2016年10月23日(日)【シンガポール】再会/ディーパバリの季節

th Chulalongkorn Day

幸い二日酔いにもならず、ホテルの外へ。
161023-029

161023-030

161023-031

昨日も思ったけれど、Sri Mariamman Templeスリマリアマン寺院に向けて裸足で歩くタミル人の方々が多い。
161023-032
昨日通った時もスリマリマン寺院は人だかりができていて山車がいたりした。ディーパバリ(ディワリ)の前哨戦かな?

161023-033

161023-035

中は撮影禁止なので、遠目に・・・。
161023-036

火渡りのお祭り・・・ディーパバリの一環なのか別のお祭りなのか、タミル語読めん!
161023-037

パゴダストリートを引き返す。
161023-039
あったなぁここにタイ料理屋さん。入ったことなかったなぁ。今飽きるほどタイ料理食べているのが不思議な感じ。

161023-040

駅へ。
161023-041

Eu Tong Sen St.を渡る。
161023-043

友達が以前住んでいたHDB。
161023-042

People’s Park前はまだ静かだった。華人圏は朝が早いイメージを勝手に持っているけれど、シンガポールはあまりそうではない気がする。
161023-044

161023-046

ご当地マック見ると食べたくなる。
161023-048

まだあまり開いているお店もない。
161023-045

大量の餃子かパオの餡。手包みなのか!
161023-049

結局このお店で経済米粉。
161023-050

161023-051

ちょっと味気なかったな。ホンリョンビル地下の朝だけのビーフンが恋しい。
161023-053

セブンイレブンのADに南国チックなドリンクが並んでいて楽しい。
161023-055

カラマンシージュースそういえばいっぱいあったなあ。タイではあまり見ないな。
161023-056

さっきのお店で豆乳を買った。
161023-058

フルーツ屋台の前にタイ語のコンテナが。
161023-059

さて、駅へ行き旅人専用のパス「Your Singapore」を買う。2日間乗り放題を指定、デポジットに10ドル。
161023-060

盗撮ですみませんが、ほんとに裸足のヒンドゥー教徒の方々が多い。
161023-064

4言語のアナウンス、4言語の表記に改めてキュンキュンする。
161023-065

161023-066
ここはdiversityの国シンガポール!

さて、紫線のファーラーパークで下車、シティスクエアモール。
161023-069

クリスマスツリーになるのかな?
161023-068
ベンチに座っていたら、得も言われぬ満ち足りた気持ちに。忙しい街だと思っていたけれど、東京やバンコクに比べるとずっと時間がゆったり流れている気がする。(バンコクっていうかバスクンビット沿い。)

シンガポールに来ようと思ったきっかけがこの会。3年ぶりに同郷の方々と再会。
161023-071

おにぎり美味しかったです。
161023-075

故郷の秋の風物詩再現。
161023-081

3時頃お開きになり、一旦ホテルへ戻ることに。
161023-084
ファーラーパーク駅前で、ヒンドゥー教徒の一団。

アルファベットと漢字の表記に癒される。
161023-086

161023-088

161023-091

ホテルの隣だけど、前はこんなドリアン専門店じゃなかったと思う。
161023-092

161023-094

ドリアンそのものは高いので、ドリアンシェイクを飲む。予想に反してドリアン果肉がミキサーにたっぷりかけられた。
161023-097
とても美味しかったけれど、夜までドリアンゲップに悩まされた。

ホテルでChannel NewsAsiaを見て日本のニュースを知った。
161023-100
外は強い雨になり、1時間ほど昼寝した。

夕方、雨は上がっていた。
161023-106

これまた久しぶりのユーノス駅前。相変わらず何かのテントが出ている。お葬式・・・?
161023-107

仕事でもこの通りにはよく来たものだった。イーストの空は広い。
161023-108

161023-109

バス停脇にニワトリ。
161023-110

161023-113
大都会だと思っていたシンガポールでも、結構のどかだったんだなと思わされる。

Yさん宅の家飲みに参加させてもらう。
161023-118
でもどんどん声が嗄れていった。風邪からは復帰しつつあったものの、気管や声帯は傷めまくってしまったようだ。

帰りはタクシー。写ってないけどゲイランロードからのビクトリアロード経由でシティへ。
161023-119

161023-123

ブギスの大きな教会。
161023-126

チャイナタウン駅前で降ろしてもらった。
161023-129

161023-130

161023-132

161023-134

夜になったらますますヒンドゥー教徒の人々が集まっていたのでスリマリアマン寺院へ行ってみた。
161023-135

161023-137

ここは女性専用の待機所?か何かになっていた。
161023-138

モニターで、寺院内部の様子を見ているらしい。今夜は女人禁制なのかな?
161023-139

サウスブリッジロードに出たら車線が一つ封鎖されていて、大勢のヒンドゥー教徒男性が待機していた。
161023-143

グループごとに待機して、合図?と共にお寺に駆け込んでいっているようだった。
161023-144

この一団は歌うように掛け声をかけながら待機していた。
161023-146

クロスストリートとの交差点の先にも行列は続いていた。
161023-147

もっとよく見ようと道路を渡った。
161023-148

161023-149

マスジッドジャメの前でも待機。チャイナタウンにヒンドゥー寺院とモスク・・・Harmoniousなサウスブリッジロード。
161023-151
ブギスのWaterloo Stでも観音堂とヒンドゥー寺院が隣り合っている。こんな風景が本当に好きだ。

161023-152

スリマリアマン寺院は、ゴープラム(塔門)が七色に変化していた。
161023-154

集団ごとに、男性たちが寺院の中へ駈け込んでいく。
161023-157

161023-158

161023-161

寺院内部を映すモニター。
161023-164

161023-167

161023-171

161023-180

横断して、ホテルへ戻る。
161023-179

161023-182

161023-184

過呼吸になっちゃう人とかいたりして・・・?救急車待機。
161023-185

161023-186
外食する気力もなく、宿に戻り就寝。

Santa Grand Hotel Lai Chun Yuen

バンコクからシンガポール の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です