2016年7月30日(土)なんとなくマハーチャイ

心身共に疲れていた。公私にも、スクンビットにも。
160730-002.jpg
MRTでシーロムへ。

サラデーンからBTSに乗り換えウォンウィアンヤイ駅へ、そこから国鉄駅へ行ったら9:40発マハーチャイ行きに間に合ってしまったので慌てて切符を買って飛び乗る。
160730-006.jpg

160730-004.jpg

水も買わずに乗って出発してしまった。失敗したなあこの路線は車内販売がない。
160730-003.jpg

160730-007.jpg

160730-011.jpg

160730-008.jpg

160730-015.jpg

160730-016.jpg
駅すぐのマーケットエリアがぐんぐん過ぎて行く。

あまり混んでいなかった。
160730-018.jpg

今まで気づかなかった。BTSと交差するポイントがあった。
160730-019.jpg

進行方向左側に座ったため駅名がわからない。もう何回か乗ったから、以前のように駅名をメモしたりはしなくなった。
160730-021.jpg

水郷バンコク。
160730-024.jpg

Wat Sai駅。
160730-027.jpg

160730-028.jpg

160730-029.jpg

大きなお寺のあるWat Sing駅。
160730-030.jpg

160730-031.jpg

160730-032.jpg

160730-034.jpg

160730-035.jpg

160730-036.jpg

緑の水路。
160730-037.jpg

160730-041.jpg

Khankeha駅。
160730-043.jpg

160730-045.jpg

一瞬。
160730-047.jpg

160730-048.jpg

待機列車とすれ違う。
160730-050.jpg

たまに、バイタクのライダーさんが踏切を開閉しているのを見かけた。
160730-052.jpg

多分Phromdaeng駅。
160730-055.jpg

Bang Nam Chut駅?定かではない。
160730-059.jpg

カンポンアイル的風景。水郷バンコク。(もうこの辺はサムットサコーン県だけど。)
160730-060.jpg

160730-063.jpg

160730-067.jpg

この駅(駅員さん用の宿舎?)は終点マハーチャイのわりとそばなのに、ここを過ぎて不覚にも寝落ち。
160730-068.jpg

またマハーチャイの線路市場への進入を見逃してしまった。向かいの席のお母さんが膝を叩いて起こしてくれた。「このまま寝ていたらまた引き返しちゃうよ」というようなことを言われた。
160730-069.jpg

この到着を待って隣のホームで出発を待つ列車がいたので、寝起きのクラクラする頭で市場の方へ行く。
160730-070.jpg

この列車が間もなく出発する。
160730-071.jpg

160730-072.jpg

160730-073.jpg

駅の方から注意を促す笛が聴こえて徐々に傘が畳まれる。
160730-074.jpg

160730-076.jpg

160730-077.jpg

駅舎ではもう列車のヘッドランプが点いている。
160730-078.jpg

市場の端っこまで来て待機。
160730-079.jpg

来た。
160730-081.jpg

迫力。

160730-085.jpg

そして去っていく。
160730-086.jpg
こんなに楽しいアトラクションなのに観光客がほとんどいないのほんと好き。みんなこの先のメークロンへ行っちゃうからね。

列車が過ぎるとすぐに傘が開かれ、売り物が並べられる。この列車が出ると、次にウォンウィアンヤイから列車が来るまでしばらく時間が開くので、本格的に元に戻る。
160730-089.jpg

160730-091.jpg

160730-092.jpg

160730-093.jpg

160730-094.jpg

160730-095.jpg

160730-096.jpg

160730-097.jpg

常夏の国でも季節があるのか、来るたびに、前回は見かけなかった野菜や果物がちらほら見える。
160730-098.jpg

マハーチャイの魅力は線路市場だけではない。
160730-100.jpg

駅と並行している通りにはターチン川が運ぶ水産物の市場が並び、とても活気がある。
160730-101.jpg

160730-102.jpg

160730-103.jpg

160730-104.jpg

160730-105.jpg

160730-106.jpg

160730-108.jpg

前回も買った屋台で、ご挨拶替わりのバイブアボックジュース。日本のチドメグサと似ているツボクサを搾ったもので大変青臭い。10バーツ。
160730-109.jpg

160730-110.jpg

160730-111.jpg

一旦駅舎に入り次の列車を確認。1時間くらい遊べそう。
160730-112.jpg

さっき乗ってきた列車がそのままそこにいた。この折り返しに後で乗るのかもしれない。
160730-114.jpg

160730-116.jpg

このわんこは駅舎に入っているお店の人が飼っていて、いつもこの辺にいる。
160730-113.jpg

ちっちゃい毛玉。
160730-115.jpg

じゃらんじゃらん再開。
160730-118.jpg
ここでよく見掛ける味噌のようなもの。

おそらく発酵食品系だろうなあ。
160730-117.jpg

美味しそうなんだけれど、この状態を1時間列車、さらに1時間近くMRTとBTSを乗り継いで持って帰ると思うと、いろいろとちょっと自信がない。
160730-119.jpg

