2017年12月26日(火)大トリ出張(ジャカルタ)

おはようございます。

空港付近で、離陸中のガルーダを目撃。今回復路がガルーダしかなかったのでホントはあれに乗るべきだったんだけど、そんなに早く起きられなかった。だって離陸中の今現在が6:50っすよ。

今年何回来たんだろうね、スワンナプーム・・・。

以前は飛行機も空港も大好きで、飛行機の便名とか乗った回数とか覚えてたっけ。そんな私が数えるのをやめるほど飛行機に乗れたなんて、ありがたい1年だった。

そびえ立つクリスマスツリー。

いってきますヤックさん。1年間ありがとう。

(ヤックさんについてはこちらのブログさんがめちゃめちゃ詳しいです。)

そして出国。この蛇の綱引きの皆さんにも1年間ありがとう。

こちらは「乳海攪拌」というヒンドゥー教の神話を表しているそうです。(この皆さんについてはこちらのブログさんが詳しいです。)

以前こんな看板あったかな?それともゲートが違うのかな?空港の誇るゆるキャラの皆さんが旅人たちを見送ってくれていた。

隣のゲートに見慣れない飛行機がいた。

ググったら「ノルウェージャンエアシャトル」という会社らしい。

この「A」とかいうゲートの時は沖止めと決まっている。

バスで延々と運ばれ・・・。

空港の端っこ、格納庫前まで来てしまった。

B787だけど、私のリモコンはホルダーにめり込んでしまっていて取れなかった。

久しぶりの雨。

上空をバンコクエアウェイズか何かのターボプロップ、地上にはA380。

機内食は無難にオムレツ。

IFEでは、シンガポールを上空からひたすら撮影したドキュメンタリー。

HDBの雄「ピナクル」。かつて私はここで1年間寝起きしていたんだなぁ・・・。

ちょっと久々な感じ、ジャカルタにアプローチ。

ジャカルタ沖にも船がいっぱい停泊しているんだな。ウチの荷物もあの中のどれかに・・・。

うーん、翼がね。

到着したのは古い方の2タミ。

ドライバーさんとすぐさま合流。

ちょっと惹かれた自販機。

「TUK TUK CHA」というタイティーのスタンドがあった。アルファベットのフォントもちょっとタイ語に似せていた。

昼過ぎの到着だったので道は順調。それにこの日は休んでいる会社も多かったらしい。

今日の目的地はこちらのKawasan Industri(工業団地)。日系企業てんこ盛り。

午後じゅうずっとミーティング、からの忘年会食、ジャカルタ市内に戻ったのは22時過ぎ。

ただいま!我が愛するハリスホテル。


このオレンジの館内、そしてオリジナルのアロマオイルの香りにキュンキュンする。

相変わらず居心地のいい空間だ。

こんな時間になんですが、大通りへ出てみる。


ホテル・・・というかクラパガディンモール脇のJl. Boulevard Rayaは常に延々と工事中で中央で分断されていたんだけれど、一ヶ所切れているところがあった。

アルファマートがあった。

またコンタクトレンズの保存液を忘れてしまった・・・ここにはなかったけれど、またペットボトルの蓋と、もらった塩で事なきを得た。

「しんずい」・・・。

ひらがなの信頼度の高さはどこも同じか。

それ以外の方向は危険だと思ったのでホテルに戻った。レストランは24時間営業とのことで入ってしまう。

前回来た時はリノベ中で入れなかった。

伝統ドリンクに惹かれた。

でも守りに入ってカプチーノ。

いつもながらどでかい。小さなボウルくらいある。

軽めのものをとSoto Betawiにしたら予想外の形状で来てしまった。

いやーもう牛スジやら内臓やらゴロッゴロで美味しいのなんの。

そうそう、このちょっと苦みのあるクロポッみたいなの。また食べたいと思ってたんだ。

店員さんに聞いたら「ムリンジョ」を揚げた「エンピン」だと言われた。ググるとその植物は日本向けには「グネツム」というらしい。

さっきコンビニで買ったのはこちら。

ヘアエッセンスは翌日買い足して職場の女の子たちへのお土産に。

モールの屋根に阻まれているけれど隣のモスクが見える。

この方角の部屋に泊まったのは初かも。

すっかり寝静まったような静かな通りにおやすみ。

◆TG433 BKK-CGK
Harris Hotel and Convention Kelapa Gading

バンコクからインドネシア の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください