2017年7月15日(土)マレーシア&シンガポールフード祭り/初めての打ちっぱなし

まずはトンロー

ボッロいバスだなぁ。

プラカノン運河を越えると彼岸から此岸へ、みたいな気分になる。

トンローで下車、すかさず赤バス7バーツ。

赤バス見るといつもタイに来たばかりの頃のことを思い出すな・・・Googleマップ握りしめドキドキしながら乗ってたっけ。

赤バスは家族運用遭遇率が高いと思う。

タニヤプラザ

トンローでは以前一括で払っていてまだ回数残っているフェイシャルに行き、その後BTSを乗り継いでサラデーンへ。


タニヤプラザ。

ミキゴルフ。


ボールと、クラブのカバーを1個だけ買った。本当はクラブケースを買いに来たのだけれど、実物を見てみたら結構ゴツくて重くてデカい。そんな大仰なものはいらない・・・ググってみても、打ちっぱなしに行く時にクラブむき出しで行く人も結構多いと書いてあったので、買わずに引き揚げた。

MBKからのI’m Park

MBKへ行った。


何か拾い物ないかなーと思って行ったら、いろんなチープなバッグが200バーツ均一で売られているお店があった。なんていうか壊れてもいいような用途に使うリュックが欲しかったので買った。

MBKの1階広場はマーケットのようになっていた。

MBKで買い物している間に、LINEでシンガポール料理店「Sambalacha」で週末のスペシャルメニューがあるとの情報を知り、ついバイタクで「I’m Park」へ向かってしまった。

ここにはYakunカヤトーストもある。

ショッピングセンターというより、グルメセンター?近くにチュラロンコーン大学もあるし、ランチの場所なのかもしれない。

Sambalacha Cafe Bangkok

Sambalachaはシンガポール人のPangさんのお店だ。シンガポール料理とマレーシア料理が食べられる。

お店に入ったらマレーシア人のJさん夫妻が第二ラウンドに入っていた。

第一ラウンド、ペナンホッケンミー。

飲んでいるのはテタレッ。

白い細麺と黄色い中華麺の2種類の麺が混じっていておもしろい。

はからずも第二ラウンド、チャークイティオ。これはマレーシアでもシンガポールでも共通にある料理。

どうせならもうちょっと毛色の違う二つを選べば良かった。

途中から合流したペナン人のPさんはペナンプローンミーをオーダーしていた。

庶民のメニューにしてはちょっと割高なお店だけれど、お茶やお菓子(食事の前後2回)がついてサービスがいい。

打ちっぱなしへ

夕方、クラブ1本握ってBTSに乗る。なかなか勇気ある行動だけれど、終点に向かってあと少しのBTSではあまり大したことではない。

バンナー駅で降りたのっていつぶりだろう。バンクラチャオ行った時ぶり?

目指すはあのネット、バンナー駅の西側にある。

よく街でもCMでも見かけるLactasoyの工場があった。

目的地は見えているのに結構迂回していかないといけない。

なんだこれは。

ここはスクンビットソイ70/3。

サッカー場を過ぎて左折する。

ちょっと夜通るのは微妙だな。

到着。打ちっぱなしやスクールなど、何かいろんなゴルフ練習施設の複合体らしい。

私が用事があるのはその中の「One ‘O’ One Golf Driving Range Bangkok」、ある方に教えていただいた打ちっぱなし。

Old Ballなら3トレー(ボール120個)で100バーツ、スタバ1杯より安い値段で120球打てる。

しかもそんなに混んでない。

ヘタクソながら暗くなるまでひたすら打った。

ペプシ20バーツも嬉しい。

帰り道、駅前の屋台でつい焼きトウモロコシを買ってしまった。

甘みは日本のより足りないが、結構イケた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です