2007年6月7日(木)【マレーシア/イポー】イポーで寺院巡り


2007年 マレーシア(Penang, Alor Setar, Taiping, Kuala Kangsar, Ipoh)の記事

📩過去の旅日記です。

朝起きてテレビをつけたら、エベレストに登頂成功したマレーシアのチームがKLIAで迎えられているニュースだった。
20070607-002.jpg

宿泊にはささやかな朝食ブッフェがついていた。
20070607-004.jpg

朝から天気が良くない。
20070607-006.jpg

チェックアウトし、帰りは歩いてバスターミナルまで行った。どういうわけかこの間の写真が全然ないな、珍しい。
20070607-007.jpg
スムーズにイポー行きのバスに乗れた模様。

ガタガタ揺れるバスと、しょっちゅう覗き込んでくる男の子。
20070607-008.jpg

ローカルバスはわりとイポー駅近くのローカルバスターミナルに到着した(んだったと思う)。地図で見るとMedan Kiddバスステーションというのがそうらしい。
20070607-010.jpg
歩いて駅まで向かう。

20070607-011.jpg

駅に到着。
20070607-012.jpg

お向かいにはペラ州立モスクがちらっと見える。
20070607-013.jpg

駅前の木立の中を歩いていく。
20070607-014.jpg

美しいイポー駅舎。
20070607-015.jpg

ゆで卵のようなつるんとしたドームが美しい。
20070607-019.jpg

この駅舎の中のホテル「Majestic Station Hotel Ipoh」にチェックイン。
20070607-020.jpg
以前ヘリテージステーションホテルKLには泊まったので、このコロニアルなホテルにも泊まりたかった。今はもうどちらも閉業してしまったけれど・・・。

年季入ったエレベーターは故障中(?)で動かなかった。
20070607-021.jpg

20070607-022.jpg

部屋の前の回廊、ここに座ってお茶なんか飲んだらcomfortableだろうな。
20070607-023.jpg

20070607-026.jpg

20070607-024.jpg

一方部屋は暗くてフラッシュを焚いた。
20070607-028.jpg

20070607-029.jpg

20070607-030.jpg

部屋はガラス戸で常にカーテンを引かないといけない。
20070607-031.jpg
外の気配まるわかりだけれど、寂しくなくていいかもしれない。

朝食バウチャーとキー。
20070607-033.jpg

さっきと違う階段を降りたら階下に部屋があった。
20070607-036.jpg

用途はよくわからない。
20070607-037.jpg

飼い猫?かわいそうに・・・。
20070607-039.jpg

じゃらんじゃらん開始。
20070607-043.jpg
駅前にあるこの木が「イポー」の名前の由来だそうだ。

20070607-041.jpg

吹き矢に塗る毒が取れるんだそう。
20070607-042.jpg

駅前で捕まえたというか捕まったタクシードライバーのVijayさんを2時間ほど貸し切ることに。イポーじゅうにある有名なお寺を巡りたいと伝えた。
20070607-044.jpg
まずは郊外のメダンゴペンMedan Gopengバスターミナルへ。

