2016年9月18日(日)【マレーシア/KL】発作的KL翌日

また明るくなってから外に出た。この頃からどうも夜中2時や3時に目が覚めてしまって・・・。
160918-001.jpg

昨日の市場、ナイス賑わい。
160918-003.jpg

160918-006.jpg

餅菓子の名物お母さん、元気だけど見るたびに年齢が重ねられていくのは切なくもある・・・。
160918-010.jpg

160918-012.jpg

160918-013.jpg

10年ぶりに食べますよ。
160918-014.jpg
パンダンとかライチとか、あのグレープのジュース(Rから始まる・・・名前ド忘れ)とか、いろんな味が楽しめる。

しばしショップハウスを眺めて歩く。
160918-015.jpg

160918-018.jpg

160918-020.jpg

あの一角に飲食店があったがいまいち食指が動かない。
160918-023.jpg

トゥンタンチェンロック通りを歩いていく。
160918-025.jpg

チャイナタウンのメジャーな通りの間にある細い路地に街角にいい感じのインド系食堂を見つけてしまった。「Restoran Halim」。
160918-026.jpg

まあ、座るよね。
160918-027.jpg

お向かいの壁も味わい深い。
160918-038.jpg

と言いつつ厨房を覗きに行く。
160918-029.jpg

苦笑されつつ激写。
160918-033.jpg

テタレッを渡されて自席へ戻る。
160918-036.jpg

ロティチャナイ来ました。
160918-040.jpg
どっちのカレーも無性に美味しい。隣国なのになんでタイにはないんだ。悲しいわあ・・・。

にゃんこも来た。
160918-047.jpg
お店の人に「夜もやってるからおいで」と言われたけれど今夜はもうここにはいない・・・後ろ髪引かれまくり。

Hang Lekir通りに戻る。にゃんこがわらわら寄ってきた。
160918-060.jpg

バンコクをこんな眼差しのカメラで見つめることはまだあまりない・・・なんとなく(怒られるんじゃないかと思って)躊躇われるのだ。
160918-064.jpg

入ってみようかと思ってやめといた。
160918-067.jpg

160918-068.jpg

160918-069.jpg

160918-070.jpg

フードセンター、朝から賑わう。
160918-081.jpg

160918-071.jpg

揚げたて油条、美味しそう・・・。
160918-072.jpg

フードセンターの向かいの路地は入ったことがなかった。
160918-073.jpg

160918-074.jpg

路地の奥はなんだか凄い感じだった。
160918-075.jpg

なんとも言えないがらくた市・・・得体のしれない迫力を感じ撤収。
160918-077.jpg

160918-078.jpg

もう相当お腹がキツかったが、Hang Lekir通り端っこにある点心屋さんに入った。
160918-083.jpg

160918-082.jpg

160918-086.jpg

いろんな点心盛り合わせ。
160918-084.jpg

そうだね、「ようがん」だね。
160918-088.jpg

RM0.5の中国茶が妙に美味しく感じる。
160918-091.jpg

トドメのロータスまん。カヤまんがなかったので代替に。
160918-089.jpg

160918-090.jpg
今食べないと、またしばらくマレーシアめしが食べられないと思うとつい・・・満腹の限界を超える。

いつも賑わう豆乳屋台。豆花食べようとしたけれどやめといた。
160918-092.jpg

満腹過ぎて、部屋で1時間ほど寝てしまった。
160918-094.jpg
そろそろかな・・・と10時過ぎにチェックアウト。

持ってきたトートバッグ(2013年にJBで買った)が破れてしまったので、ツインタワーが描いてあるベッタベタなデザインのお土産用トートを買って荷物を入れ替えた。
160918-095.jpg

いい壁だ。
160918-097.jpg

ペタリン通りの出口に、有名な亀ゼリー(ハーバルゼリー)の恭和堂があったことに今更気づいた。いつも屋台ぎっしり出てるから気づかないんですよ。
160918-099.jpg

