2008年3月6日(木)・7日(金)マレー鉄道でシンガポールへ/帰国


2008年 マレーシア(Pulau Tioman, Kuala Terengganu, Kota Bharu)・シンガポールの記事

📩過去の旅日記です。

目が覚めたのは朝6時、ここはグマス駅だったかスガマッ駅だったか・・・。


東海岸線、通称ジャングルトレインに乗れるのを楽しみにしていたのに、全行程爆睡してしまった。仕方ないね、寝心地良かったから。

ゴムや錫を運搬するのが目的で敷かれた鉄道なので、大部分人里から遠い。

クルアン駅到着。

相変わらず全開のドア。日本では経験できないことだから楽しい。

外は雨になった。

食堂車に行くことにした。連結部分怖い。

ペプシ。

オーダーしたのはナシゴレン。

8:40頃、クライ駅到着。行き違い待ちでそのまま1時間近く動かなかった。

車両は乗降が終わると一旦バックし、隣の待避線に入り直した。

恐る恐る線路に降りてみる。日本ではなかなかこんな体験できない。ばっちいだろうけどね・・・。

対向列車が来る気配がしてまたドアから顔を出した。

清掃係の女性が何事か挨拶をくれた。

さて、私たちも出発。

向こうから引き込み線がやってきた。

JBの一つ前、クンパスバル駅。

列車はJB駅到着。


イミグレの審査官が乗車し、パスポートコントロール。この時だったかなぁ、向かいの寝台の女性に話し掛けられたのは。

列車は雨のコーズウェイを渡る。


コーズウェイを渡ってすぐ、ウッドランズでは列車を降りてパスポートコントロール。

今は無きシンガポール駅到着。ちょうどお昼頃だったみたいです。

隣のあのE&Oエクスプレスがいた。

私たちを引っ張ってきてくれた機関車が手を振りながら去っていった。

ああ、この頃指名手配されていたね・・・。

ちょうどE&Oも出発していった。

旅番組かな?リポーターがカメラに向かって何か喋った後のようだった。

シンガポールだけど、ここはなんだかマレーシア、な構内食堂。

発着少なっ!

(今はウッドランズからシャトル便があるようですが。)

誇らしげE&O。

外へ出てタンジョンパガー駅を探す。

うわーよく見たらここCantonment Rdだ。かつてこの通りで暮らした1年間があったんだ・・・。ケッペル埠頭が近いから、トレーラーも走っていたね・・・。

先進国らしいAD。

ようやく探し当てたタンジョンパガー駅。かつてこの駅から通勤した1年間があったんだ・・・。

緑線、タナメラ駅で乗り換える。

チャンギ国際空港到着。

帰国便のT1へ移動。

OH、ノースウエスト航空!

いくらだったんだろうなあ。荷物を預かってもらう。

MRTに乗るためにT3に戻り、Wang Cafeかなんかでカヤトーストを食べた模様。

素晴らしい練乳。

素晴らしい警告。

ほんの数時間しかいないのに、重たい「地球の歩き方」をなぜ・・・。

どこをどう行ったんだろう?ラッフルズプレイス駅で降りたのかな。Outram Park駅で紫線に乗り換えてクラークキーなんて器用なことはしてないだろうと思われる。

ボートキー、クラークキーの辺り。

当時から、この光景が好きだったな・・・。

この光景が好き過ぎて、(確か)16ドルもする遊覧ボートに乗ってしまった。

うわー今でも大好きだよ、マーライオン!!

ただただ見惚れていたこの風景の中で暮らせた1年間は宝物だ。私が働いていたビルも見える。

マーライオンは海上から見るのが良いね。

MBFC辺りもまだこんな感じ。

だいたいマリーナベイサンズがこれなんだから!

