2016年6月23日(木)บะจ่าง(バチャーン)

昼、いつものクイティアオ屋へ行ったら中華粽が2個だけ蒸し器に残っていた。
20160623_123628.jpg
大好きな中華粽、豚の角煮や栗、銀杏なんかが入った具だくさんの中華粽をシンガポールやマレーシアでは福建語由来の「バッチャン Bak Chang(肉粽)」とも呼ぶ。

心の中で「バッチャン食べようかな」と思ったらお店のおじさんに「ギン バチャーン?」
同じかぁぁ!(感動)
20160623_123629.jpg

おじさんが解いて丼に入れてくれた。
20160623_123924.jpg
おじさんにもおばさんにも「ギンダーイ(食べられるの)?」と聞かれまくって、好みの問題を問われているのかと思ったら、量が多くて食べきれるかという意味だったみたいだ。
ちなみに70バーツ、屋台メシにしては破格に高い。売ってるおじさんにも「ペーン!(高いでしょ)」と言われる始末。
でも美味しかったなぁ。

ところで、セウェンで売っているこの15バーツのお菓子が妙に美味しい。
20160623_131147.jpg

20160623_131152.jpg

街のあちこちで見かけるmezzoカフェにこんな掲示がある。
20160623_151809.jpg
クルンシィ(アユタヤ銀行)のクレカのprivilegeかとも思うのだけれど、如何せん読めない。
この日も9時まで残業だったがきちんと帰宅して家食した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です