2016年8月13日(土)【マレーシア】イポーとクアラカンサー

朝7時前のKL、まだ結構暗い。
160813-001.jpg

160813-008.jpg

でも通りでは下拵えをする方々が。
160813-011.jpg

有名な餅菓子屋のお母さんはもうお店を開いていた。
160813-015.jpg

開いている食堂もあるけれど先を急ぐ。
160813-027.jpg

160813-036.jpg

パサールスニ駅に着いたらあっという間に明るくなった。
160813-045.jpg

ツインタワーも1本だけ見える。
160813-050.jpg
何年経っても何度見ても、私はあのツインタワーが好きなんだなあ・・・。

KLセントラル駅。まずは今日乗る列車のホームを確認する。
160813-054.jpg

もうすぐムルデカだね・・・。
160813-057.jpg

ホームは通常の長距離マレー鉄道発着ホームと一緒だった。
160813-060.jpg

確認を終えたらフードコートで朝ごはん。
160813-075.jpg

160813-072.jpg

いろいろあったけれどこのヌードルのお店。
160813-063 (4).jpg

胃に優しくミースプ。
160813-069.jpg
テ・リマウのグラスが妙に可愛い。

待合所に戻り、ホームが開くのを待つ。
160813-078.jpg

Eチケットはプリントしてきていた。
160813-081.jpg

ホームが開く。これが今日乗車する「ETS」バタワース行き。
160813-086.jpg

お向かいには従来のKTMの客車も停まっていた。
160813-093.jpg

立派な車両です。
160813-101.jpg

160813-108.jpg

160813-113.jpg

賭けに出てたんですけど・・・負けた!
160813-116(1).jpg
1A・1Bの座席は窓が狭い!

映画上映は在来KTMと同じ。
160813-117 (2).jpg

出発。
160813-120.jpg

イポーまでノンストップと書いてはあるものの、旧KL駅には停車した。
160813-123.jpg

160813-126.jpg

古そうな貨車?が置いてあった。
160813-129.jpg

KL近郊。
160813-132.jpg

160813-134(1).jpg

その後、40分ほども爆睡。目が覚めると、テーブルの上に置いていたEチケットの位置が変わっていた。
160813-135 (2).jpg
検札があったようだ。

モニターには走行速度が表示される。この時140km/h。
160813-135 (3).jpg

雨が降ってきた上に・・・
160813-135 (4).jpg

森の中で停まってしまった・・・。
160813-136.jpg

お菓子が配られた。
160813-138 (3).jpg

到着30分ほど前また森の中で停車、まだSungkai付近。絶対定刻無理。
160813-139.jpg

気を取り直して走る頃には定刻(10時)も過ぎた。わざわざ2時間ちょうどでイポーに着く特別版を選んだのに、通常通りの2時間半コース。
160813-143.jpg

160813-148.jpg

160813-151.jpg

定刻から20分遅れで、イポー駅到着。
160813-155.jpg

160813-166.jpg

ETSはバタワースへ向けて去っていった。
160813-182.jpg

160813-186.jpg

イポー駅舎、懐かしいゆで卵ドーム。
160813-193.jpg
以前ここはホテルだった。2007年にこの街を訪れ、この駅に泊まった。もう9年にもなる。

感慨深い。
160813-196.jpg

この街の名前の由来であるイポーの木もあの頃のまま。
160813-199.jpg

160813-207.jpg

大通りをなんとか渡る。
160813-208.jpg

Jl. Sultan Iskandarにあるペラ州立モスク。
160813-214.jpg

ドームが個性的。
160813-216.jpg

160813-217.jpg

モスクの次の交差点を右折。
160813-220.jpg

右手のお店は撮影禁止だったが、何やら古い時計の部品などが置いてあり味わい深い。
160813-222.jpg

160813-224(1).jpg

路地裏も味がある。
160813-225(1).jpg

ナイスカキリマ。
160813-225(2).jpg

160813-226 (4).jpg

160813-228.jpg

160813-230(1).jpg

Jl. Koo Chong Kongへ。
160813-230(2).jpg

160813-231(1).jpg

到着、目指していた「南香茶餐室」。
160813-235.jpg

でも、めっちゃ混んでる!
160813-234.jpg

160813-239.jpg

お店前のアパム屋台。
160813-240(1).jpg

お向かいにもコピティアムがあり、そちらも混んでいた。
160813-236.jpg

お店に入るのは諦め、外でNちゃんを待つ。
160813-238(1).jpg

160813-238(2).jpg

160813-238(3).jpg
お盆休みの時期、偶然マレーシアに来ていたNちゃんがこれまた偶然昨日からイポーに来ていた。

Nちゃんと、友人のJさんと合流。南香は諦め、そのお向かいも諦め、その隣のコピティアムに入る。
160813-240.jpg

お店の前には美味しそうなクエが。
160813-242.jpg

2種類。
160813-244.jpg

私は半熟卵も完備のカヤトースト。
160813-243.jpg

この陶器の器がね・・・もうね。
160813-245.jpg

食後、外に出ながら、厚かましくも二人の旅に飛び入り参加もらうことになった。
160813-250.jpg
この後はテキトーにKLに戻ろうと思っていたし急にお邪魔するのも一瞬躊躇われたし、普段急な予定変更はしない性格だが、この2人との旅はきっと楽しいに違いないと思った。

