2016年10月30日(日)クラン肉骨茶(バクテー)

お昼過ぎ、タイランドカルチュラルセンター駅下車。
20161030-003

20161030-002

この辺はオープンスペースな食堂が結構あって、開放的でいいな。
20161030-006

なんちゅうかほんと、バリアフリーの概念ゼロのバンコク歩道。
20161030-009

20161030-007

20161030-008

立派な土地神様。
20161030-012

20161030-010

タイランドカルチュラルセンターを遠目に。
20161030-013

Thiam Ruam Mit Rdをひたすら歩く。
20161030-015

20161030-016

暑さをしのぐわんわん。
20161030-019

20161030-022

確かに、歩道は広いものの人通りが少なくてちょっと警戒した。
20161030-023

韓国大使館。
20161030-024

韓国大使館の先は打ち捨てられたような茂みが続いた。
20161030-025

左手、しばらく緑地が続いた。
20161030-028

20161030-032
今日の目的地は住所だけでググって見当をつけてきていたけれど、まんまと間違って必要距離の倍歩いてしまった。ホイクワン郵便局で気づいて引き返す。無駄足過ぎる・・・。

そして戻ってきたのはここ。

マレーシア人のLさんに教わっていた、マレーシア肉骨茶のお店。しかもここは肉骨茶のふるさとクランのお店のブランチ?だというから大変だ。
20161030-033
Restaurant Seng Huat Bak Kut Teh(盛发肉骨茶)。UNDER THE KLANG BRIDGEと書いてある。
本家は有名なお店なのかな?
http://senghuatbakkutteh.com/

20161030-035

壁にはマレーシアの高速なんかで看板でよく見かける富贵山庄Nirvanaのパンフが。
20161030-036
他にも、華人の名刺がぎっしり。Lさんの名刺も思いっきり貼ってあった。

1人前用、可愛らしい急須で出てきた中国茶が美味し過ぎた。
20161030-037

来た!
20161030-038
揚げネギがかかったご飯の美味しさにびっくりした。

頼んだ部位は排骨。他にも食べたかったけれど断念して良かった。めっちゃお腹がいっぱいに。
20161030-039
本当にクランバクテーの濃い、そして薬膳の香り高いスープだった。

このDark Soy Sauceがもう!!
20161030-040
大満足。

こんな長屋の一角にある。
20161030-042

20161030-041

惜しい!
20161030-043

帰りはタクシーで50バーツくらいで駅に戻った。
20161030-044
王様に捧げる記帳台があり、私もこの日初めて記帳をした。

ATMも王様を悼む。
20161030-046

アソーク駅でスーパーブラックラテ。
20161030-047

BBCでは今日も元気にタイランドコード。
20161030-049


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください