2017年11月25日(土)バンコクでディーパバリを祝う

まずは午前中。友人のお子さんが通うインターのお祭りに行く。

とてもインド・中東系カラーの強いインターだった。日本人のお母さんたちは浴衣を着ていた。

友達とお昼に出る。

揚げ春巻きとパニーニをシェアした。

昼からすみません、のモヒート。

このお店だったと思う、「The Corner」。

さすがサトーンら辺は日本人より欧米人。

学校へ戻り、各国ブースを見て回る。中東系のブースでデーツやコーヒーやお菓子をもらった。

日本ブース。

マレーシアもあった。

さて、友人にはお別れし今度はそのマレーシアのお話。

一旦帰宅し、さっき学校の出店で買ったパンジャビドレスに着替えてサイアムからバスに乗る。

このバスはシーロム通りを通った。滅多に来ないからさっぱりわからない。前職の頃はたまーにシーロム、サラデーン界隈には来ていたけれど。

この電線は激しいな。ここはもうシーロム通りは終わってチャルンクルン通りだと思う。

バスを降り、やってきたのはラマダホテル。

立派な華人向け高級ホテルだけれど手前のローカル感が凄い。

目的はこれ。在泰マレーシア人の会のディーパバリのお祝いイベント。

とはいえ参加者はほぼほぼ華人。故郷を離れバンコクで暮らすマレーシア華人がラマダンやディーパバリなど自分の国にいた頃は見向きもしなかったであろう他民族のイベントで盛り上がるという不思議。本当に感慨深い。故郷は遠きに在りて・・・だね。

チャオプラヤ川に面した立派なホールで。

インドの舞踊やシタールも上演された。

今回はディナーがめっちゃ豪華だった。ただでさえ豪華なラマダホテルのブッフェにプラスしてイベント独自のインド料理が並んだ。


現在マレーシアでプロジェクトを抱える富裕層向けの中華系デベロッパーがスポンサーについたとのこと。

こちら、ホテルのオリジナルのブッフェレストラン。

なんかちょっと疲れていてそんなに食べなかったな。この2皿だけ。

周囲の華人さんたちがエビとかてんこ盛りにしているのおもしろかった。やっぱそれなのね。

シタールの演奏。

2大スポンサーのプレゼンタイムになったがもう10時近くて、明日も早いので中座した。高速走ってもらってあっという間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です