2016年7月23日(土)チムチュム初体験

昼過ぎ、ビクトリーモニュメント駅まで。
160723-001.jpg

さすがこの辺はロットゥーだらけ。
160723-002.jpg

CENTURY THE MOVIE PLAZAの周りをぐるっと半周、という感じでRang Nam通り。
160723-003.jpg
駅近くだけど、やっぱスクンビットと雰囲気全然違うなあ。

目的はこちら、「激旨!タイ食堂」で紹介されていた「イサーンロムエン」。
真っ昼間からイサーン料理とチムチュムが食べたい!(激旨!タイ食堂)
160723-006.jpg
この「チムチュム」なるものを食べたいなとずーっと思っていたのです。タイスキではない、イサーン地方の鍋料理。写真を見ているとなんだか可愛らしい小さい土鍋で、一人でも食べられそう。

チムチュムは3種類選べた。
160723-004.jpg
牛が一番高く、タレー(海鮮)、一番安いのが豚か鶏。

豚肉または鶏肉好きの私、豚を選ぶ。160バーツ。
160723-007.jpg
LEO90バーツもお供に。真昼間から飲むビールはうめーなやこれがっ!

お野菜。
160723-008.jpg

豚肉には生卵が落とされている。
160723-011.jpg

そして来た、かっわいい素焼きの土鍋!
160723-012.jpg
このフォトジェニックな土鍋を見るだけでもう満足。

蓋を開けてみるとレモングラスの茎やカー(南姜)のスライスが浮いている。
160723-016.jpg

まだ煮立っていないのでビールを飲みつつ待っていたらお店の若者が「なんで待っているの?」か何か言いながら(多分)、お肉を生卵で和えて、鍋に投入。
160723-014.jpg

沸騰していないのでじんわりと薄い卵液状態になった。
160723-017.jpg

160723-020.jpg

ようやくフツフツしてきたところで野菜も投入。
160723-023.jpg

煮えたら、後はひたすら黙々と食べ続けましたね。
160723-026.jpg
うんまああああああ!!卵を絡めた肉は柔らかいし、スープはほんのりハーブの香り、そのスープを吸った春雨も美味しい。
最後の方にはグラグラ煮えて、卵液の卵が分離しふわっと固まったのもまたいい感じ。250バーツで大満足。

道路向かいから、お店の外観。
160723-028.jpg

さて、駅へ戻る。
160723-027.jpg

ムービープラザの中を通って直接駅へ。
160723-030.jpg

なんだろうおもしろいお店だ。タイ航空直営?
160723-031.jpg

ミスドもあった、珍しい。
160723-032.jpg

映画館が入った賑やかなモールだった。
160723-033.jpg

160723-034.jpg

駅まで続く渡り廊下。バンコクは広いなあ。8ヶ月が経とうとしてもまだまだ全然見たことがない空ばかりだ。
160723-035.jpg

160723-037.jpg

ほろ酔いで一休みしたくなる。トンロー駅前に良さげなカフェがあったけれど混んでいて諦めた。
160723-042.jpg

スッチマンション下で、開き始めたばかりの屋台の一つでナムケーンサイを食べる。
160723-047.jpg

選んだトッピングは銀杏の甘煮とロッチョン(チェンドル)と、仙草ゼリー。
160723-049.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です