消しちゃった画像を復活できた時のメモ

暮らしの中で気づいたことを書き留めておく備忘録です。

性格が雑なのでたまにやらかすんですよね、スマホやデジカメの画像、保存に失敗したのに既にオリジナルは消しちゃったってこと。
今まで大きなインパクトは2回。

100%とはいきませんがなんとか取り戻せた喜びをここに記したいと思います。

1回目は2015年。バンコクに来たばかりの数日の画像をスマホからPCに保存する際に、何を勘違いしたのか保存していないのに(保存に失敗した?)スマホから消し去ってしまったのでした。
もう泣きたかったです・・・。
でもその時は「消した画像を復元」というアプリを落としました。確か私はデバイスじゃなくストレージ保存だったと思う。
画像そのものではなく、ストレージ内に残っているサムネイルの復元を試みてくれるらしい。サムネイルなのでサイズは小さくなりましたが、9割がた復活して涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。

2回目はつい先日。
コンデジサブ機のメディア容量が小さく、またiPhoneもあまりクラウド保存は使いたくないしで、でも市場でやっすいサムドライブを買ったのが運のツキ。安物買いの銭失いとはまさにこのこと。64GBもあるのにRM10って、もっと疑えよ自分って感じ。しかもこれまでの経験上64GBものメディアって、サムドライブにしてもSDカードにしても寿命が短い気がします。
ホテルのフリーPCでそのサムドライブにサブ機コンデジの画像と、iPhoneの画像を落とす。ここでもう一つの運のツキ。最近慣れちゃって、「コピー&ペースト」じゃなく「切り取り&ペースト」しちゃってました。
メディアを開けてびっくり。画像がほとんど開かない状態。でもオリジナルももう消しちゃってる。おまけにコンデジなんてご丁寧にフォーマットまでしちゃってる・・・。

以下が涙の復活のプロセスです。

A. iPhoneの画像
1. iCloudはどうなっていたのか
もともとiPhoneユーザーではなかったためクラウドを使いこなせておらず、というか以前のアパートは通信速度が遅くて単純にiCloudからバックアップするのが難しくて、iCloudは基本使っていません。すぐ容量いっぱいになっちゃうし。ただ今回旅行ということもあって、念のためONにしていたのだけれど、その際「マイフォトストリームにアップロード」にチェックを入れていなかったのもあり、バックアップはされてなかったです。

2. Googleフォトはどうだったか
実はこれのお陰でだいぶ画像残ってました。iCloudと違ってちょっと画像サイズ落とせば容量無制限なので、念のためのバックアップはこっち。ネットにさえつないであれば勝手にバックアップしてくれるし。ただしiPhoneはプライベートの旅先ではデータローミングしないので、今回国外にいて、データローミングしているGalaxyでテザリングしていないうちはただのコンデジ状態だったので、その日の午後3時頃以降から午後6時までの画像は一切なし。
ただその間はミラーレスを中心に使っていたので、被害はわりと最小限に食い止められました。iPhoneカメラが気に入っている以上は、クラウドバックアップ大事!!こまめな接続大事!!!

B. コンデジのSDHCカードの画像
このページのフリーソフトを片っ端から試しました。最初に試したのはこれかな。実はもうこの時点で、うっかりフォーマットまでしちゃったにも関わらず画像データが残っていることは確認できました。でもフリーソフトだと2GBしか復活してくれず・・・有償でアップグレードしても良かったんだけど、その前にもうちょっと他のフリーソフトでもあがいてみようかなと。だって間違いなくRAWファイルは残っているんだもん。
ってわけで結果的にはこのZero Assumption Recovery、通称「ZAR」。
いやー感動しました。もう簡単、超簡単!!このコンデジを前回使った何か月も前の写真まで全部復活しました。何事!?

というわけで、Exif情報とか消えちゃったしGoogleフォト分なんかはオリジナルよりは多少サイズが小さくなってしまったけれど、9割がた復活できました。嬉しいなあ・・・。
iPhoneの完全に消した画像は復活ならず。バックアップもない時間帯は諦めました。不良サムドライブ内の壊れたJPEGも復元試してみましたが、復元不可なレベルの壊れっぷり、ただ拡張子がjpgってだけでまったく画像ファイルとしての最低要件も満たしてないものだったため、そちらは諦めます・・・多分そんなに枚数多くないとは思うのですが。

これからは、画像を落とす時はまずコピペ。ちゃんとバックアップ確認してから削除。
Googleフォトには常にバックアップ。旅行中もこまめにネットにつなぐ。
を、心がけたいと思います。

暮らしのTIPS の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です