2017年7月4日(火)【バンガロール】今日は仕事のみ

前夜ホテル前で誰かがしばらく怒鳴っていた。

古めかしいけれど、日本人スタッフさんが日中は常駐しているし、安心感高い。ただ部屋にスリッパがないのが地味につらい。

大満足朝食ブッフェ

ロビー階のレストラン「South Parade」でかなり豪華な朝食ブッフェがいただける。レストランに入るとJapanese Breakfastの要否を聞かれる。お願いすると定食(多分焼鮭つき)が出されていた。私は頼まず。三食カレーになることが多いインド出張、これは日本人には本当にありがたいのでは。

チャツネ。

豆粉やら米粉やらで作られているという味ナシ蒸しパンIdli イドゥリ。口の中の水分を持っていかれる。

左はSambhar サンバル。

ダルカレーとプーリ(だと思う)。

Khasta Kachori カスタカチョリ。表面は堅揚げで噛むとパサパサ(堅いパイみたい)。中にはドライカレー。

南インド定番のドーサ。Setはどういう意味だろう。

Gobi Paratha。カリフラワーのプラタだそう。

というわけで、インドなメニューを中心にいただく。

最初インド系メニューに気づかずウェスタンなおかずも取っちゃってたんだけどね。これはこれで美味しかった。

カスタカチョリの中身。

コトコト煮詰まっているのはMatka Tea マトカティー。道端で見かける砂糖・スパイス入りミルクティーという説明が。

美味しい!!甘いのに美味しい!!!

(奥はインドメニューに気づく前に頼んでしまったチーズオムレツ。オムレツ・・・?)

他にもTEA、MASALA TEA、SOUTH INDIAN COFFEEと盛りだくさん。

無糖のマサラティーもいただいた。

おっかなびっくりじゃらんじゃらん

まだ出かけるまで時間があったのでホテルの外に出てみる。

ホテル前のLavelle Rd。

Lavelle Rdを右手に行ってみる。

ちょっと下ったら犬がいた。ちょうどさっきバンコクで同僚が急に犬に咬まれたと聞いていたので怖気づいてここで引き返した。

今度はLavelle Rdの逆方向へ。

近くの大通りはMG Rd(マハトマ・ガンジー通り)の始まり。

地図だと宝石屋さんがいくつかあるっぽかったが、廃墟のようだった。

MGロードとは逆側のKastruba Rd。

ガソリンスタンド脇にマックがあった。

おお、ファミレスなのね。

マハラジャバーガー、食べてみたい!

なんだろうあの建物。

そういえば朝はこんな風に道を掃く女性を何人も見かけた。

ホテルに戻ってきた。

ゲート傍に日本食レストランの「祭」がある。

お仕事へGO

さて、ホテルにお願いしていた車で出発。

お、豪華なモール。デパートかな?

(多分UB City。)

今気づいた。ハードロックカフェ前通ってたのね。

この時ドライバーさんは道を全然把握していなくて、Google!とか言われて結局私がナビをすることになる。

無事ミーティングも終わり、近くでランチをご一緒した。

電柱というものを作らないんだそう・・・街路樹で間に合わせてしまう。

ドライバーさんは返してしまっていたけれど、お客さんのドライバーさんが送ってくれた。インドのお客さんはご自身も過酷な環境にいるため、そして日本人が自力で移動するのは大変だとちゃんとわかってくれているため、移動の手配をどこでも申し出てくれてありがたい。

一旦部屋に戻る。

暇つぶしに持ってきていた新聞にインドのGST統一の記事が載っていた。お客さんとも話題になった。

午後、再びホテルの車で出かける。もちろん行き先は私がナビ。

牛!バンガロール2回目、初めて路上の牛を見て感動する。

ミーティングも終わり、車を待つ間。

砂利を頭に載せて運ぶ女性たち。

あれー、これなんだったかな。何度か見たぞ。

地下鉄の駅があった。Cubbon Park駅。

ちょくちょく見かける、あれは何を売っているんだろう・・・?綿菓子?

仕事が終わって日が暮れて

さて、ホテルへ帰還し夕飯までまた少し周辺を歩いた。

何を作っているんだろう?近づくとなんとかリーフだと教えてくれたけれどわからない。写真撮っていいか聞くと快く応じてくれた。

MGロードの角はマハトマガンジー公園で、その向こうにはクリケットスタジアムがある。

まただ。何を売っているんだろう。

ホテルへ戻る。パトカーが可愛い。

ボス殿と「祭」で6時集合。夕飯に坦々麺を食べた。坦々麺というか、辛味噌のタンメンって感じ。

念のためハードロックカフェにも電話してみたが、お酒はnot servingとのことだった。商売あがったりだね・・・。

ボス殿はお酒が飲めないところなんてごめんとばかりに早めに空港へ旅立った。見送った私は仕事の後の一杯・・・なんて贅沢は言わない、缶ビール一本でいい・・・を求めてちょっとだけ外へ。

道路を渡るのも一苦労だし、この街にはコンビニってものはないようだ。

キングフィッシャーの看板が掲げてあったが入り口にはBar Closeとの張り紙が。

街角スタンドはチャイとスナックを売っているんだろうなぁ・・・。

スタンドにもショップはなく、早めにホテルに引っ込んで早々に寝た。

The Chancery Hotel

バンコクからインド の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です