明日ペナンへ帰るチケットを入手。この辺は今も昔も変わらず慎重派。
20070607-121.jpg

まずは霊仙岩Ling Sen Tong、イポーの南郊にある石灰岩の山の麓にある。
20070607-046.jpg

シュガーケーンジュース購入。
20070607-045.jpg

20070607-047.jpg

20070607-048.jpg

20070607-049.jpg

そしてそのまま先へ行くと南天洞Nam Thean Tongがある。
20070607-051.jpg

20070607-052.jpg

20070607-053.jpg

20070607-054.jpg

そしてさらにさらに歩みを進めていくと・・・
20070607-055.jpg

一番奥にあるのが三寶洞。
20070607-056.jpg

ここは三寺の中で一番洞窟寺院らしさがある。
20070607-057.jpg

20070607-058.jpg

でも私は駆け足なので中には入らない。
20070607-060.jpg

20070607-061.jpg

三寺を離れ、「地球の歩き方」にあったポメロ屋台に寄ってもらったが、屋台が新しい建物になっていた。
20070607-062.jpg

20070607-063.jpg

20070607-064.jpg

お次は、三寺の山のさらに奥の方にある極楽洞Kek Look Tong。

より洞窟寺院らしい。
20070607-065.jpg

20070607-066.jpg

20070607-067.jpg

20070607-068.jpg

奥は庭園のようになっていた。
20070607-070.jpg

20070607-073.jpg

20070607-074.jpg

最後は、市街地を迂回するような形で(イオンの脇も通ったりして)北の郊外にあるペラ・トンPerak Tongへ。
20070607-075.jpg

20070607-076.jpg

ペラは「霹靂」とほぼほぼ似た字を書くらしい。
20070607-077.jpg
よーく見ると「靂」の字が違う。簡体繁体の差なのか?よくわからん。

20070607-078.jpg

20070607-079.jpg

仏像もさることながら洞窟壁画がなかなかの見応えだった。
20070607-080.jpg

一番奥の方にあったライトアップ仏像。
20070607-082.jpg

さらに奥に千手観音のような壁画が。
20070607-083.jpg

20070607-084.jpg

イポー駅で降ろしてもらった。Vijayさんが明日バスの時間に間に合うように迎えに来てくれるという。マジですか(←時間縛られるの苦手)。
20070607-088.jpg
逆光になったけれど、イポー駅。立派だなあ。この頃もうKLイポー間のシャトル列車は始まっていたんだったかな。

20070607-086.jpg

駅舎の向こうにヒンドゥー寺院が見えた。
20070607-089.jpg

20070607-092.jpg

さて今度は自力でのじゃらんじゃらんを開始する。
20070607-094.jpg

イポー市庁舎Dewan Bandaran Ipoh。
20070607-093.jpg

またスコールになりそう・・・。
20070607-095.jpg
Jl.Dato Sagorを歩く。

ユニークなドームのペラ州立モスクMasjid Negeri。
20070607-096.jpg

Birch Memorial Clock Tower。
20070607-099.jpg

Jl.Iskandarを挟みイポー名物のチキンライスのお店を探して彷徨うも探せず。一軒見つけたがもう終わったと言われた。
20070607-100.jpg

20070607-101.jpg

20070607-102.jpg

キンタ川Sungai Kintaを渡る。
20070607-104.jpg

Jl.Datuk Onn Jaafar。
20070607-107.jpg
マックも調和する街並み。

20070607-108.jpg

マックの向かいの建物は市場のようだった。
20070607-109.jpg

雨がぱらついて、どこかのショッピングモールに入ったような気がしたが思い出せない・・・。
20070607-110.jpg

20070607-111.jpg
そして、今で言うOld Townのようなチェーンっぽいレストランに入って、イポー名物のホワイトコーヒーと共にマッシュルームチキンライスなるものを食べた。

Jl.Sultan Iskandarを戻る。
20070607-112.jpg

州立モスク(表側)。
20070607-114.jpg

ホテルのエレベーターのボタン。
20070607-116.jpg

恐る恐る開けるも使う気になれず。
20070607-117.jpg

暗い部屋は息が詰まるので廊下で過ごす。
20070607-119.jpg

灯ともし頃になった。
20070607-122.jpg

20070607-123.jpg

とても雰囲気がいい。
20070607-125.jpg

20070607-126.jpg

20070607-127.jpg

20070607-129.jpg

アザーンが聴こえる。遠くに山が見える。
20070607-131.jpg

この頃は本当に「孤独浴」を楽しんでいたと思う。
20070607-141.jpg
夜になった。

部屋に戻ったら「NARUTO」が流れた。
20070607-139.jpg

直す気は特にないらしいシャワーのハンガー。
20070607-145.jpg

侘しい気持ちも自虐旅のスパイス(笑)。
20070607-146.jpg

◆Majestic Station Hotel Ipoh泊


2007年 マレーシア(Penang, Alor Setar, Taiping, Kuala Kangsar, Ipoh)の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です