160918-101.jpg

160918-102.jpg

160918-105.jpg
美味しゅうございました。

バンコクでも道端にいるミニサイズの鳩を飼っているお店があった。
160918-106.jpg

パサールスニ駅付近にて。国旗everywhere。
160918-109.jpg

今まで渡ったことがない、パサールスニ駅脇のクラン川を渡ってみた。
160918-110.jpg

160918-111.jpg

対岸からパサールスニ駅を見るの初めて。
160918-112.jpg

なんだか古めかしい貨車が打ち捨てられている。
160918-114.jpg

160918-115.jpg

今はもうほとんど注目されることがなくなってしまった、旧KL中央駅・・・。
160918-117.jpg

ここからKTMに乗ってKLセントラル駅に行くのもアリだと思ったけれど次の列車まで結構待ちそうで諦めた。
160918-118.jpg

結局パサールスニ駅。
160918-120.jpg
この頃お腹がキツくて立っていられなくなる。(笑)

KLセントラル駅からKTMコミューターで一駅。
160918-121.jpg

160918-122.jpg

ミッドバレーメガモールへ。
160918-123.jpg

靴を買った。
160918-124.jpg
衣類も欲しかったがこれぞというものがなかった。

帰り。KTMコミューターがなかなかなかなか来ない・・・。
160918-126.jpg

国鉄にやる気がないのはどこも同じ。
160918-125.jpg

満腹も治まったのでKLセントラルのフードコートに来た。
160918-127.jpg

160918-128.jpg

ナシルマアヤム、うーむ微妙!
160918-131.jpg
まだナシルマ食べてないやと無理したけれど、ちゃんと街ナカの美味しい店で食べるんだった。

バスでKLにさよなら。
160918-132.jpg

ツインタワーやKLタワーはちらっとだけ見えた。
160918-135.jpg

20160918_150207.jpg

プトラジャヤ付近。ピンクモスクやペルダナ(首相府)が見えた。
160918-138.jpg

160918-139.jpg

チェックイン。帰路もウェブチェックインができなかった。発行された搭乗券が可愛い。
160918-141.jpg

Kluang Station Cafeなるお店発見。駅舎にあるカフェが有名なクルアン駅をモチーフにしているのは一目瞭然。
20160918_163217.jpg

マレーシア、ノスタルジックを持ち味にしたコピティアム風カフェ全盛期だな。(バンコクもカフェ文化凄いけどむしろファラン流。)
160918-143.jpg

160918-144.jpg
「カンポンスペシャル」・・・卵黄浮いてるけど!
160918-146.jpg

出てきたものには卵黄が浮かんでいるはずもなくむしろ攪拌されていたけれど、たんぱく質分が混じった不思議なコピだった。
160918-149.jpg

出国し、ありがたくチャージ。
20160918_175408.jpg

搭乗タイム。
20160918_183331.jpg

20160918_183817.jpg

ちらっと見えたコクピット、コ・パイさんがトドンを被ったムスリム女性だったことに感動。
20160918_183832.jpg
女性が車の運転すら許されない国がある中で、東南アジアのイスラム教は本当に柔軟で視野が広いと思う。

20160918_183838.jpg

帰路は通路側の席。
20160918_184105.jpg

機内誌「3Sixty」、まずはシティのコスメブランドSimplysSityにまつわるインタビュー記事を見つけて読み漁る。
20160918_192236.jpg

20160918_192244.jpg
オンライン版はこちら。
Jetsetter: Dato’ Siti Nurhaliza

Jetsetter: Dato’ Siti Nurhaliza

そして、ヤスミン・アフマドと彼女の愛したイポーについての特集記事を読み漁る。
20160918_192817.jpg

20160918_192915.jpg

20160918_192938.jpg
持ち帰っちゃダメ、オンラインで読んでって書いてあったのにオンライン版にこの特集収録されてないやんけ!(怒)

妙に寛いだ気持ちになり、紅茶及びジャガビーのバッタモンで散財する。
20160918_193538.jpg

帰りのイミグレは混んでいたし、追い返される人が複数いて、やっぱ厳しくなってるなって印象。
そしてこの豪雨。A1バスを降りてからモーチット駅まですらも歩けず、初めてMRTのチャトゥチャック駅を使ってみた。
20160918_210310.jpg
パホリョティンとかスッティサンとかああやって発音するんだなーと初めて知った夜。

◆AK888 KUL-DMK

バンコクからマレーシア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です