Asian Food Channel

タイの住みやすさ、人々の優しさ、とても感謝していて今はここが自分の住んでいる場所だけれど、私にはずっと恋している国々がある。
そんな国々をひっくるめて、「ヌサンタラ Nusantara」と呼んでいる。
そんなページ。

今のインターネットにくっついてきたtrue visionの契約では海外の番組は見られません。でもアップグレードには軽く1,000バーツ以上かかって、そんなに家にいるかっていうとそうでもない。
与えられたチャンネルの範囲で何かおもしろそうなのないかなと思って見てみたら、見つけたのが
Asian Food Channel」。
アジア各国のテレビ局の、料理や食紀行の番組を集めたチャンネルです。ベースはシンガポールなので、東南アジアのしかも中華圏とマレー圏の番組に偏っている感じ(少なくとも私が視聴する時間帯は)。
Panasonicがメインスポンサーっぽい。
アジア全域に配信しているだけあって、シンガポールやマレーシアに偏りは見られるものの、それだけじゃない感が凄い。東南アジア内での激しいcampurを感じるチャンネルです。配信にシンガポールのMediacorpやマレーシアのastroがいっちょ噛みしているのもちょっとキュンとなる。

夜しか家にいないし全容は把握していないのだけれど、気に入っているのが以下の番組です。

Apa Rasa
なぜ公式ページがこんなショボいんだろう。TV Guide見てもスケジュールに載っていないし・・・。
マレーシア人シェフIsmailさんがスタジオにゲストを招き一緒にお料理する番組。その掛け合いが絶妙で必ずしも会話が全部わからなくともノリでわかる。冒頭ではゲストがパサールに繰り出し食材を買い物する様子も微笑ましい。
製作はBlublack Production、YouTubeページで1分のトレイラーも観られます。
フィリピン出身歌手Mark Adamくんゲストの回。

こちら公式ではないけれど女優Sherry Alhadadさんの回。ノリノリで楽しい。

Axian’s Food Adventures(阿贤贪吃路线)
メガネの可愛らしいペナン出身華人阿賢くんがマレーシアを中心にアジア各国食紀行。これは阿賢くん自身の番組制作会社Full Time Living(全職生活)製作。公式YouTubeで動画見られます。っていうかこのページもおもしろくて観出すと止まらなくなる。

KLナシルマの回

スランゴールのヤシ園

我ながらつくづくこういう華人さんの顔が好きなんだと思う・・・。

Urban Cook
シェフのYuda Bustaraさん、マレーシアでサービス業のカレッジを卒業しているイケメンインドネシア人という経歴だけ見ても観たくなっちゃう番組。

Cooking for Love
おそらく共にユーラシアン、シンガポール人のSarah Benjaminちゃんとマレーシア人の有名シェフNik Michael Imranさんがゲストに採点してもらう料理対決番組。なおNikさんは中学時代の初恋の女性と結婚したというナイスエピソードがNew Strait Timesに紹介されていた。
多分SarahちゃんはAFCの看板シェフの一人、パナソニックのCMでもだいたい出ている。

By The Sea with Ili
マレーシア人の料理コンテスト優勝者?Iliちゃんがベトナムからマレーシアまでの海岸地方を旅する食紀行番組。母方には華人とヨーロッパ人の血が、父方にはマレーとインドの血が流れているそうで、もはや彼女自身が歩くマレーシア。

Food Source
バンコク生まれでシンガポールPRのPornsakくんのアジア食紀行番組。今日現在では日本編を放映している。ハイテンションのかわいい男の子だけどずっと中国語で喋っている番組なのでまさかタイ人だとは思わなかったなあ。とはいえ5歳でシンガポール移住しているのでとっくにシンガポーリアン的人生だろうし、移住なんてできるのはもともとタイ華人だし。

Late Night Guide
エアアジアが提供する2分のCM番組。Debbie Wongさんがアジア各国にエアアジアで弾丸ツアー。エアアジア就航地は行ってみたい場所ばっかりだから楽しいね。

他にも、パナソニックのCMでちょくちょく見かけるマレーシア華人のMartin Tanさん、台湾生まれのユーラシアンChingさんがアメリカの閑古鳥アジアンレストランを回って強烈に説教しダメ出ししオーナーと喧嘩してレストランを立て直していく番組などなどまだ1ヶ月ちょっとしか見てないチャンネルだけれど既にハマりつつある。

好きなあの辺についてのいろいろ の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください