2017年7月3日(月)出張のお時間です

あれ、昼とかどうしたんだろう。夕方、小さなキャリーケースを持ってピックアップを待つ。

救急車に呼応するわんわんの皆さん。

はいスワンナプーム。

ボス殿に同行しミラクルラウンジに入るも、ここ(Cゲートそば)はハズレだった模様。前回入ったところより狭いし食事の種類も少ない。


この便には日本人の団体さんが乗っていた。団体さんの海外研修。

やっぱり美味しくないエビカレー。

インドの入国書類。

アンダマンニコバル諸島越え。

インド上空。

機外カメラが見られることに気づいた。ボーディングブリッジそば。マーシャラーさんいないね。

通常ビジネスビザがあるので今回は普通のイミグレから。荷物検査を通過しすんなり外へ。


この辺で日付が変わる。

お願いしていたドライバーさんとちゃんと会えた。良かった。

夜のバンガロール、心なしか肌寒い。

今夜のお宿「The Chancery Hotel」に遅いチェックイン。

古めかしい臭いがする。お、なぜかツイン。

バスタブはあったけれど水の栓がなかった。ダメじゃん。

日本語が随所に。こちらTOYOTAのグループ企業が運営するホテルらしいです。

Sentoってあるけれど試さなかった。水着ナシでOKのいわゆる銭湯なんだろうか?聞き忘れた。


他の国と違い、いくら先進的な都市と言われるバンガロールといってもインド出張には不安しかない。そんな中この日系ホテルを見つけて飛びついた。今日から3日間、このホテルのサービスをフル活用する。

しかし。

とんでもない禁酒令が施行されていた。
インド「禁酒令」、お店が奇策連発 州政府もアシスト?(朝日新聞デジタル)

◆TG325 BKK-BLR
The Chancery Hotel

バンコクからインド の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です