2016年7月31日(日)なんとなくヤワラート・・・ロッチョンシンガポールとフカヒレ

昼食には土用のウナギ(日本からのレトルト)を食べた後、また気まぐれでヤワラートまで来てみた。
160731-001.jpg
ご挨拶替わりの道端マナオジュース20バーツ。

そんなこんなでチャイナタウンをそぞろ歩く。
160731-003.jpg

しばらくはラマ4世通りを歩いた。
160731-004.jpg

あ、廟があるようだ。
160731-006.jpg

お参りする人の邪魔にならないよう接近を試みた。
160731-008.jpg

160731-007.jpg

160731-011.jpg

改めてGoogleマップを見ると「大聖佛祖」と書いてあった廟のようだ。
味のある看板。
160731-010.jpg

ソイNanaのパクソイにある建物。
160731-017.jpg

どこかでソイを移動し、Charoen Krung通り。緑が多い。
160731-018.jpg

不意に、行列ができている屋台に気づいた。よく見ると漢字でシンガポールと書いてある。
160731-019.jpg

近づいてみたらロッチョンのお店(屋台風)だった。
160731-026.jpg

持ち帰り用ではなくグラスに入れてもらった。22バーツ。
160731-021.jpg

中身を見てびっくり。チェンドルとは似ても似つかない別の何かだった。薄いグリーンの、コンニャクゼリーのような弾力のある食感。
160731-024.jpg
普通街角で食べられるロッチョンは普通にシンガポールやマレーシアのチェンドルと同じなのに、なぜこの「ロッチョンシンガポール」は独自の進化を遂げちゃったんだろう?

あと、何かフルーツの千切りも入っていた。マンゴー?
160731-025.jpg
でもまぁ、これはこれでアリです。

どぼどぼ・・・大盛況なので続々注ぎ足さないと。
160731-023.jpg

その後、Song Sawat通りにあるイサーン料理屋でチムチュムをつつきながらビールでも・・・と思ったらチムチュムの準備ができていなかった。
160731-038.jpg

そもそも空腹ですらないんだけれど、ヤワラートの思い出に入ってしまったフカヒレ屋さん「Muileng Shark’s Fin & Bird’s Nest」。
なんとも雑然と庶民的。
160731-027.jpg

160731-028.jpg

お土産用もある。
160731-029.jpg

そもそも私はフカヒレは別に好きってわけではない。同じ醤油味のとろみスープなら具が魚の胃袋のやつ(50バーツくらい)で十分満足だったりする。
160731-030.jpg

でも、この街のそれが名物なら食べておきたいという旅人根性。
160731-033.jpg
一番小さな300バーツ。

ちょこっと蟹の身も入っていた。ご飯によく合う味だった。
160731-034.jpg
パクチーなどの薬味も合わないことはなかった。

デザートに、三級品の燕の巣(熱)、中国茶付き。
160731-037.jpg
このお店は甘いけれどパンダンのお茶をぐんぐん注ぎ足してくれるお店だった。暑くて喉が渇いていたのでありがたい。甘いけど。
わりと満足。

160731-039.jpg
ワットトライミット。MRTで帰宅。

夜遅く、トンローの「大連飯店」へ行ってみた。日本人御用達と聞いているのでどんなもんかと。
160731-040.jpg
店内冷やし過ぎ。

いつまで新年・・・。
160731-043.jpg

麻婆豆腐。
160731-041.jpg
日本人向けか・・・?という感じ。ラー油味。可もなく不可もなく。

豚肉とザーサイの炒め物。薄味。私は嫌いじゃないけれどびっくりするお客さんいそう。
160731-042.jpg

餃子二種、鍋貼と水餃。
160731-044.jpg

水餃子は微妙だったけれど、焼き餃子は美味しかった。
160731-047.jpg

最後に小籠包。皮の分厚い庶民的スタイル。味は・・・まあまあ。
160731-048.jpg
珍しく辛口になってしまった。舌バカの私が満足度低いとかヤバいと思います。

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です