2008年3月4日(火)【マレーシア/コタバル】コタバルとトゥンパッ


2008年 マレーシア(Pulau Tioman, Kuala Terengganu, Kota Bharu)・シンガポールの記事

📩過去の旅日記です。

昨夜は早く寝たので、まだ暗いうちに起き出した。
20080304-002

昨晩も食べたマレー系ホーカーに来た。
20080304-003

美味しそうなお店だった。
20080304-006

20080304-008

20080304-007

Norママの微笑み。
20080304-009

というわけで、ナシダガン Nasi Dagangの朝食。
20080304-004

宿をチェックアウトし、バスターミナルへ向かう。
20080304-011

20080304-012

バスターミナル。
20080304-013

昨日のうちに買っておいたチケット、8時半発コタバル行き。
20080304-015

20080304-016

いざ、北上再開。

20080304-020

トレンガヌ名物クロポ。
20080304-021

トレンガヌ川を渡る。
20080304-023

クリスタルモスク!
20080304-024

20080304-026

あの頃はまだスマホなんてなかったので、今みたいにGoogleマップを追うなんて時代ではなかった。
20080304-028
地図ですよ、地図。

どこもかしこも選挙の旗。
20080304-029
そして民族構成上マレー系の比率が高い東海岸、緑の旗が目立つ。

20080304-030

20080304-031

とにかく車窓が楽しい。この頃は列車でもバスでも、まんじりともせず車窓を眺めていたなあ・・・。
20080304-032
(今は爆睡ですよ。)

20080304-033

カンポンやモスクが現れるたびに目を奪われた。
20080304-034

20080304-035

20080304-036

20080304-037

そして北部は緑豊かな稲作地帯。

選対小屋か何かか・・・。

クランタン州に入ったようです。

ちょっとした街も通過。

そして遂に、バスはコタバルへ。

印象的だったMasjid Sultan Ismail Petra。

ジャウィ文字!

馬・英・中・ジャウィ併記!

ワクワクする。

さて、市街地ど真ん中のバスターミナルに到着。

今夜のお宿はそこから歩いてすぐだった。

写真屋さんの上、KB Backpacker’s Lodge 1

うーん、バックパッカー宿!

シャワートイレは共同だ。

屋上に上がってみた。

滞在者には憩いの場になっていそうだった。

通りを見晴らせるのもいい感じ。

外に出てみる。

そういやあったなぁ、こんな時代・・・。

当時PCでネットができるってのはホテルや宿のサービスの一環だったなぁ。

フロント脇ののんびりした感じ。

ペナンからバスではるばる、近くの宿に既にチェックインしていたY君と合流し、じゃらんじゃらん開始。

まずは、コタバルといえばここ、なセントラルマーケット。

歩いていった先がホール状になっていてとてもフォトジェニック。

見下ろせるように二階へ。

二階はテキスタイルのお店がいっぱいだった。

そうそう、これが絵葉書や写真集で見る光景。


選挙の旗が邪魔といえば邪魔だけど、これはこれで今しか見られないオツなもの。

市場を出て、また歩く。

HAYAKI Cafe。

色合いに惹かれて、ミントコーヒー。

ミーラドナで昼ごはん。

ここにいた子猫がとても人懐っこくて、おねだりの主張も激しかった。

現役トライショー。

バスターミナル近くのタクシースタンドに来た。

チャーターを交渉し、出発。行き先はさらに国境近いトゥンパッTumpat。

クランタン川を渡る。


トゥンパッにはタイ仏教の寺院がたくさんあり、中でも有名らしい仏像のあ4つのお寺に行きたかったのだ。

まず一ヶ寺目。(日本のお寺でなくともこう言うんだろうか?)

寝釈迦仏Sleeping Buddhaのおわしますワット・ポティビハンWat Phothibihan。

放生池だった。

子犬が・・・。

ここもタンブンの池。

当時はタンブンなんて言葉も知らなかったな・・・。

そして今Y君も私もそれぞれの過程を経てタイにいる。不思議なもんです。

美しいクジャク。

仏舎利塔かな?

・・・アユタヤかな?

お次は大仏の坐像Sitting Buddha、ワット・マチマランWat Machimmaram。

以前父がKL駐在中に撮った写真の中にあって、見てみたいなと思っていた。見えた時は感動した。


中に入れる。

台座にも上がれる。

三猿がいて感動した。

次に目指したのは仏陀立像Standing Buddha・・・ここは、運転手さんとの認識の相違。私が見たかったStanding Buddhaではなかったけれど、当時はスマホもないしわからない。ここはここで満足でした。


ここはWat Kok Seraya。マレー語っぽいな。

あっ、タイのお坊さん!

でも華人の土地公様・・・タイでこのコラボはないな。

ゲッコーも暑いね・・・。

ちなみに本当に行きたかったお寺はWat Phikulthongというところだったらしい。今だからわかる。

最後の目的地へ。

Wat Maisuwankiri。

本堂の中。

木陰で待機の運転手さん。

このお寺で有名なのは、ドラゴンボート。

さて、コタバルに帰ろう。

どこで買ったんだっけ?

記憶が曖昧。トゥンパッまで行ってくれたタクシーは一旦降りたんだったかな。それとも直接ここへ行ってもらったのかな?

Pantai Cahaya Bulan、通称PCB。

さっきHAYAKI Cafeで飲んだミントコーヒーを思い出した。ぎりぎり雨季の東海岸。

打ちつける波は荒い。

カイト屋さんが多いのが印象的だった。

食堂に行ってみた。

ケースにあった揚げ物をオーダー。

ココナッツジュースも頼んだ。

揚げ物はこんな形状で出てきた。

猫も寄ってきた。

食堂を出て、引き返す。

あまり人通りのない道・・・バスがあるとは事前に調べていたけれど、来るのかなぁ・・・。

バス停で、心細くなる。

でも、来た!

いや~嬉しかったね。

バスターミナルに戻ってきた。ここからそれぞれ宿に戻り、夜までしばらく休んだ。

この時珍しく私はお腹を壊した・・・。

夕立も上がって、夜。再びY君と合流。

気になるテキスタイル屋さん「名古屋」。

目的地はこちら、パサールマラム(ナイトマーケット)。

カラフルなクエ屋さん。


なんとなく暗いんだけれど、それもまた良し。

テレビをくっつけている屋台がたくさんあった。というか座って食べられるお店は全部そんな感じ。

これ!一度食べたかったナシクラブ。

今でこそタイでバタフライピーはたくさん見かけるけれど、当時はわからなかったなぁ・・・。

パンダンのクエ、美味しそう・・・。

一旦近くのスーパーに入る。(なんでだっけ?)


レジが男女別だった。

もう一度パサールマラムに戻り、席に着いた。

赤ちゃんも寝ている。

飲み物を頼み・・・。

ナシクラブ。お味は、ハーブハーブしていた。

ちょっと胃が荒れていたのでキツかった。でも、マレー料理の中でも特にエキゾチックですよこれ。

オンデオンデもブルーは初めてだったので買った。これもきっとバタフライピーの色。名前は変わるんだろうか?

Y君がペナンから、SさんとMさんからの御土産を持ってきてくれた。

どれも嬉しい、でも某政党のTシャツwww(選挙活動の準備のお手伝いをしてもらったって言ってたかな。)

寝る前に一度、屋上から通りを見下ろしてみた。

KB Backpacker’s Lodge 1


2008年 マレーシア(Pulau Tioman, Kuala Terengganu, Kota Bharu)・シンガポールの記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です