604-032.jpg

人気のロティチャナイ

寺院を後にし、シティテル近くの道端のロティチャナイ屋へ。(先月通りかかった時もめっちゃ混んでましたよ。)
20070604-033.jpg

20070604-037.jpg

カレーが小皿に乗ってくるスタイルじゃなく初めからぶっかけられてシャバシャバになっていて驚いた記憶。
20070604-035.jpg

ラストタンデムライド

下り坂の天気の中を、タンデムで。
20070604-038.jpg

20070604-040.jpg

ボタニカルガーデンに連れてきてもらったが、雨なので中には入らなかった。
20070604-041.jpg

20070604-042.jpg

20070604-043.jpg

手前にあったバティック工房に入った。
20070604-044.jpg

20070604-046.jpg

20070604-047.jpg

20070604-048.jpg

20070604-051.jpg

何から何までお世話になり、盛りだくさんの滞在を終えてSさん家に戻る。荷物を持って出発。知人のタクシードライバーさんを呼んでくれた。
20070604-052.jpg
タクシーでジェティへ。一人で旅をしていると話したら驚かれた。そして「Hati-Hati ya?(気を付けてね)」と念を押される。

フェリーで対岸へ

対岸のバタワースへ渡るフェリーに乗る。
20070604-053.jpg

乗り場。
20070604-056.jpg

20070604-057.jpg

20070604-058.jpg

さらばジョージタウン。
20070604-059.jpg

対岸のバタワースはすぐそこ。
20070604-060.jpg

20070604-061.jpg

途中、ペナンブリッジが見えた。あの頃はまだ橋は1本しかなかったなあ・・・。
20070604-062.jpg

あっという間にバタワース到着。
20070604-064.jpg

フェリーを降りて、バスターミナルはすぐだった気がする。
20070604-066.jpg
アロースター行きのチケット売り場を見つけた。

アロースターを目指す

その後も何度もお世話になるトランスナシオナルのバス。
20070604-065.jpg

この時はRM7.50・・・今はいくらになっているんだろう。
20070604-067.jpg

この時バスに汚れた服装の子供が2人乗ってきて、何かキーホルダーのようなものを見せられたと思う。私は買ったんだか無視してしまったんだかよく覚えていないのだけれど、そういうことがあるんだなということをその時初めて知った。他の乗客だったか乗員だったかに出て行きなさいと言われていた、と思う。
20070604-068.jpg

出発。Exifを見るとどうやら14時半頃。
20070604-070.jpg

20070604-071.jpg

バスはしばらく海沿いを走り、懐かしいコムターが結構近くに見えていた。
20070604-074.jpg

20070604-077.jpg

海を離れたらひたすらハイウェイ。
20070604-080.jpg

マレーシア北部のケダ州は稲作地帯。
20070604-081.jpg

20070604-082.jpg

途中マレー鉄道の線路と並走した。
20070604-083.jpg

20070604-084.jpg
初めてマレー半島の見知らぬ土地に向かっているというのに寂しい雨模様、さっきまでSさんと一緒にいた心強さや楽しさとのギャップとも相俟って結構侘しい感じがしたのを思い出す。

雨のアロースター

「地球の歩き方」に書いてあった通りPekan Rabu(水曜市場)の前でバスを降りた。
20070604-086.jpg

雨宿りしても雨は上がりそうにない。地図を見ながらホテルまで歩くことにした。
途中タクシーに何回か呼び止められた記憶もあるが、タクシーに乗るほどの距離でもないし、正直タクシーには抵抗があった(今でも。バンコクでも)。
20070604-087.jpg
アロースタータワーが見える。

アロースターのシンボル、Masjid Zahir。
20070604-088.jpg
この角を曲がればホテルはもうすぐ。

今夜の宿、Hotel Grand Crystalはアロースター観光に便利な立地。
20070604-103.jpg

古いけれど、悪くないお部屋。
20070604-089.jpg

20070604-090.jpg

20070604-092.jpg

ドアのところに・・・
20070604-093.jpg

素敵な日本語。
20070604-094.jpg
っていうか日本人泊まるんだなあと驚いた。

窓の外にはアロースタータワー。後であそこまで行ってみよう。
20070604-096.jpg

20070604-095.jpg

隣はショッピングコンプレックスのSentosa Plaza。
20070604-098.jpg

はす向かいは学校のようだった。
20070604-101.jpg

アロースターじゃらんじゃらん

Sさんに持たせてもらったお土産をお供にじゃらんじゃらん開始。
20070604-099.jpg

ホテルのすぐそば、側面(?)から見たザイール・モスクMasjid Zahir。
20070604-104.jpg

20070604-107.jpg

こちらが多分正面。
20070604-108.jpg

モスクの向かいにあるクロックタワー。
20070604-106.jpg

道路を渡って、バライブサールBalai Besar。「大ホール」的な。
20070604-110.jpg

バライノバットBalai Nobat。
20070604-115.jpg
ロイヤルオーケストラの音楽堂らしい。

この辺りはモスクをはじめとしたスルタン家ゆかりの建造物が集まっていて美しい景観。
20070604-112.jpg

20070604-113.jpg

アロースタータワーMenara Alor Setarまで来てみた。
20070604-116.jpg

足元にも小さなアロースタータワーが。
20070604-118.jpg

チケットカウンター。
20070604-119.jpg
外国人料金を払って展望台に上がる。

20070604-121.jpg

いやー、なかなか良かった。美しい緑の水田に囲まれたアロースター俯瞰。
20070604-122.jpg
ケリアン山Gunung Keriangと思われる。

20070604-124.jpg

ホテルとセントーサプラザ。
20070604-125.jpg

モスクと歴史的建築物。
20070604-127.jpg

20070604-126.jpg

ロータリーが見えるなあ。
20070604-128.jpg

アンダマン海も見える。位置的にランカウイかなとも思うけれど、それにしては標高がないような気がする。
20070604-130.jpg

閉まってはいたが、ケリアン山の水晶屋さん。
20070604-129.jpg

タワーを後にし、プラザセントーサに入った。
20070604-132.jpg

中ではなく、裏(Jl.Putra)のホーカーに入ったと思う。
20070604-135.jpg

福建麺をオーダーした。
20070604-133.jpg

私の予想していた福建麺と違っていた。
20070604-136.jpg
でも美味しかった。

セントーサプラザの中でこんな飲み物を・・・。
20070604-138.jpg

ケミカルな味に後悔する。
20070604-139.jpg

他にも少し買い込んだ。
20070604-140.jpg
雑誌とコミック。

アロースタータワーが光っていた。
20070604-142.jpg
孤独をかこちながら早目就寝。

Hotel Grand Crystal

2007年 マレーシア(Penang, Alor Setar, Taiping, Kuala Kangsar, Ipoh) の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です