2016年7月15日(金)Hua Mak

昼、いつもの食堂でカオパッ。美味しい。
20160715_130416.jpg

午後、エアポートレイルリンクで出かけた。
20160715_135916.jpg

20160715_140531.jpg

10分後、Hua Mak駅下車。初めて降りる駅にワクワクする。
20160715_141533.jpg

あ、あれはモスク!
20160715_141620.jpg

美しいねえ・・・行ってみたい。
20160715_141625.jpg

このモスクだね。空港へ向かうハイウェイを走っていると右手に見える。

駅を出ると国鉄の線路(私の大好きな路線)。
20160715_142000.jpg

ここを渡ってもいいけれど渡った先の道がよくわからないので断念。
20160715_142016.jpg

素直に高架下を歩き大通りの踏切を通ることにする。
20160715_142238.jpg

Double Parking Allowed・・・私はこれがホント嫌い。
20160715_142259.jpg

自分が停めるのもさることながら、自分は通常通りロットに停めたのに前にでーんとやられるのほんとイヤ。
20160715_142301.jpg

なんと、反対側にも小さなモスクがあった。
20160715_142513.jpg
確かに、トドン(ヒジャブ)を被っている女性を結構見かける気がした。

東南アジアのイスラム文化が好きな私にとってここはAdorableな街だ。

もっと南の各国ほどのDiversityさをタイで感じることはあまりないのでとても嬉しい。

踏切まで来た。
20160715_142527.jpg

踏切脇には自在に歩く人々のケモノ道ができていた。
20160715_142533.jpg

バンコクもちょっと離れるだけで空が広い!
20160715_142550.jpg

忙しいスクンビットから離れた郊外感に癒される。
20160715_142829.jpg

かと思うとやっぱり日本に出くわす。
20160715_142903.jpg

シーナカリン通り。
20160715_143140.jpg

用事を済ませ、駅へ引き返す。
20160715_162414.jpg
雨季はどこへ行ったという暑い日で、人目も憚らずジャケットを頭から被る。この方が涼しいのでムスリマさんたちのヒジャブは理に適っていると思う。

すぐに線路は渡らず手前の路地を歩く。
20160715_162505.jpg

生活感に溢れていい感じ。学校もあって、広場的なところでは子供も大人もなんとなくたむろしていた。
20160715_162839.jpg

思いっきり人がいたので写真は撮らなかったが、この路地の伝統家屋はなんだかメルヘンなまでに可愛らしかった。
20160715_162849.jpg

運河のある風景。
20160715_162913.jpg
大きな川や海にできるマレーシアやブルネイのカンポンアイルとバンコクの運河とでは浄化能力が段違いなので、どうしてもドブ臭くなってしまうのが残念。

さっき渡らなかったところに出た。
20160715_162932.jpg

ARLの駅にはドリンクスタンドがいくつも並んでいることが多い。
20160715_163338.jpg

25バーツという安さのアイスカプチーノを買ったが増粘多糖類感が凄かった。
20160715_163516.jpg

運河の向こうにさっきの大きなモスクが見えた。
20160715_163656.jpg

ここから見ると鉄塔に邪魔されてしまっている。
20160715_163707.jpg
バンコクのムスリムの方々にはどんなルーツや事情があるんだろう。やっぱりタイ南部から移住してきた方々なんだろうか?それとも(マレーシアの華人やタミル人みたいに)もっと遠い昔にルーツがあるんだろうか?

運河の脇を歩く人たち。
20160715_163719.jpg
水のある風景はいいなぁ・・・カメラ欲しい!(営業バッグを膨らませてもおけずいつも持ち歩いてはいない。)

ホームへ上る前にまた反対側の小さいモスクとその集落が見えた。
20160715_164013.jpg
夕方ここを通ったら両側からアザーンが聴こえるんだろうか!

ホームへ上がった。
20160715_164356.jpg

高い建物はちらほらあるものの、やっぱり空が広い。
20160715_164351.jpg
遠くにラッカバーン上空を空港へアプローチしていく飛行機が見えた。
のんびり外訪して戻ったら4連休前らしいいろいろな問題勃発や残務処理で残業。

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください