2016年9月3日(土)リトルインディア

Y君とフアランポーン駅で待ち合わせ、ヤワラートへ。
160903-002.jpg

ヤワラートの一本脇道を冷やかしつつ歩く。
160903-003.jpg

160903-005.jpg

160903-006.jpg

でも今日の目的はチャイナタウンじゃない。
160903-007.jpg

結構北へ歩いてChakphet通り。
160903-008.jpg

シーク寺院の角を曲がればリトルなリトルインディア Tri Phetロードに辿り着く。
160903-009.jpg

本当に小さいんだけど・・・。
160903-010.jpg

160903-011.jpg

でも楽しい。
160903-012.jpg

160903-013.jpg

160903-014.jpg

観光客なんか皆無。ガチローカル。
160903-016.jpg

160903-017.jpg

前回も入った食堂に入る。2階に通された。
160903-019.jpg

周囲から聴こえてくるのは、シンガポールやマレーシアで聴き慣れたタミル語ではない。ググってみるとパンジャーブ地方からの移民が多い、シーク教徒が多いという記述が散見される。
160903-020.jpg
南インドからのタミル系移民の多いマレーシアとはこんなところでも違うわけだな。

でもここでは南インド系料理のドーサが食べられます。
160903-021.jpg

くたびれた感じのプラスチックグラスに注がれた濃厚ラッシー。
160903-023.jpg

私はパニールドーサ、Y君はベジのブリヤニをオーダーしてシェア。
160903-024.jpg

160903-025.jpg
どちらもとても美味しい。そして安い。

食後。いつか食べてみたいインド系スイーツ。激甘なんだろうな・・・。
160903-026.jpg

ソイの真ん中にある普通の屋台街。その脇を通って奥へ。Y君についていく。
160903-027.jpg

160903-028.jpg

衣料品街があった。
160903-029.jpg

大通りのパフラート通りに出た。ガイドブックなんか見るとここがインド人街と書かれている。確かにインド系の店舗が多いのだけれど、大通り過ぎて簡単に対岸に渡ったりできないのが難点。
160903-030.jpg

どんな風に歩いたのか忘れちゃったけれど、ここに電子部品街がある。
160903-031.jpg
あらゆる部品と、オーディオ関係の機材も目立つ。

「Ban Mo」と呼ばれるエリアらしい。電気系のお店がモールの中に外に密集している。
160903-032.jpg

奥に寺院があった。Wat Dibayavarivihara「敕賜甘露寺」と書いてある。
160903-033.jpg

160903-034.jpg

160903-035.jpg

160903-036.jpg

軒先で機材を修理しているお店もたくさんあった。
160903-038.jpg

160903-039.jpg

160903-040.jpg

タクシーでフアランポーン駅まで戻った。
160903-046.jpg

160903-044.jpg

160903-042.jpg

ちょうどバタワース行きの列車が停まっていた。国際列車だけあってかクルーも何やらミーティング中。
160903-043.jpg

でも表示は手前のハジャイ。
160903-045.jpg

夜はトンローで某「同郷系」会合に参加、そのままZola Snack Barでささやかに二次会やって帰りました。Yさんいろいろお話聞いてくれてありがとうございます。
160903-048.jpg

バンコクじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です