2007年6月6日(水)【マレーシア/クアラカンサー】タイピンからクアラカンサーへ


2007年 マレーシア(Penang, Alor Setar, Taiping, Kuala Kangsar, Ipoh)の記事

📩過去の旅日記です。

朝。
20070606-001.jpg
なんでこの番組をキャプったんだろう・・・。

爽やかなタイピンの朝。
20070606-003.jpg

20070606-004.jpg

朝食に、ホテル前のホーカーへ行きナシルマを頼んだ。
20070606-007.jpg

20070606-005.jpg

部屋に戻ってテレビをつけると日本の戦隊モノが流れた。
20070606-008.jpg
瀬川亮君。

荷物をまとめ、チェックアウトしはす向かいのローカルバスターミナルへ。
20070606-014.jpg

見つけた、クアラカンサーKuala Kangsar行き。
20070606-011.jpg

20070606-012.jpg
わーぼろいなあ。

今まで長距離バスで結構綺麗で豪華なバスに慣れていたのでびっくりするもワクワクする。
20070606-013.jpg

車掌さんから買った切符、クアラカンサーまでたったRM3・・・。(今はいくらになっているかなあ。)
20070606-015.jpg

お昼前にタイピンを離れる。
20070606-018.jpg

結構山がちなところを行く。バスがうなる。
20070606-020.jpg

石灰岩の多いペラ州らしい山塊が続く。
20070606-021.jpg

20070606-022.jpg

20070606-023.jpg

停留所もたくさん通ったと思う(確か)。
20070606-024.jpg

クアラカンサーの街に入る。
20070606-025.jpg

20070606-026.jpg

20070606-027.jpg

クアラカンサーのバスターミナルへは1時間ちょっとで到着した。
20070606-028.jpg

20070606-030.jpg
「Lonely Planet」から周辺地図のページを切り取って持ってきていたのだけれど、最初に目当てにしていたホテルが探せない。少し遠いけれど「ルマレハッRumah Rehat(Rest House) Kuala Kangsar」へ行こうと思ったが、結構歩いていって満室だと困るので電話で予約した。これまでまともに英語で話したことなんかなかったので、この時は必死ゆえの火事場の馬鹿力だったのかなぁ・・・。(今でも電話の英語は苦手。)

宿はブキッチャンダンBukit Chandanという丘の上にあった。確かタクシーで行ったはず。
20070606-040.jpg

20070606-039.jpg

部屋は古いなりにかわいらしくまとまっていた。
20070606-031.jpg

でも1階の部屋なので常にカーテンを閉めていなければならなかった。
20070606-036.jpg

20070606-032.jpg

20070606-033.jpg

どういうわけかドアに穴が開いていたりして、目隠しのティッシュが・・・。
20070606-038.jpg

じゃらんじゃらんに出かける。
20070606-042.jpg

ルマレハッはこんな風に高台にある。
20070606-044.jpg

宿からはペラ川が望める。
20070606-046.jpg

対岸にカンポンが見える。
20070606-047.jpg

ルマレハッのさらに上の方へ、丘を登ってみた。
20070606-049.jpg

20070606-050.jpg

民家もあった。
20070606-051.jpg

20070606-052.jpg

そして、到着!ウブディアモスクMasjid Ubudiah・・・正統派玉ネギ型ドームの美しいモスク!
20070606-053.jpg

20070606-057.jpg

20070606-060.jpg

20070606-064.jpg

20070606-065.jpg

モスクの傍らはムスリム墓地だった。
20070606-066.jpg

今度はさっきタクシーで通り過ぎてしまったところを歩こうと、丘を下る。
20070606-068.jpg

20070606-069.jpg

オオトカゲ発見。
20070606-071.jpg

逃げていった。
20070606-073.jpg

川岸に下りてみた。
20070606-074.jpg

山間部にしては悠々流れるペラ川。
20070606-075.jpg

20070606-076.jpg
と、ここで猛烈な腹痛に襲われる!宿からあまり離れていなくてよかった・・・しばらくトイレとお友達に。これまで旅をしてきて、お腹がゆるくなることはあったような気がするけれど、強烈な下痢はこの時が初めてだった。

十分に部屋で休息を取った後、じゃらんじゃらん再チャレンジ。
20070606-077.jpg
ロビー。

川岸リベンジ。
20070606-078.jpg

20070606-079.jpg

大きな橋が架かっている。
20070606-080.jpg

20070606-081.jpg

ルマレハッが丘の上に見える。またお腹が痛くなるかもしれないと思うとあまり離れられない。
20070606-082.jpg

川岸にはホーカーや、クラフトの市場があった。
20070606-083.jpg

20070606-084.jpg

川を離れ、大通りのJl.Daeng Seliliへ出た。
20070606-085.jpg
ランドマーク的クロックタワー。

向こうのセブンイレブンで水分を確保。
20070606-086.jpg

それからクロックタワー近くの郵便局に入り切手を買って絵葉書を出し、そのまた近くのインド系食堂に入る。
20070606-087.jpg

トーセイを初めて食べた。
20070606-089.jpg

ペラ川に注ぎ込むカンサー川。まさにクアラ(河口)カンサー。
20070606-090.jpg

20070606-091.jpg

20070606-094.jpg

対岸から渡し舟がやってきた。
20070606-095.jpg

乗らないわけにはいかない。
20070606-096.jpg

20070606-102.jpg

20070606-103.jpg

右からルマレハッとウブディアモスク、左奥はなんだろう。
20070606-104.jpg

対岸はKg.Sayong Lembahというカンポンだった。
20070606-106.jpg

20070606-107.jpg

羊がいた。近づくとなんとなく逃げていった。
20070606-109.jpg

村の奥まで入り込む勇気は当時は持ち合わせていなかったので、そのまま引き返した。
20070606-111.jpg

部屋に戻ると毎夕方恒例のスコールが来たので部屋で休んだ。
20070606-115.jpg
雨上がりに外に出た。

20070606-116.jpg

暗い中を外に出て行く勇気も当時は持ち合わせていなかったので、宿のレストランで済ませることにした。
20070606-120.jpg

20070606-121.jpg

お腹の調子にも自信がなかったので、野菜スープで済ませた。
20070606-126.jpg

街灯に集まる羽虫と、それを狙うチチャッ(ヤモリ)。
20070606-128.jpg

20070606-130.jpg

20070606-131.jpg
明日もまた移動。やっぱりこの日も早く寝た。

◆Rumah Rehat Kuala Kangsar泊


2007年 マレーシア(Penang, Alor Setar, Taiping, Kuala Kangsar, Ipoh)の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です