イポーの街を出て、一路北上。
160813-252.jpg

160813-253.jpg

160813-256.jpg

ペラ州独特の石灰岩地形が続く。
160813-267.jpg

洞窟寺院も見えた。
160813-270.jpg

160813-279.jpg

ロイヤルタウン・クアラカンサーへ。同じタイミングでカメラを構えてしまう私たち。
160813-284.jpg

KTMの線路が。
160813-298.jpg

160813-303.jpg

Jさんがクアラカンサー駅に立ち寄ってくれた。
160813-310.jpg

160813-312.jpg

クアラカンサーはJさんが青春を過ごした街。
160813-316.jpg
母校を訪ねる。

学校の敷地の奥にモスクがあった。
160813-322.jpg

全寮制の男子校。洗濯物が無造作に干してあるのが青春だなあ。
160813-324.jpg

広い校庭。
160813-336.jpg
ここでしばし記念撮影など。

再び移動。
160813-384.jpg

クアラカンサーの街並みも実にキュンキュン。
160813-392.jpg

この街も初めてではない。9年ぶりの再訪。でもその時はあまり街歩きをしていなかった。
160813-395.jpg

160813-400.jpg

年季が入ったショップハウスはたまらなく美しい。バンコクにはないのが本当に残念でならない・・・。
160813-403.jpg

時間色の壁に根を下ろす植物。
160813-404(2).jpg

160813-411.jpg

バスターミナルの脇はバジュのマーケットになっていた。
160813-413.jpg

Nちゃんは一着即決買いをしていた。
160813-429.jpg

160813-420.jpg

バスターミナル。うわっ懐かしいこの感じ!!
160813-450.jpg

えんじ色の柱とクリーム色の壁は9年前と変わらない。
160813-455.jpg

ここはJさんが学生だった頃、制服をちょっと仕立て直して貰うお店だったそう。
160813-465.jpg
今でも健在でJさん嬉しそう。

バジュのお店をしげしげと見つめるNちゃんと、その様子を見ているJさんの後輩君たち。
160813-489.jpg

移動。
160813-501.jpg

160813-518.jpg

これはカンサー川。
160813-522.jpg

雄大なペラ川を望みつつ、懐かしいブキッチャンダン Bukit Candanへ。
160813-524.jpg

9年ぶりのウブディアモスク Masjid Ubudiah!!
160813-529.jpg

9年前と比べると、金色の玉ねぎドームが少し黒くなってしまっていたけれど、マレーシアでも名高い美しいモスク。
160813-546.jpg
写真を撮りまくり、記念撮影もしまくった。

タイのナンバーの車があった。
160813-564.jpg
登録県名はナラティワートだった。深南部と呼ばれる、イスラム系分離独立派のテロが毎日のように起こる、外務省も渡航中止勧告を出す危険な地域の県の一つ。彼らにとって、タイ人であることは別としてイスラムの国マレーシアへ来ることはもしかしたら一種の癒しなのかな?とも思ったりした。

チャンダンの丘の先へ。9年前私は疲労と腹痛でこれ以上先へは行けなかったので、ここから先は未知のゾーン。
160813-567.jpg

160813-574.jpg

行き着いたところにあったのはイスタナ・クナンガン Istana Kenangan。
160813-606.jpg

今はロイヤルミュージアムとなっているそう。
160813-601.jpg

前庭では牛たちがのんびり草を食んでいた。KL(もちろんKLも好きだけど)とは違う穏やかな時間。
160813-587.jpg

チャンダンの丘を下り、またバスターミナル近くへ戻ってきた。
160813-650.jpg
Jさんが学生時代によく来た食堂で、名物のパオを食べる。

華人さんの食堂だけれど、ハラルだそう。
160813-641.jpg

160813-638.jpg

欲張ってチキンとビーフを食べた。
160813-645.jpg

ビーフの方がピリ甘辛だった。
160813-648(1).jpg
どちらも美味しい。

Jさんの母港のOBも通い続けるとあって、Jさんも先輩と遭遇していた。
160813-648(2).jpg
Jさんの思い出を辿るじゃらんじゃらんにNちゃんも楽しそうだった。

