2018年2月4日(日)【ウドンタニー】タレーブアデーン

つらい行軍

寒い!!パーカー持ってきておいてよかった。

夜は・・・胴長の私はどうしたって姿勢が落ち着かないらしい。それにせっかくのいいシートも台無しにしてくれる道の悪さ。ほんとに飛び跳ねて起きたことも。ウトウトしたのかなぁ、夜行バスで寝られたためしないんだよなぁ。こうして不眠に苦しんだ翌日は逆にどこでも寝落ちしてしまうので、どうしてそこで寝落ちしてここでは寝落ちられないのかと不思議で仕方がない。最初の1時間か2時間こそほろ酔いの力でウトウトしたけれど、前の席の女性が怖い顔して振り向くとか(最前列なのに)、上空を飛ぶ飛行機が墜落するとか(今日も乗るのに)、なかなか酷い夢を見てすぐ覚醒してしまった。充電できないの地味に・・・どころか派手にキツい。パワーバンクはあるものの今日の昼まで持たせなきゃいけないので、眠れない夜の暇つぶしもできない。

5時半頃到着する予定だったけれど結局6時半頃だった。到着1時間くらい前?30分くらい前?に配られたおめざ。

こんな夜明けにもなかなか明るいロータリー。

バスステーションの近く、市場があってなかなか元気。

ウドンタニーバスターミナル1に到着。「2」はどこにあるのかわからない。

タクシーでタレーブアデーンへ

バスを降りたら何かの客引きが結構寄ってきたけれど何の客引きかわからない。ソンテウか、トゥクトゥクか・・・。

お手洗いへ行き、さてどうしよう。

もうすぐ夜明け、急がねば。

というわけで、相場通りの言い値1,200バーツでタクシーを1台お願いした。タイにいて1,200バーツは大金だけれど、片道50分から1時間、さらに2時間くらい現地で待機してくれるのだから妥当かもしれない。以前ウドンタニーに出張にきた時貸し切った車も1,000バーツだった。達人の旅人はここは値切るところなのかもしれないけれど、すぴたれ(地元語)の私は値切るということがまずできない。

ちなみにトゥクトゥクやソンテウの方が安いだろうけれど、この寒い中吹きっ晒しの中1時間近くも走っていられないと思った。ドライバーさんも頻りに「ナーオ(寒い)」と言う。

「5分!」と言われ給油。

なんだか場違いなほどにモダンな・・・なんだろうこれ。商業施設っぽかった。

大通りが終わり、湖に向かう集落の道は楽しかった。写真には収められなかったけれど、庭先にはニワトリ、わんわん、畑には牛、道端には托鉢のお坊さん、行き交う厚着の人々、焚火をしている人も・・・穏やかなイサーンの郊外が広がっていた。

そうそう、もちろんイサーンといえばあのゴミ箱。

踏切を渡った。

イサーンごみ箱の群れ。

牛がいる。

おおーっ、水牛。大人しく主についていくものだなぁ。

最後の角を曲がった。

タレーブアデーン

到着。駐車場脇の小さな池にも睡蓮がいくつか見える。

寒い朝。そしてこの湖のほとりはとにかくわんわんが多い。

湖の船着き場の手前に屋台がいくつか。

イサーンだ。カオチーとムーピンを買った。

駐車場を振り返る。

土手に上がった。ボートが何種類かある。

うわー全然わかんないな。

ググると高いボートを割り当てられるという話もあったけれど、私は1人と言っただけで適正なボートがあてがわれたと思う。

150バーツ。

乗り場に下りていく。

イサーンごみ箱がある。

こちらは屋根付きボート。こっちに乗っている人が多かった。

さて、出発。オールで漕ぎ出してエンジン始動。

水鳥も多い。特にツバメが多いと思った。

見えてきた、睡蓮。

ところでここは「蓮の池」という認識で私もずーっとそう思っていたけれど、実際咲いているのは睡蓮なのだそうですね。蓮と睡蓮の違いについてはこちらのブログさんがとても詳しく検証されています。

結構まばらだなぁ。

でもズームすると奥の方はピンクが濃い。

さて、どうやら一ヶ所めの撮影ポイントに到着。

ズームレンズやズーム機能は必須です。

途中ちょっと場所移動をし、結局3ヶ所に停まってもらったと思う。

最後の場所替え。

この時ちょっと朝もやが晴れて空が明るくなり、ピンクもより輝いた。

帰途につく。

思い出してカオチーを食べた。これがココナッツミルク感強くて美味しい!!

ムーピンもジューシーだった。

これ全部で20バーツでいいって言われたんだよなぁ・・・。


正味40分弱の船旅だった。来て良かった!!2018年のインスタ映え選手権暫定1位!

