2017年5月1日(月)チェンマイじゃらんじゃらん

th Labor Day

朝ごはんを求め、またSoi9を奥の方へ歩く。

いい感じのカフェもあったけれどまだ開いてなかった。

Chang Phuak門に出る。

昨日も見たゴールデンシャワーの並木。

が、目指してやってきた「Khao Soi Khun Yai」は10時開店だった。さすがに1時間は待てない。

そのまま隣のSoi8を内側へ歩く。

そのまま道なりにWiang Kaew通り、Prapokkloa通りを歩いて行った。

また3人の王様の像のもとへ。

立派なWat Inthakhin Sadww Muang。博物館も併設しているのかな?

古そうなストゥーパ。

一昨日も見かけた食堂街に来た。

途中でググって発見したこちらのブログさんで紹介されていた食堂に入った。

カオマンガイ食べている人も結構いたな。

素朴なカオソーイ・ガイ。

ほろほろチキン、美味しい!

こちらのお店でした。

さっき見かけたWat Inthakhin Sadww Muangのストゥーパを近くで。

暑かったので、また一昨日と同じカフェに入った。

旧市街地でのんびりし空港へ向かうことも考えたが、最終日もポジティブに動き回ることにした。

優しいご夫婦の宿をチェックアウトし、徒歩で旧市街地を出る。

富栄養化したお濠には魚が結構いっぱいいた。

東側のTha Phae門から外へ。

Tha Phae通りを東へ歩く。

Wat Mahawan・・・かな。

通りの向こうの奥にもお寺。

ここは中国語の観光バスなんかも停まっていて、料金もあるのかな?たぶんWat Buppharam。

Chang Moi Tud Mai通りとの交差点にあったお寺Wat Saenfang。

あれーっトライショー!でもここタイだからトライショーじゃないよな・・・。

調べたらこれも「サムロー」だって。

小さな運河を越える。

目に入った看板に書かれた文字は「清邁唐人街(老祖巷)Lao Zhou Alley(Chiang Mai Chinatown」。なにーっ、こりゃ行かねば。

よくわからない、地図にはKuang Men通りと書いてある。

でも確かにチャイナタウンの気配がある。

必須の廟もちゃんとある。

ここかな?ワロロット市場(カートルアン)の入り口は。

活気のあるマーケットだった。

動かなくなって久しそうなエスカレーターを2階へ。

チェンマイの(この辺りのかな)昔の姿を写した写真が飾られている。

市場を突っ切ってWichayanon通り。

さらにChang Moi通りに出たら、遠くに牌楼が見え、ここがチャイナタウンのメインロードかな?と思った。

通りに出ても屋台がいっぱい。

交通量の激しい道は歩道橋を渡る。

通りの向こうのPing川。

モスクも見えるし、トドン(ヒジャブ)を着けた女の子たちも見え、タイ北部なのに意外だ。

Ping川の橋へ行ってみる。

橋の向こう岸まで歩く。

釣り人がいる。

遠くに立派なストゥーパが。

引き返す。あの建物は駐車場つきのマーケットだと思う。

初老らしき白人男性が漂ってきた。

こっちに気づき手を振ってくれたのでカメラを向けた。

私の他にも岸にいるタイ人さんたちが写メを撮っていた。

歩道橋を戻る。なんだろこれ、花のようだけど。

歩道橋を降り、Praisanee通りを川沿いに歩くとそこは花市場。

そして、タイのチャイナタウンあるある、「本頭公」の廟。

もちろん「天地父母」の土地公さんも。

Tha Phae通りに久々に戻ってきた。この交差点にはChiang Mai Religion Practice Centerという建物がある。その前にあった像。

一瞬通り過ぎて、思わず足を戻したこぢんまりカフェ。

中では若い店主さんがアコギを弾いていた。

アイスカプチーノをいただいた。

なかなかビッグサイズ。

とても居心地良かったので、ぜひ立ち寄っていただきたい「Banving Coffee」。

さて、そのカフェの先Charoen PrathetのSoi1に「地球の歩き方」にも載っていたカオソーイのお店「Khao Soi Islam」があるというので行ってみた。

うん、閉まってた(涙)。

裏から入って気づいたけれど、この通りはムスリムの人々のための通りだった。

「雲南小吃」だって!

ソイの両脇、ハラルのお店。

「MASJID HIDAYATUL ISLAM BANHAW」と書いてある。

「清真寺」!

こちらが入り口だった。


食堂に入ろうかかなりかなり逡巡したが、さっきの大量のカプチーノと暑さで食欲がなかった。今思い出しても悔やまれる・・・。

通りに出たところに停まっていたソンテウのおじさんに尋ねると、100バーツで空港まで行ってくれるという。

チェンマイの街が後ろに過ぎていく。

旧市街地の外周をかすめた。

あれ、かすめただけかと思ったら結構外周走ってるな。

ここで旧市街地にはさよなら、南西角のFort of Ku-Hueang。

空港到着。

ゴルフ帰りらしい日本人、ちらちら見かける。

なんでバーガーキングかなぁ。さっき食堂に入ればよかったよ。

さらばチェンマイ。

帰りは通路側。あっという間にドンムアン。

A1バスは、国際線到着口に移動して乗れば確実に座れる。

帰宅したら、家の前のセブンイレブンがオープンしていた。ただいま。

◆FD3426 CNX-DMK

タイランドじゃらんじゃらん の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です