クアラカンサーを後にして、ハイウェイを一路KLに向かって南下・・・と思ったら、イポー手前のSAで2人はまた食事。よく食べるなあ!
160813-662.jpg

160813-654.jpg

Nちゃんはナシアヤムのお粥 Bubur Nasi Ayamを発見しオーダーしていた。私も初めて見た。
160813-659.jpg

160813-690.jpg

にゃんこ待機。
160813-673.jpg

2人の食事風景を見て私も食べたくなってしまった。
160813-711.jpg
ペナンラクサって書いてあったのに何か似てもいない非なるものだった。まぁこんなのも食べ歩き旅の醍醐味。

南へ。
160813-718.jpg

イポー付近に多い石灰岩の小山。
160813-722.jpg

160813-732.jpg

この独特の地形本当に面白い。(KL付近も北郊では少し見られるけれど。)
160813-738.jpg

160813-740.jpg

160813-748.jpg

給油&トイレ休憩。
160813-752.jpg

160813-759.jpg

160813-765.jpg

都会の気配がする。
160813-767.jpg

それでも、首都近くだというのに空は広くて緑が多い。
160813-771.jpg

160813-772.jpg

160813-776.jpg

ただいま、都会。
160813-791.jpg
本当に楽しいドライブだった。一人旅も好きだけれど、マレーシア人とマレーシアを愛する友達との旅が楽しくないはずがない。

2人にはKL南郊のアラ・ダマンサラというかわいい名前の駅でドロップしてもらった。
160813-795 (1).jpg

160813-795 (2).jpg

気が付けばKLの公共交通網はどんどん拡大していた・・・バンコクよりも全然進んでいる。
160813-795 (13).jpg

まだ乗客も少ないうちに写真をたくさん撮っておいた。
160813-795 (20).jpg

160813-795 (25).jpg

KL南郊のランドマーク、Kerinchi駅近くのMenara TM(テレコムタワー)。
160813-795 (30).jpg

夕暮れのKLへ戻ってきた。
160813-795 (31).jpg

パサールスニ駅では降りずにそのまま先へ行ってみた。
160813-795 (32).jpg

ダンワンギ駅で乗り換えてモノレールへ。
160813-800.jpg
ツインタワーが見えた。

KLタワーも頭上に。
160813-804 (4).jpg

ツインタワーが美しくて何枚も写真を撮った。
160813-804 (10).jpg

広角でぎりぎりどっちも入った。
160813-809.jpg

昔ダンワンギ駅前にはショップハウスがあったと思ったんだけどなあ・・・。
160813-813(1).jpg

モノレールでKLセントラル方面へ帰る。
160813-813(4).jpg

遠くから見えるツインタワーも美しい。
160813-813(9).jpg

モノレールから見えた中国寺院が何やら賑やかだった。
160813-813(10).jpg

チャイナタウンへ戻ってきた。
160813-813(19).jpg

ホテル近くの衣料品店でちょっとした服を買った。バンコクより安い。
160813-813(11).jpg

チャイナタウンの真ん中にあるホーカーTang City Food Centreへ。
160813-813(26).jpg

160813-813(23).jpg

日中とても楽しかったせいで、一人旅の寂しさに襲われてしまった。
160813-813(29).jpg

でも、ビールを飲みつつ肉骨茶なんか頬張っていると、自然と元気になってくる。
160813-813(31).jpg
お酒の力を借りているだけかもしれないけれど・・・。

食後、チャイナタウンをじゃらんじゃらん。
160813-813(34).jpg

有名なロンガンジュース屋台も夜まで元気。
160813-813(36).jpg

160813-813(38).jpg

Hang Lekir通りよりは静かだけれど、Jl.Sultanもいい感じ。
160813-813(39).jpg

160813-813(41).jpg

160813-813(42).jpg

160813-813(45).jpg

ドリアン屋台。
160813-813(46).jpg

またいつも通り福建麺で〆ようかと思って歩いていたら、さっきのホーカーの隣の小さな裏路地でふと「牛肉粉」と書いてある幟に気づいた。
160813-813(57).jpg
狭い路地にひっそりと並ぶテーブル。

オーダーしてみた。
160813-813(58).jpg

この牛肉麺が絶品だった。
160813-813(54).jpg

牛のいろんな部位が入っていて食感も楽しい。
160813-813(59).jpg

お母さんも優しい。
160813-813(61).jpg
幟には「新九如(Shin Kee)」と書いてあった。

満足してホテルへ戻る。手前のスイスインのレストランバーで無駄に寄り道。
160813-813(65).jpg

無駄に高いビールを飲んでしまったが、なんだか窓のない狭い部屋に戻るのがちょっと躊躇われた。
160813-813(64).jpg
一人旅は、楽しくてちょっと寂しい。

Hotel Chinatown 2

バンコクからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です