2017年3月29日(水)チャチュンサオ/ソンブーン(ただしウドムスック店)

朝、街角の信心深い姿に癒される。

まだ明けきらないような空の下、モーターウェイをチャチュンサオ方面へ。

お昼にいただいたお弁当。お肉も卵も美味しかった。

さて、帰宅してウドムスック駅前集合。KちゃんとY君と昨日のリベンジ。
ウドムスック通り(スクンビットソイ103)に来てびっくり。


何この癒し系ローカル通り。久々に街に一目惚れという感覚に陥って焦る。

ウドムスック通りをタクシーで東へ。

目的地はここ。日本人で知らない人はいないシーフードレストラン「ソンブーン」。バンコク在住1年5ヶ月目にして初ソンブーン。


しかもマニアックなウドムスック店。

店先に生きた蟹がいた。

ソンブーンといえばプーパッポンカリーの元祖と言われるお店。

まず来たカオパッ。

そしてプーパッポンカリー。

ちょっとオイリーに思えたんですが、味は美味しい!

コロコロのトートマンクン。


海老の風味がちゃんとしている。

煮魚。

肉厚の身もさることながら、しいたけから出汁が出ていて美味しい。

パップンファイデーン(空芯菜炒め)。

王道トムヤムクン。

さすが高級店、店員さんがすかさずサーブしてくれて器の空く暇がない。


3人でこれだけ食べて、ビールも大瓶2本ほど飲んで、最後にお茶も飲んで、確か2,240バーツくらい。

またタクシーで駅へ戻ってきた。

ウドムスック・・・ゴクリ。引っ越すならここだな・・・。

奇数側には巨大コンドが建っているけれど、偶数側には庶民的な屋台街が見えることもまた癒し。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です