2016年10月13日(木)タイが悲しみに包まれた日

日本からのお客様をお迎えに行ってから直行の用事があったので、ホテル近くで朝マック。
20161013_080558.jpg
そこからシーロム界隈でもたもたしていたらその後はなんかもう結構散々なことが立て続けに起こって消耗。
夜お取引先の方々と飲んでいたら、携帯のアプリに速報が入った。

プミポン・アドゥンヤデート国王ご逝去
前日からいろんな噂は飛び交っていて、容態が不安定なことは報道もされていたし、王族の方々や政府要人はシリラート病院に駆けつけマスコミは病院前で待機し、タイの株価が下落したりと、もう来るべき時が近いことはわかっていました。
ここにニュースを引用するまでもなく、というか引用しきれないほどたくさんの記事がネット上に溢れていて、それはどれも、プミポン国王がどれほど国民に愛されていたかを示すもの。そして、それは本当に本当。誇張でもなんでもありません。
まだタイへ来て1年足らずの私でも、タイの国民が、形式としての「王様だから」プミポン国王を愛していたのではなく、これまで国王が生涯国民のために行ってこられたことがまさに「名君」「叡王」そのものだったからだということを身に染みて感じています。
18歳で即位してから、地図とエンピツを握って国の隅々までご自分の足で歩かれたという王様。世界でもトップクラスの資産とは裏腹のお暮らしぶりの質素さとか、王家の土地では国を豊かにするための農水産物の試験栽培が行われているとか、クーデターを鶴の一声で収められたとか、そういったお話は枚挙にいとまがありません。
偉大な国王を失ったタイの皆さんに心から哀悼の意をお伝えしたいと思います。私も今日、黒い服を買い足してきました。

出張のホテル予約はAgodaに絞ってポイント貯めています。

Twitter