ボートキー辺りのショップハウス群。

クラークキーら辺で折り返す。

ゴミをすくう方々のボート。こうしてシンガポールの美観は守られる。(そのわりには運河の水きれいじゃないけどなぁ・・・。)

さて、この辺で携帯のバッテリーがだんだん心もとなくなってきている。あの頃はモバイルバッテリーなんて一なかったし、そもそもGSM携帯もデジカメもUSBで充電なんかできなかった。

多分クラークキーから頑張って紫線でファーラーパーク駅へ来たと思われる。Race Course Rdは「西ひがし」の中で、金子光晴がたまに居候させてもらっていた南洋日日新聞の長尾さんという編集長の家があるところだった。

金子光晴ゆかりの場所も歩きたかったし、またこの通りにいくつかあるお寺も見て回りたかった。

これはSakya Muni Buddha Gaya Temple恒仏寺。ガイドブックには「千燈寺院」と書いてある。

このお堂の中に大仏様がいる。あれ、もしかしてこれ別々のお寺か?

虎と豹がいるのを見ると、タイガーバームの胡文虎・胡文豹兄弟を連想する。(金子光晴の作品でも当時の東南アジア華僑の成功者としてたまに紹介されている。)

このお寺の向かいのショップハウスは4軒のうち1軒がまるっと寺院で、真っ赤に塗られて愛くるしい。

関帝廟だった。

でもこの小さなショップハウスは、2014年に気づいた時にはもうCity Loftというコンドになっていた・・・関帝廟はどこへ行ってしまたんだろう。

このすぐ隣にあるのはLeong San Temple龍山寺。台北の龍山寺とちょっと似ている気がする。

通りはこんな感じでした。

にゃーん。

インドハッカたち。

セラングーンロードSerangoon Rdに戻ってきた。

Sri Srinivasa Perumal Temple。

すぐ近くにアングリアモスクMasjid Angullia。

Syed Alwi Rdはこの辺りでもリトルインディア色が強いエリア。

この時ムスタファセンター通っていたんだなぁ。この頃はまだ知らなかった。

知ったとしても入る勇気がなかったかもしれない。住んでみて、別にインド系コミュニティだって普通にウロウロしていて問題ないことがわかった。

ジャランブサールJalan Besarまで来た。目の前の建物に「New World Centre」とある。


私はここは金子光晴の「マレー蘭印紀行」に登場する「新世界」ではないかと思っている。

新世界
シンガポールの支那街繁華地、ジャラン・ブッサルの大通りにルナ・パーク式民衆娯楽場がある。「新世界」と名づける。
新世界を巡る一劃の地域は、瞥見するだけでも国ちがいの風俗の変化が目をたのしませるし、また、しばらくくらしてみるのもおもしろい。(「マレー蘭印紀行 (中公文庫)」)

ジャランブサールを歩き、どこからかまたセラングーンロードへ戻ったんだと思う。

Sri Veeramakaliamman Temple。

多分Buffalo Rdを歩いて・・・

レースコースロード近くの路地をうろついていたんだと思う。

Shree Lakshminarayan Temple。

空港へ帰る前に思い切ってインド系レストランというか食堂に入ってみた。

SAAWARIYA RETAURANT。

料理の名前も注文の仕方もわからなかったけれど、無事南インド系の庶民的なミールが出てきて嬉しかった。

そしてとても美味しかったことを覚えている。

ちゃんと乗り換えて緑線に戻れたらしい。これタナメラ駅かな?

早目に空港へ戻った。疲れていたのかなぁ。

Coffee Beanだと思う。ミルクティー。

チェックインが始まるのは早朝4時頃。長い戦いだ・・・。

深夜1時頃、高くて美味しくもないできあいのサンドイッチとタイガービール。

寒くて大変だった。

コンデジ、バッテリーがなくなったらどんどん画像が黄色くなっていった。

4時半頃、出国。

無駄にフットマッサージ機なんか使ってみるけど、衛生的にどうなのこれ。

機内で早速出される機内食、オムレツ。

オヤスミナサイ。お疲れ様でした・・・。

◆Ekspres Timuran 15 Tumpat-Singapore

◆NW6 SIN-NRT

JB Station

Woodlands Train Checkpoint

SIN

NRT


2008年 マレーシア(Pulau Tioman, Kuala Terengganu, Kota Bharu)・シンガポールの記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です