2018年3月1日(木)【ジャカルタ】終日お仕事

Makha Bucha

今日はタイは休日だけれど、国外では関係ない。

ハリスホテルのブッフェはお気に入り。

ローカルメニュー。

お粥セット。

オススメされたトラディショナルドリンク。タマリンドとウコンのミックス。

可愛いクエ。

ごはんたち。ナシゴレンカンポンもあり。

点心。

がっつり。

ハリスホテルのオレンジのマグカップが好き。

部屋に戻ったらドアが開かない。一旦フロントでカードを再読み込みしてもらうも、だめ。どうもカードリーダーのバッテリー切れらしい。

3人がかりで直してくれた。急いで部屋に入りパッキングをし、チェックアウトする。

これまで何度もジャカルタに来ているけれど、雨の朝は初めて。

ホテルを離れる。

安心安全ブルーバード。

この赤いミニバンは市民の足らしい。

再開発区間かな。

Uターンに一苦労。

この日のランチ。美味しかったな。

食後のデザートたち。

やっぱりいただくパンダン味のクエ。

お仕事午後の部を終えたら空港へ。

モスクが可愛い。

帰りももちろんブルーバード。

BRTの駅。

可愛いバジャイ。


この通りだったか、遂に見かけたんだよなぁ着ぐるみ。歩道橋を渡っていた。残念ながら写真は間に合わなかった・・・くぅーっ!!

ちなみにBadut Jalananというらしい。

ただし私が見かけたのは背の高い伝統的な人形Ondel-Ondelだったと思う。

以前も通ったExpo近くのKemayoranの料金所から高速に乗る。

空港近く。何か高架鉄道作ってる。

さて今回もまったく問題なく空港到着、残念ながらTGはターミナル2。

時間が結構あったのでOLD TOWNに。私としてはインドネシアめしが食べたいのだけれど、1タミ2タミはカフェ的に入れるローカルフード店がない。

ヌルいアッサムラクサ。冷やしたパイナップルが氷代わりになってしまった。

そしてホワイトコーヒー。インドネシアでマレーシア。

搭乗。

アーモンド。

復路はナショジオの「In Search of the Straits Born」という番組を観た。

マラッカ、ペナン、シンガポール、プーケットのプラナカンを巡る旅。

ペナンの、オレンジを投げる春節の行事は知らなかったな。

そしてますますプーケット行きたい。

インド系プラナカンの紹介もあった。

これは金子光晴が作品内で「チッテ」と呼んでいる・・・動画ではインド系の商人と紹介されていたが、金子光晴の紹介は違っていたな。

選んだのはプローンカリー。干し大根のつけ合わせに当たった。美味しい。

今回のタクシー、メーターをタオルで隠して怪しさ満点。ターボメーターに当たったかと悲しくなる。メーター使っているか聞くとしぶしぶ開けてくれたけど、心なしかメーター上がるのが早い気がする・・・と思ったけれど、帰宅してみたらいつも通りの金額で普通だった。疑心暗鬼になってた。

ただ、空港のチケットは持ってかれちゃったし、旅行者相手なら吹っかける気満々のドライバーだったんだと思う。

◆TG436 CGK-BKK

バンコクからインドネシア の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください