2017年7月2日(日)のんびりプノンペン

爽やかに晴れた朝。

爽やかに見えるけれど、バンコクよりも若干南にあるんですよねプノンペン・・・。

レンガ仕様の廊下。

エレベーターホール。

朝食会場は23階だそう。

レストランは眺めが良かった。

トンレサップ川(左側)とメコン川(奥)が交わる。

白い建物は環境省。

お寺だと思ったのは、手前は外務省、奥はNational Assembly国民議会らしい。

小さな水路を挟んで向かいにはKoh Pich(Diamond Island)という中州。

手前の綺麗な建物は複合商業施設。

南西の方角。イオンモールが見える。

朝食は日本の東横インと同じくとてもシンプル。

でもやっぱりお粥セットがあって嬉しい。トッピングは少なかったけれど。


食器は自分で下げる方式だった。お客さんは中国人がほとんどだったと思うけれど、表示に気づいた人は素直に応じていてちょっと感心した。

チェックアウトは午前10時。これはちょっと早いなあ・・・。

空港行きのシャトルバンが1日2便出ていてありがたい。15USドルほどが節約になる。午後2時発の便を予約し、荷物を預けた。

Sさんが来るまでロビーで待つ。なかなか豪華。

ああっここにガウンあったのかーっ!昨夜気づかなかった。

10時過ぎ、清掃係の女性たちが朝礼を行い、一斉になにか掛け声をかけたあとに階段で部屋へ上がって行った。凄いな・・・日本式教育が行き届いている。

ちなみにフロントのスタッフさんたちは宿泊客に「いってらっしゃいませ」「おかえりなさいませ」と声を掛ける。

Sさんと合流し、昨日買い忘れがあったイオンモールへ。

美しいディスプレイ。日本じゃ年会費無料で誰でも作れる大衆カードですが・・・。

タイのムーガタっぽい鍋料理のお店があった。

誰向けなんだろうこの表示は・・・。

日本人もそんなにいないし、日本らしさの演出か。

和民発見。

クラフトビールのバーだそうだ。

東横インはリーズナブルビジネスホテル方針を貫いていたけれど、イオンモールは思いっきり高級志向でびっくりする。

そういえばトリップアドバイザーの「プノンペンの観光地」でかなりいい順位に入っていた、イオンモール。

スタバ発見。バンコクでコレクターからお使いを頼まれてきていたのだ。

イオンモールからトゥクトゥクに乗る。セントラルマーケットまで連れていってもらうことになった。

なんだろう、お布施だろうか。

セントラルマーケット前に到着。

Sさんは観光客向けの市場であんまりおもしろくないかもという。

ドーム状の建物の中には貴金属や時計などのお店が入っていた。

食べ物屋台はほとんどない。

虫!

周囲に巡るのは衣料品のお店。

市場前の雰囲気。あの中に飛び込めたらなあ。

トゥクトゥクで帰る。Sさんは4USドルと言われたところを3USドルに値切っていた。それでも高いそう。

何度目かの独立記念塔

何度目かのこのスラム。

この奇妙な雰囲気の建物はKTVらしい。

屋台一つ一つが可愛らしい。

出発時間までまたSさんのホテルに寄らせてもらった。

その前に向かいの商店を覗いてみたらまた未体験ビールがあったので買う。

タイと違って日本のアイスはないなぁ。

プノンペンにはコンビニがない。あるのかもしれないけれど全然見掛けなかった。こういう商店が旅人の生命線。

タバコ。

デンマークのビールだけれど、パックはカンボジアのようだった。

とりとめもないことを話しながら時間を潰させてもらった。お互いそれぞれの場所で頑張ろう。

2時のシャトルバスの出発に向けて早めにトゥクトゥクで東横インに戻ってきた。

ロビーで待っていると、2時ちょうどにアナウンスがあった。

空港へ出発。本当にこのサービスはありがたかった。タクシーやトゥクトゥクで移動するのは難儀だ。まず料金交渉が・・・でもプノンペンはバンコク以上に英語が通じると感じた。この滞在で英語が話せない人には出会わなかった。

あの像はSamdech Chuon Nath Statue រូបសំណាក សម្ដេច ជួនណាតというらしい。

そして見納めの独立記念塔。

これは多分ここ、Two Deer Park。

マーライオンがいる・・・。

新嘉坡と書いてある。

そういえばさっきどこかでラッフルズメディカルも見つけたんだった。

ここだ。

まだまだ空が広い。

タイと同じ、土地神様の祠。

三菱モータース?Mitsu (Cabodia)と書いてある。

門前町な様相。

どこか大きな公園脇。

たぶんこれ。

アンコールビールの工場?

おっ、ここにもpttとカフェアマゾンの建設中。Jiffyもあって完全なタイセット。

ボダイジュレジデンス・・・日本のデベロッパー。

リバーサイトと空港を往復するという03番バス。当初はこれを利用しようとも思っていた。

空港到着。


安全運転ありがとうございます。

空港前は人でごった返していた。ここもEチケットがないと入れないパターンかな?


ドンムアン行きのチェックインが始まるまでしばし待つ。オンラインチェックインは済ましていただ、Eチケットには「Document checkに行って下さい」とあり、そのままイミグレに行くことはできなかった。

最後までドキドキ違和感のクメール文字。でもデザイン性あって美しい。

チェックインを終えて2階のイミグレへ。

出国もすんなり。小さな免税店街。

待合室も小さいし、ゲートも少ない。一国の首都にしては可愛らしい空港。

発着も少なそう・・・。

ちょっとした飲食店街。

その中の一店「Taste of Asia」でクイティウを食べた。ビーフ。


同じ米麺だけどタイのクイティアオのセンミー・センレックとも違い、ビーフンだった。

搭乗。

帰りも同じ20Aにしたのでまた翼の上・・・。

さらばカンボジア、ありがとうSさん!

約1時間10分でドンムアンに到着。虹が・・・。

久しぶりにエンポリへ寄った。野菜不足が心配で野菜を少し買い込んだ。

◆FD607 PNH-DMK

バンコクからカンボジア の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です