160730-120.jpg

160730-121.jpg

乾物も多い。
160730-124.jpg

160730-126.jpg

蟹も多い。
160730-127.jpg

貝屋さん。
160730-128.jpg

160730-129.jpg

川の渡し舟乗り場付近まで来た。
160730-131.jpg

160730-132.jpg

OMG!激甘保証なんだろうとは思いますが・・・。(ミツバチがたかっている。)
160730-133.jpg

160730-135.jpg

160730-136.jpg

ジェティ。
160730-138.jpg

メークロン線へ乗り継ぎたい人はここから4バーツの渡し舟で対岸へ行き、バーンレム駅を目指して下さい。
160730-142.jpg

なかなか雄大、ターチンTa Chin川。
160730-141.jpg

引き返そうとすると不思議な食べ物が目に入った。
160730-144.jpg

何か白いものが、薄い膜に春巻のように包まれている。
160730-143.jpg

160730-145.jpg

160730-148.jpg
眺めていると、隣の蟹屋のおじさんが英語で助け船を出してくれた。

2本買ったら、炙り開始。
160730-145.jpg

炙った後は刻まれて、グリーンチリの辛いタレと共に袋へサイ(put in)。
160730-151.jpg

こちらは英語で助けてくれたおじさんの蟹。
160730-150.jpg

160730-149.jpg
この辺、こういった海産物をすぐに食べさせてくれる食堂がありそうで見つからない。

市場通りを駅へ戻る。
160730-153.jpg

つい、ドリアンカオニャオ(もち米)を買う。結構高くて40バーツ。
160730-152.jpg

また店先を眺めながら歩く。
160730-155.jpg

160730-156.jpg

160730-157.jpg

160730-154.jpg

ブレた!喉が渇いたので優しいおじさんから何かよくわからないジュースを1杯。
160730-160.jpg

指差された看板のイラストにはヤシの木が書いてあった。ヤシジュース?
160730-159.jpg
この濃いのを水と氷で割ったのを渡された、10バーツ。

駅前で、女性だけで切り盛りしているクイティアオ屋さんに入った。
160730-162.jpg

優しい感じの塩クイティアオ。
160730-165.jpg
後ろのおじさんが飲んでいた飲み物が気になったので頼んでみたら、「ビタミルク」と言われた。加糖の豆乳だった。

駅に戻るとカウンターが開いて乗客がチケットを受け取っているところだった。外国人の私は10バーツ払う。
160730-168.jpg

乗車。
160730-171.jpg

毎度見かける飾り物売りのおじさん。
160730-169.jpg

到着列車を受けて、こちらが出発。
160730-173.jpg

160730-175.jpg

160730-176.jpg

この列車は市場の脇の線路を出発。こうやって2本の線路とホームを代わりばんこに使っている。
160730-178.jpg

さらばマハーチャイ。正味1時間くらいの滞在でした。
160730-179.jpg

160730-180.jpg

160730-182.jpg

出発して割とすぐ、雨になったので向かいの女の子が窓を閉めちゃった。
160730-184.jpg
仕方ないとはいえ、窓が閉められた車内は暑い・・・。

約1時間がっつり眠り、車掌さんの「ウォンウィアンヤイ!」の声で目が覚めた。
160730-186.jpg

今日もありがとう、ばいばい。
160730-187.jpg
往復20バーツの旅、終わり。

BTSの駅を目指す。
160730-188.jpg

毎度、往路と別の道に入ってしまうのだけれど、この道はローカル色が強くておもしろい。
160730-189.jpg

BTS駅から。遠くにラマ9世橋らしき橋が見える。
160730-192.jpg
チャオプラヤ川のこっち側、スクンビットとは全然違う暮らしがあるんだろうなぁ・・・。

サラデーン駅乗り換え中。
160730-194.jpg
平日も来ることが多いサラデーン、シーロムコンプレックスへの渡り廊下手前にあるドリンク屋台で売られているチアシード入りの飲み物が最近のお気に入り。25バーツはちょっと値が張るけれど。バイトゥーイ(パンダン)味が好きなのにこの日はなかった。これはバタフライピーだろうか?

途中で食べそびれてしまい、欠片とはいえドリアンを隠し持ってMRTやBTSに乗るのはほんと緊張した。(MRTは禁止なはず。BTSもダメだと思う。)
160730-196.jpg
帰宅してから、店のおじさんに言われたようにココナッツミルクを混ぜて食べた。

夜も夕飯を作る必要がなかったので、サブウェイとスイカジュースで済ませた。
160730-198.jpg
そんな土曜日。

タイランドじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です