ウドンタニーへ

ボートを降りたところで、観光地にありがちな「さっき撮った写真を写真たてに入れてみました」なビジネスやっていたけれどそんなぼっち旅の写真なんて・・・ってことで微笑みつつスルー。石段を上がったらおばあちゃんとお孫さん?が何かを売っていて、その一つが気になって買った。3袋50バーツ。

あとで調べたら「イサーンのアーモンド」と呼ばれる木の実だったらしい。職場でコラートの子も「アーモンイサーン」って言っていた。

駐車場までわんわんを避け気味に帰る。犬が嫌いなのじゃないけれど、犬は賢い分どんな行動に出るかわからないから・・・現に私の周囲でもソイわんわんに咬まれた人何人かいる。

土手の反対側には土産物屋や食堂が。

トゥクトゥクわんわん。

さっきの屋台に寄って、バナナの葉に包まれたもち米を買った。カオチーも買えばよかったー!!

タクシーでウドンタニー中心部へ戻る。

飼い葉の山かな?

おお、牛!

農村地帯なんだなあと思う。

寝不足が祟り、40分間ほぼ寝ていた。もうウドンタニー中心部。こんなにあっさり寝落ちできるのに、夜行バスはなぜダメなんだろう・・・普通車とバスと何が違うんだろう涙。

今日は飛行機で帰ること、でもフライトまではまだミーウェラー(時間がある)ことを話すとバスターミナルではなくセントラルプラザで降ろしてくれた。

市内観光トラムがあるんだ?でも1日2便しかなさそう、残念。

これか。

Cafe Amazonに入って充電作業。悲しいことにスマホの予備バッテリーをバスに忘れてきてしまったらしい。ナコンチャイエアならとっててくれそうだけど、疲れていて問い合わせる気力もバス停へ行く気力もなかった。どうせ半日もつかも怪しいボロ電池だし・・・。

1時間くらいカフェにいたあと、駅前通りをちょっと歩く。

春節の横断幕が多い。

先日泊まったホテル。もし昨日のうちに来るならまたここに泊まろうと思っていたけれど満室だった。

こちらのお店も春節モード。

賑わっていたお店。

駅に近いところのフードコートはまだお目覚め前だった。

空港へ

というわけで路肩にいたサムローに声を掛けると空港まで140バーツだという。相場わかんないけど乗った。

あのバスが臭すぎる!

ボロいバスだなぁ。

今朝も見た銅像のあるロータリー。

「3分待って!」と言われ給油タイム。

あのわんわん服着てる。寒いもんねえ。

洗濯ものがいっぱい。

このわんわんも服着せてもらってる。

空港接近。

小さなタレーブアデーンがここにも。

というわけで、空港到着。


今朝バスでもらったお水は未開封のためサムローおじさんに献上した。

もうオンラインチェックインは済んでいて、搭乗券を印刷しておしまい。

この前は入らなかった、小さなフードコート。

ジャンクなものを食べる。

食べているうちにもうすぐ搭乗だみたいなアナウンスがありポテトだけ掴んで搭乗口へ向かったけれど別のドンムアン行きと聞き間違えたみたいだった。

そうだよねエアアジアが前倒し搭乗なんてあるはずがない。

搭乗。さらばウドンタニー。

そして離陸前にはもう寝落ちして、次に気づいたのはドンムアン着陸時の衝撃。こんなにすぐ寝られるのになぜ昨夜はあんなに寝られなかったのか・・・飛行機のシートとバスのシートと何が違うのか・・・。

のんびり日曜の夜

さて、夕方まで部屋でごろごろ。大家さんがちょっと壊れていた椅子の交換分を持ってきてくれたりした。

それが終わってから、外出。

ごくたまに遭遇するあの一団、一見ライオンダンスみたいなんだけど、どういう主旨?踊らなくてもお金を入れる器だけ差し出されることがある。

Piyarom PlaceのTopsで友達に贈るお菓子を探索。

そのまま同じ建物のコリアンレストラン「Shinla」へ。

どこのお店も200バーツくらいで野菜がたっぷり食べられるからコリアンは好きだ。

ムルネンミョンはめっちゃシンプルで拍子抜けしたけれど副菜がいっぱいついているのでそれはそれでいい。

お店の人が全体的に愛想がないと前回は思ったけれど今回はそうでもなく、無表情なご主人が「アリガト」と言ってくれた。

帰宅して、今日買ったものを食べる。

種はこちらのブログさんによるとオリーブの仲間の果実の種子だったそう。次の日職場の子たちにその名前を言ってもわからなかいというので別名の方を言ってみたら、発音違いでとんでもない下ネタを言ってしまったそうで向かいに座る子が涙を流して笑った。怖い怖い、タイ語怖い。

◆FD3355 UTH-DMK

タイランドじゃらんじゃらん の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください