【すだまかんマレーシア】Danny’s Bak Kut Teh

バンコクでマレーシア・シンガポール・インドネシアの料理が食べられるお店をメモする自分的キュレーションなページ。なぜこの3ヶ国かというと・・・好きだからです。

【すだまかんマレーシア】Danny’s Bak Kut Teh
アソーク駅近くのロビンソンデパートの地下にあるTopsのフードコートの一角にあるマレーシア華人料理のお店。

Photo 20161123


Photo 2010911

Channel 5の番組で紹介されたことも。

肉骨茶屋さんだけど、私が一番よく食べるのは板麺(パンミー)。歯ごたえのある中華麺(なんとその場で製麺機で作ってる)はドライ(汁なし)で挽肉のそぼろと合わせ、カウンター備え付けのチリをたっぷり混ぜるチリパンミーにするととっても美味しい。

Photo 20161123

2017年から始まった週末だけのメニューNasi Lemak(ナシルマ)。どのパーツもしっかり作り込まれていて、ごはんもココナッツ味がしっかりついている。(お店や屋台によっては普通のライスか?ってとこもある。)サンバルは玉ねぎの甘みの他に何かフルーツ感も。在バンコクマレーシア人が故郷の味を求めて代わる代わる訪れるのでヘタなものは出せません。

Photo 20170422

看板メニューの肉骨茶。こちら、薬膳風味の強いいわゆるマレーシアの肉骨茶(クランバクテー)とは違うBobさんオリジナル。ハーブスープというよりスパイススープという印象。風邪気味の時に食べに来ます。

Photo 20161123

これも2017年からのメニューだと思う、ペナンプローンミー。これは今んとこはソーソーかな・・・チリをよく混ぜて食べると良いのかもしれない。エビの香りはぷんぷんする。

Photo 20170911

こちらオーナーのBobさん。目下多店舗展開中。

Photo 20170306

Danny’s Bak Kut Teh
アソークのロビンソンデパート地下、Topsのフードコートの奥。

すだまかん? の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です